奥日光湯元温泉・初おおるり山荘2013.11.17-18

November 23 [Sat], 2013, 20:18
最近、たまに見る【おおるりグループ】のCM。

昔、うちの親が行って
「結構めんどくさいんだよなー」
と言ってたのですが

ワタシも『おばちゃん』という年齢になり(笑)
あの値段の安さに興味津々。

初おおるり体験記です。

あ、おおるりに関しては
ブログに書かれてる人もたくさんいるので
そちらを参考にされた方がいいです。
ワタシも行く前にいろんなブログで勉強させていただきました(笑)。

ワタシが乗車したのは松戸です。
受付のおばちゃん、
運転手のおっちゃん
二人のチェックを受けて乗車です。

ちょっと気になったのは
運転手のおっちゃんが
客のチッェックよりもタバコ吸うのに一所懸命
だったことかなあ。

席は前から2番目の。タイヤの上。
最新の観光バスは
タイヤの上つっても何の支障もないのですが
古い観光バスはタイヤの上の席では
体育座りみたいになります( ̄∇ ̄;)
うん、狭い(苦笑)。

1度目の乗り換えは「佐野SA」
でもね、お店からは遠いところで乗り換えたし
乗り換え時間も15分くらいで
また次のバスは座席が決まってなかったので
結局、動けず。

でもって、このバスが、すごかったー。
古い路線バスの払い下げのような。。。
でもって、座席が決められてなかったので
空いてる席を探し出して座ると
またこれが後輪の上の席。
うん、狭い(苦笑)。

しかも、古いバスが高速道路を飛ばしてごらん?
ものすごいクッションですよ?
佐野では全く大丈夫と思っていたおトイレが
揺れる高速、しばらく走ると「げっ、トイレ行きたいよぉ」
ってことになりました。

高速SAでの乗り換えの時に
古い路線バスが割り当てられた場合は
必ずおトイレに行くことをお勧めします(笑)。

1時間半くらいで、おおるり表参道に到着しました。
ここで、お昼兼乗り換えです。
何せ初めてなもんで……勝手がわからない。
とりあえず、おトイレすまして、
とりあえず、昼食すまして……
と、思って直営のレストランに。
うん、団体専用のレストランな感じ?
注文方法、とか支払い方法とかわからなかったんで
聞いたけど、おばちゃんからは質問に対する答えが返ってこず(苦笑)
結局、隣のテーブルの人たちの様子を伺いつつ←知らない人たち(^_^;)
注文と、支払いを済ませました。
※注文時に名前を聞かれて伝票に書かれるので
1階のレジで自分の名前を言って支払いする感じです。

そして外に出ると、バスの出発時刻やら何やら
貼ってる掲示板を見付け……
何となく、「松戸出発の人は、これの書いてあるバスに乗ればいいんじゃないかな」
ということに目星をつけました。

まだ時間が30分以上あったので
東照宮の入口辺りに写真を撮りに行き




ネットで「金谷ホテルベーカリー」がおすすめという情報を元に
川を渡ってパン屋さんに。

パンを買って戻ると
バスが増えてけど
イマイチ、乗るバスがわからない。
座席表に名前もないしなー。
しょうがない、まだ出発時間じゃないし
待つか、と思ってると
最後入ってきたバス、どうやらこれらしい。

おおるりから戻ってきたお客さんを下ろすと
運転手さんが座席表を張り出してくれ
無事に自分のの名前がありホッC=(^◇^ ; ホッ!

早速乗り込むと……
はい、これまた古い路線バス風のバス。
タイヤの上の席ではなかったものの
今度は非常口のところの席になりました(・・;)

これで、いろは坂登るんかい?

若干不安になりましたが
不安だったのは、それ以前にあった。

運転手さん、一応、点呼してくれてたんですが
途中で名前の読めないお客さんに行き渡り
結局、それ以降途中で点呼放棄しちゃったんですよー

3回くらい
「まだ呼ばれてないよ〜」
って叫んで見たものの、完全無視。

かなーり、不安になりましたが
座席表に名前あったしな……と我慢。

そして、古くてもいろは坂登るもんなんだなあ
なんて感心しながら、いろは坂を登り
中禅寺湖を車窓で楽しみ
山の方に道が逸れてから、しばらくすると
どうやらホテルの前らしきところにバスが停車。

「あれ? 着いたのかな?」と思ってると
運転手さんは何も言わない。
バスのドアは開いてるけど、何も言わない。
でもって、おばあちゃんグループが下りようとすると
「ここトイレ休憩なんで、まだ乗っててください」とか言う。
え? 嘘? トイレ休憩なの?
なんて思ってると、先のおばあちゃんたちが
(たぶん、何回も来てるんでしょうね)
強行突破で下車。
え? うちもここなんじゃないの? と
おばあちゃんたちに続くと

【おおるり山荘】

って、書いてあるじゃないかよーーーーーーーーーーーっ。


あの運転手のおっちゃん、一体どうしちゃったんでしょうか?

まあね、おおるりの湯けむりバスってのは
おおるりに泊まらない人でも利用できるらしいので
運転手のおっちゃん、今日はおおるりに泊まるお客さんはいないと
勘違いしてたのかもしれないけど

おっちゃんが点呼放棄した座席表に書いてあったんじゃないの?

