タルト・タタンの夢

July 19 [Sun], 2015, 13:32
勝手に読書部(笑)の後輩から借りた本。
一行目、いきなり気取った文章で辟易気味。
あたしなら買わない(笑)
ま、これが貸し借りのいいところでもある。

気を取り直して、読み進む。
気取ってる割りに、女性なのにソムリエとな?
おフランス語には、女性の語尾変化があるのですよと突っ込むあたし。

中途で後輩に、ダメかも?
と弱気を見せてしまった。
連休だからってんで、気休めにまた手に取ってみた。

分かって読んでるからか、前より違和感はない。
こじんまりまとまって入るけど、うーむって感じです。

あたしなら、次はない。

とある飛空士への誓約8

July 14 [Tue], 2015, 0:21
待ってました!
佳境です。

かぐらの真っ直ぐで純真な愛情が好き。
湿っぽくなりがちなシチュエーションなのに、潔さが前面に出てる。

一流の美学だ。

とあるシリーズの核になってる人物がここに来て、そこはかとなくリンクしはじめる予感。
壮大なストーリーにどんな結末が待っているのか。

楽しみであると同時に、物語が終わってしまう寂しさも胸をよぎる。
どうか、裏切りつつよい方向へ収まりますようにと願わずにいられない。

光待つ場所へ

July 14 [Tue], 2015, 0:12
帯に朝井リョウの文字が!
手にとってお買い上げ(笑)

完読して2週間くらい経ったけど、感動が甦らない。
解説は朝井リョウだった。

なんだかなーと、ちょっと小説にしました、みたいな小説であたしには物足りない。
感性が合わないのね、きっと。

ハプスブルク家

July 06 [Mon], 2015, 0:01
エリザベートの影響で読みはじめた。
ヨーロッパを知るにもよい。

二度はゆけぬ町の地図

June 06 [Sat], 2015, 0:01
西村賢太、強烈である。
サイテー男の癖に笑わせやがる。

ふん。

それからは、スープのことばかり考えて暮らした

May 15 [Fri], 2015, 0:01
読書好きの可愛い後輩からプレゼントされた本。
メルヘンチックで、推理させて、ほわっとハートが暖かくなる。

こういうの、好きだわ。

キャンセルされた街の案内

May 14 [Thu], 2015, 0:01
吉田修一、初めて読んだ。
ふぅんって、感じです。

さよならドビュッシー前奏曲

April 11 [Sat], 2015, 0:01
読んでて腹が立ってしかたない。
虎の威を借る狐のごときじいさんに、魅力はない。

なーんであんな人物設定しちゃったんだろう。
もうね、読む気なくしたわ。

少女は卒業しない

February 28 [Sat], 2015, 0:01
むさぶるように、朝井リョウ。
彼ならではの展開が心地いい。

ばらばらのようでいて、繋がっている。
俯瞰的なのに、なぜか当事者の目の前にいるような不思議な感覚。

やはり、朝井リョウ節に相当ヤられてるわ(笑)

おしまいのデート

January 29 [Thu], 2015, 19:52
読書好きのかわいい後輩から、誕生日プレゼントに貰った。
誕生日じゃないけど、本を渡すときは誕生日ってことで(笑)

何かの、たぶん新聞の読書評で載ってた本のはず。
気になるタイトルだったので、記憶していた。

あたしのことを思いながら選んでくれたのかと、うれしい♪
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:夏海
  • アイコン画像 現住所:愛知県
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書
    ・映画
読者になる
買っては積読、読んでは中断。本を読むのが好きなのか? 買うのが好きなのか? 
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/tundoku/index1_0.rdf
P R