愁色人形 **第二話** 

April 17 [Sun], 2005, 0:18
「こりゃ完璧に遅刻だな…。…とりあえず戻る…か」

ふ、と小さく息を吐き元来た道を引き返そうと体を動かしかけた時、像の近くでカタンと僅かに物音がした。
あちらこちらにゴミ袋やポリバケツが置かれている汚い路地裏だから(本当になんでこっちじゃないと途中で気付かなかったのか自分でも心底情けなく思う)おそらく猫か何かだろう…と特に気にせず帰ろうとしたが、像の横に積まれたゴミ袋の後ろにドアが見える。
少し近づいて確認してみる。どうやら音はその中かららしい。
ビルか何かの裏口か…何にせよこんな状態じゃ中からも外からも開けられない。

「………あ。……え?」

僅かに見えるドアノブに、何か掛けられている。
生ゴミのような臭いを我慢してゴミ袋を少し除けてみると、錆びて茶色くなったプレートには『Welcome!』と彫られていた。一応店らしい。
怪しい事に自分から首を突っ込む気はない…というか早く行かないといけないので青年は今度こそその場を後にしようとする。
ドア(というかゴミ袋の山)に背を向けたとき、今度はズズッと大きな音がした。
反射的に振り返る。
目の前には、ゴミのたっぷり詰った黒いゴミ袋。
それが顔面に当たる直前、青年は誰かがドアの無理矢理押し開けて出てくるのを見た。

すると当然、ゴミ袋の山は自分の方に崩れてくる訳で。

愁色人形 **第一話** 

April 16 [Sat], 2005, 23:55
「これは………何だ?」

眉根を寄せて青年は呟いた。
彼の目の前には通常の大きさの十倍ほどの大根の様なオブジェの上に巨大タコを乗せて更に全体に鰻を巻き付けたような、何とも言い難い奇妙な白い像が行く手を阻んでいた。
上部にかろうじで人間の顔らしきパーツが浅く彫られているのが見てとれる。
青年は不思議そうにその像を見ていたが、はっと何かを思い出し真新しいスーツのポケットに手を入れ何かを探った。
指に触れた小さく折り畳まれた紙切れを取り出し、丁寧に広げる。

「さっき俺がいた大通りがこれだから、その四つ目の交差点を左に曲がって…ずっと真っ直ぐ行って、二つ目の信号を右に…」

紙には大雑把な地図が書かれており、右上のあたりに赤色で丸印が書かれている。
隣には同じく赤色で『高羽家 ここ!』と書かれていた。

「で、其所からずっと真っ直ぐ行けば高羽さん家に…」

地図上の道をなぞっていた人指し指が丸印の上で止まる。
もう一度、今度は目だけで道筋を追い、顔を上げて首を傾げる。

「………」

彼の目に映るのは奇妙な像であり、目的地である高羽家ではないのは一目瞭然。
幼い頃から遊びに行っては迷い、おつかいに行っては迷い、挙げ句の果てには学校に行く途中にも迷っていたので大体自分が道に迷ったということは直ぐに察しがついたものの、今まで迷った先でこんな奇妙な物を見付けたのは初めてだ。

だんだん道が細くなってきて、道というより路地に近い場所に入った時点で気付かない方がおかしいのだが、それをおかしいとその時思えなかったからこそ彼は此処にいる。
希にみる天性の方向音痴。

愁色人形 **前章** 

April 10 [Sun], 2005, 20:06

「違いますよぉ、あたしは強盗じゃないですよぉ」

どことなく間延びした声で少女はケタケタと笑う。

「あたしはぁ――通りすがりの殺し屋ですよぉ」

少女は黒いマフラーを口元まで上げると、ニッコリ笑って握っていた果物ナイフを振り下ろした。

「…ふっ、完璧だぁ」

シュ、と音を立てて空を切ったナイフをそのまま前方のゴミ袋に放り投げる。
冬の到来を感じ出す11月、朝、大阪某所。黒髪に黒マフラー、しかし厚手のノースリーブとミニスカートという――一応厚手の物だ――不思議な格好をした少女が路地裏で果物ナイフを拾ったのは1時間前。
何となく昔の事を思い出してそのナイフを振り回していたのだが、しだいに気分が高まり、気付けば決め台詞まで口にしていた。

「…恥ずかしっ」

先ほどの自分の行動を思い出してポッと紅くなる頬を手で押さえて笑う姿は何だか楽しそうだ。
しばらくそのままのポーズで固まっていた少女はハッと我に返った様子で左腕に付けられた可愛らしい腕時計を見て顔を強張らせる。

「やー…っばぁ…。走ったら間に合うかな…?」

クルリと180度方向転換して朝独特の賑わいを見せる大通りに向かって走り出す。
が、すぐに立ち止まりまた180度方向転換。

「…たぶんコッチが近道!」

自分の勘に任せ、少女は元来た朝日の届かない薄暗い路地裏を走り出した。
置きっぱなしにされたゴミ袋などを蹴っ飛ばしながら。


2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tuneup
読者になる
Yapme!一覧
読者になる