爪だけ水虫になる可能性はあるのか?意外と流行っている爪水虫の症状
2016.04.01 [Fri] 23:13

爪が変色していたりボロボロになっているという人は、爪水虫の可能性があります。水虫と言えば、足の皮膚に感染する病気というイメージが強いですよね。ですが、実は水虫は爪にも感染する病気なのです。また、水虫というと年配の男性が発症しているイメージもありますが、実は近年、女性の爪水虫が増えてきています。ジェルネイルやアクリルネイルを頻繁にしていることで、爪水虫を引き起こす菌が繁殖してしまうのです。誰でも発症する可能性のある爪水虫の正しい対策方法を知りましょう。


■爪だけ水虫の内服薬を使用した際の副作用・トラブル事例


事例1胃に不快感を感じる


水虫を治療するために飲んだ内服薬で、副作用を感じたという人は多いです。特に、胃に不快感を感じることで、他にも様々な症状を併発してしまう事があります。胃の調子が悪くなり、吐き気を催したり食欲不振になってしまうのです。


事例2かゆみを感じる


内服薬の副作用としてはあまり聞いたことがありませんが、水虫の薬によってかゆみを引き起こしてしまう事があります。皮膚や爪の治療をするために服用した薬で、さらに皮膚の症状を起こしてしまうのはとてもつらいことです。


事例3肝臓機能の低下


飲んだ薬の成分が血液によって全身に運ばれることで、肝臓機能の低下という副作用を起こすことがあります。肝臓は体の中でも大切な役割を担っている部位です。内服薬を飲む前に、肝機能に障害などを持っていないか、事前に検査するのが良いですね。



■爪だけの水虫を治療するなら爪水虫専用の塗り薬「Dr. G'sクリアネイル」


爪水虫の対処法として、内服薬を選ぶ人もいるかと思います。ですが、自分の体に合わずに副作用を起こしてしまう可能性が高いです。爪水虫を安全に治療するなら、「Dr. G'sクリアネイル」がおすすめです。クリアネイルは爪水虫専用の塗り薬です。爪の上から直接塗ることで、爪の下の患部まで浸透していきます。また、クリアネイルには副作用を起こす心配もありません。爪水虫専用で効果の高い塗り薬を使用することで、安全に爪水虫を治していけたら良いですね。