イタリアに行きたい 

July 04 [Wed], 2007, 15:47
ルネサンス絵画を見るのに、本や映像だけでは物足りない。
イタリアに行きたい。本物のルネサンス絵画を見たい。イタリアは町もきれいだと聞く。
私はイタリアには行ったことがない。だからこのようなことを聞くとイタリアに行ってみたくなる。
もう私は大学生だ。バイトでお金を貯めてこの夢を実現させたい。

おすすめの本 

July 04 [Wed], 2007, 15:27
フィレンツェ・ルネサンスを知るにはNHK「フィレンツェ・ルネサンス」全6巻がおすすめである。
この本はルネサンス期の絵画が多く載せられている。ボッティチェリの絵画が載っている部分を私はみたが、迫力がある。

フィレンツェ 

June 25 [Mon], 2007, 11:35
イタリア、フィレンツェ。
ルネサンス期の作品が多く存在する。サンタ・マリア大聖堂、ウフィツィ美術館など。
前回紹介したサンドロ・ボッティチェリの師フィリッポ・リッピの作品。優雅な画風である。


メディチ家がルネサンス期の芸術に資金援助したのである。ウフィツィ美術館はもともとメディチ家のものである。
サンドロ・ボティッチェリ

私の好きな芸術家 

June 25 [Mon], 2007, 11:08
さて、ここでは私の好きな芸術家について述べたい。
私は「ボッティチェリ」が好きだ。彼はフィリッポ・リッピの工房に入り、優美な画風を学んだのである。代表的な作品は「プリマヴェーラ(春)」、「ヴィーナスの誕生」だ。「プリマヴェーラ(春)」はギリシア神話を描いている。古代回帰というルネサンスらしい作品である。フィリッポ・リッピの工房に入っていただけ、優美でやわらかいイメージは強い。このイメージが私がボッティチェリを好きになった理由だ。

なぜルネサンスをテーマにしたか 

June 18 [Mon], 2007, 11:42
イタリア〜ルネサンス〜についてこれから述べていくが、なぜ私はこのテーマにしたのか。

なぜなら大学に入ってルネサンス期の芸術家、美術について勉強しようと思ったからである。ルネサンス期に興味を持ったきっかけは受験で世界史を勉強したことである。文化史でルネサンス期の絵画、彫刻を資料集で見てこの時期の芸術家は天才ばかりだと感銘を受けた。大学で私は共通科目として芸術学を履修した。ルネサンス期の芸術家の生涯、どのような絵画を描いたのかをスライドで見ていくのだが、ますます興味がわいてくる。バイトでお金を貯めてイタリアのフィレンツェに足を運びたい。本物の絵画、彫刻を見たらどれほど感動するか。

次回は私が好きな芸術家について述べる。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tukituki-com
読者になる
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像石山みずか
» フィレンツェ (2008年12月08日)
アイコン画像zushi
» フィレンツェ (2007年06月29日)
Yapme!一覧
読者になる