【 更新情報 】

スポンサード リンク

爪水虫の症状と治療

爪水虫の症状が見られたら早めに診察を受け治療しましょう。
軽度の爪水虫では、爪が白くなったりもろくなるなどの症状がみられます。
痛みなどの自覚症状はほとんどないのですが、ひどいものでは爪が変形したりボロボロになり痛む場合もありますので、爪水虫も軽い症状のうちに治療をしておいたほうがよさそうです。

テレビや新聞などで足の指からサラリーマンが追いかけられているCMを見たことがあると思います。
仕事がら、特にこの雨の季節は、長時間蒸れた靴をはいていたりすることも多く、意外と爪水虫の症状がある人は多いようです。

爪水虫の症状では、病院で診察・検査を受けて問題がなければ飲み薬での治療となります。
飲み薬での治療は、肝機能が低下したり、胃腸への副作用がある可能性があるので、定期的に血液検査などをしながらの治療となります。
爪水虫のかたは皮膚の水虫の方も多いので、塗り薬と併用となることも多いようです。
飲み薬が処方されない場合には塗り薬での治療となりますが、外からの治療の効果はなかなか難しいようです。

爪水虫の症状に効く飲み薬

爪水虫の症状があると病院で飲み薬を処方されます。
爪水虫の症状に効く飲み薬は抗真菌剤と言って、水虫の菌である白癬菌(カビ)をやっつける薬です。
抗真菌剤には塗り薬もありますが、皮膚にできた水虫とは違い爪水虫の症状では硬い爪の中の菌をやっつけなくてはいけません。

そのため、胃から腸、血液に浸透し体の隅々まで薬を送ることができる飲み薬での治療が必要となります。
爪水虫の症状で主に処方される飲み薬は「イトリゾール(一般名はイトコナゾール)」と「ラミシール(一般名はテルビナフィン)」です。
「イトリゾール」は、1週間1日2回朝夕に薬を飲み、3週間休みを3回繰り返す変則型の「パルス療法」と呼ばれる投薬方法がとられます。

一方「ラミシール」は、1日1回朝食後に6か月間薬を飲み続けることになります。
飲み方は違いますが、爪水虫の症状が完治するまでの期間はほぼ同じで、どちらも8割以上の方に効果が上がっているようです。
飲み薬での治療は、約半年が目安のようです。

爪水虫の症状の治療費はいくらぐらいかかるのか?

爪水虫の症状を治療するにはいくらぐらいの治療費がかかるのでしょうか?
爪水虫の症状があり皮膚科で治療をする場合、血液検査などの検査を行い問題がなければ飲み薬での治療となります。
爪水虫の症状に合わせて飲み薬と塗り薬とを併用する場合もあるし、薬が飲めない場合には塗り薬のみの治療となることもあります。

爪水虫の症状は治りにくく、治療に長い時間かかると言われます。
治療費には保険が効きますが、爪水虫の症状に効く抗真菌剤は金額も高く、定期的な血液検査も必要になってきます。
完治までに時間がかかることもあり、治療費の負担額は結構大きいかもしれません。
爪水虫の症状に効く飲み薬には「イトリゾール」と「ラミシール」が主に処方されています。

投薬の方法は少し違いますが、薬代や血液検査などで1回の治療費も5,000〜10,000円くらいはかかるようです。
ジェネリック医薬品(後発品)を処方してもらえば治療費も安く抑えることができますが、効き目はまったく同じとは言えないようですので、病院で相談してみてください。

爪水虫の症状は塗り薬で効くのか?

爪水虫の症状の場合も皮膚の水虫のように塗り薬で効果があるのでしょうか?
爪水虫の症状の場合、硬い爪の中に白癬菌が入り込んでいるので塗り薬では治りにくいと言われます。
ですから、爪水虫の症状の治療をする場合にはお医者さんの診断を受け処方された飲み薬での治療になります。

ただ、飲み薬の場合は肝機能に問題のある方など服用ができないこともありますし、飲み薬と塗り薬とを併用する場合もあるようです。
塗り薬だけで治療をしていた頃は治りにくい病気と言われていた爪水虫の症状も、飲み薬で治療を行うようになって、完全に治すことができるようになったようです。
塗り薬だけで治したいという方には、ネステックジャパンから「クリアネイル」という爪の中に浸透して爪水虫の症状を治すという塗り薬が販売されています。

アメリカでは特許もとっている爪水虫用の塗り薬で、ネット通販で購入ができるようです。
利用者の口コミ情報なども紹介されていますので、気になる方はチェックしてみてください。

写真で爪水虫の症状をチェックしよう

爪水虫はどんな症状なのかわからない方も多いでしょうから、写真や画像などを見て自分の爪と見比べてみると良いですね。
爪水虫は、水虫の原因菌(カビ)である白癬菌が爪の中まで侵入して起こります。
爪水虫の症状は人によって様々ですが、爪が白くなったり、厚くなったり変形する、爪がもろくなるなどの症状がみられます。

もちろん同じ症状があっても水虫とは限りませんが、インターネットでも爪水虫の症状の写真や画像が出ていますので、気になる方は自分の爪と見比べてみてください。
写真や画像を見ても爪水虫の症状は様々です。
軽度の写真では爪の1部が白くなったり厚くなったりする程度ですが、重度の写真を見ると爪全体が変色したり変形してボロボロの状態です。

爪水虫は軽度の場合、自覚症状はあまりないのですが、ひどくなってくると靴の脱ぎはきなどの時に痛みを感じることもあります。
写真や画像と比べてみて怪しいなと感じた方は早めに皮膚科で診断してもらいましょう。
P R
カテゴリアーカイブ