テレビやパソコン、スマホの画面を見ていると脳が興奮状態に

October 22 [Thu], 2015, 17:56
夜寝る前に、テレビやパソコン、スマホをする人多いですよね。

私も毎日スマホをいじってから寝ているんですね。

そのせいか、布団に入ってから眠るまでに
1時間から2時間かかることが多いんです。

これって、やっぱりスマホをいじっているからかなって
心配になってきたんです。

そこで色々調べてみると、確かにテレビや、パソコン、
スマホをして、明るい画面を眺めていると、
脳がいつまでも活発に動いている状態になるみたいですね。

脳が活発に動いている時は、脳にとっては興奮状態です。

そして、交感神経が優位になって、
なかなか眠れない状態になってしまうことが分かってきました。

熟睡して、質の高い眠りをするためには、
リラックスして自然に眠くなる状態を作ることが大切なんです。

私も早速、夜寝る前にテレビやパソコン、
スマホを見るのを控えてみました。

でもあまり効果が実感できなかったんですね。

もしかして、夜なかなか眠れないのには他の理由があるのかも、
そう思って雑誌やネットを使って調べてみたんです。

それで分かったのが、質の高い眠りをするためには、
「セロトニン」という脳内物質が大切だっていうことです。

現代人はこの「セロトニン」が不足しがちだっていうことも
分かってきました。

不規則な生活やバランスの悪い食生活をしていると、
セロトニンの分泌が充分じゃなくなってしまうみたいです。

「セロトニン」を一言で説明すると、
『安らぎの脳内物質』です。

心を安定させてバランスを取るのに
大切な働きをしているんですね。

セロトニンが正常に分泌されていると、
夜暗くなると眠気がやってきて、
質の高い眠りができます。

そして、朝からすっきり起きられるんですね。

でも

逆にセロトニンが不足していると、
イライラしやすくなったり、頭がぼーっとしたり
眠れなくなったりするんです。

今まではパソコンやスマホのせいだって思っていた私ですが、
セロトニンが不足している可能性がかなりあるなって感じました。


セロトニンを脳内で作り出すために
大切な物質が2つあります。

それが「トリプトファン」と「ビタミンB6」です。

これは、食事からも摂取することが可能ですが、
朝食を抜いたり、外食が多くて偏った食生活をしていると
どうしても不足しがちになるんです。

不足しがちな分は、サプリで積極的に補ってあげることが
とっても大切だって気がついたので、
メディアや雑誌、口コミで評判がいいサプリを試すことにしました。

それが「月の休息」です。

「月の休息」は、体をゆっくり休ませて、
質の高い眠りと朝のすっきりした目覚めに
必要な成分をしっかり配合しているんです。

口コミを見てみると、私のようにすぐに眠れなかった人が、
ぐっすり眠れるようになって、朝からもすっきり目覚められるって
いう声が沢山届いているんですよね。

それに、楽天やアマゾンの快眠グッズ・サプリランキングでも
1位を取っているんです。

信頼できるサプリだっていうことがよく分かりますよね。

私のように、夜寝付きが悪いと悩んでいる人は
ぜひチェックしてみてくださいね。

詳しくは下の画像をクリックして
公式サイトを確認下さいね
↓↓↓↓↓↓↓↓