しかも、こっち初めて。
初めてだったら、わかんないでしょーがっ。


そんな感じでちょっとブーブーなったんですが…
チェックインの時のフロントのおっちゃんの
感じのいい対応で、もうチャラ(笑)。

部屋は3階で
部屋から湯ノ湖が見えました。
噂では木々で見えないと聞いてたのですが
冬なんで、街路樹の葉っぱが落ちてたんで
見えましたよー。

そして一息つくまもなく、館内放送が。

「滝巡りツアーを開催します。無料です。
御希望の方は内線9番まで」

ほほーっ、自分で路線バスに乗って行こうと思ってたんですが
連れてってくれるならそれ行った方が安上がりね〜。

と、早速申し込み。


10分後には再びロビーにおりました(笑)。


いや〜説明受けながら中禅寺、とか、こんなことでもないと
ゆっくりお参りする、なんてこともないんで
それはよかったんですが…
途中で商業的な匂いがプンプンとしたのはどうしたもんか(^_^;)
入館料は払いましたが
バス自体は無料だから、しょうがないか。





中禅寺の後は、華厳の滝に連れてってもらったのですが
華厳の滝、って下から見たことなくてですね
一度くらいは下から見てみようと
お金払ってエレベータに乗ったんですが
何せ、見学時間が30分程度。

めっちゃ忙しかったですわー。

下からの華厳の滝と、上からの華厳の滝と
両方見られればよかったんですが
時間がなかったので
写真何枚か撮って
エレベータで上がると、バスへ直行。

それでも華厳の滝の迫力はすごかったです。






しかもバスが止めてある場所は
どうやらおおるりさんと提携してるようで
「おトイレはこちらで借りてください」
(ゆえに「お土産もこちらでね」という暗黙の了解?笑)
という……(笑)。

ということで、滝巡りツアーはおしまい。

ん?



滝巡ってないやないかい!


竜頭の滝は車窓からだったし
中禅寺は1時間半くらい時間取って
華厳の滝は30分よ?

メインは中禅寺でしょうがっっっっ(笑)。


そんなこんなで、滝巡りツアー終了。
湖畔亭にお泊まりにお姉さんたちが
「これで終わりなのー? 華厳の滝もう少し見たかったー」
と運転手さんに言ってたのに
大きく頷く、ワタシであったのでした。

あ、中禅寺から出た時に、バスの中からお猿さんの親子見たです。
日光では嫌われ者と聞きますが
普通に可愛かったよ?
みんなが別意識持てば、
少なくとも観光客とは共存出来ると思う。
信州の地獄谷みたいに。


さて、ひとっ風呂あびて、うだうだしてたら夕食の案内。
こちらの夕食も、事前に行った方のブログ情報で
早めに行った方がいい、というので
10分前には下におりました。

こんな感じ。


お腹がいっぱいで食べられそうになかったので
取りませんでしたが
天ぷらもありましたよ。

飲み放題なので
飲まれる方はビールがんがん飲んでましたねー。
ワタシは飲めないので
ソフトドリンク一杯だけ。
バイキングってつい取りすぎちゃうので
水分は取らずにひたすら食べました(笑)。

料理がどーの、といわれるおおるりで
日光湯元の評判はあまりよろしくないようですけど
ワタシには十分でしたよ?
あんだけの品数、普通は作れませんし
5650円で、あれだけ食べられたら、全然満足です。

ということは、他のおおるりはもっと素敵に夕食なのかしら?(*^m^*)


夕飯の後は、もう一度お風呂へ〜。
と、同時に帰る時のバスの時刻と座席も確認。
ええ、来る時と同じ座席だったのは
往復1000円のバス料金だし我慢しようね。

お風呂は硫黄泉で濁り湯。
今回、濁り湯を選んで、草津か奥日光か
と迷った末に、奥日光にしたんですよね。
お湯がぬるめ、ということでしたが
加温もしてるのでしょうけれども
全然、内湯は問題ありませんでしたよ。
露天は内湯でうんと暖まってから入れば問題なし。

それでも、冬期は露天やってないみたいですけどね。

ただ、ワタシの体質が変わったのか?
久しぶりの硫黄泉。
肌がカサカサになっちゃいまして。

ワタシ、温泉で上がり湯はするんです。
水道水で。
だから、ある程度温泉成分は流したはずなんですが
ダメでした。

昔は平気だったんだけど
年、なんでしょうかね?
そういや、ここ数年、冬は肌が乾燥してかゆいしなあ。

そんな乾燥肌さんは
最後に石けんで温泉成分を流すといいそうです。
タオルとか使わずに、手でね。

浴槽入る前に身体洗っちゃうから
(↑これマナーつって言われるしねー)
余計に油分が失われそうですが
手で洗えば、大丈夫かしら?


そして、この日は早めに寝たわけなんですが……
夜中の1時頃に突如

「ピンポンパンポーン」

という音で起こされます。

え? 何何? となりますよねー。
基本、寝てる時に地震とかおきても
起きないワタシでありますが
火事だったら大変じゃん?
火事で、こんな呑気なお知らせ音だったら怒りますけどね。

でも、ピンポン鳴った後は、何も言わない。
結局、3.4回「ピンポンパンポーン」と鳴ってました。

何だったんだろう? 聞きもしませんでしたが。


朝は5時に起きて、早速朝風呂。
さすがおおるり。みなさん早起きですねぇ。
すでに5人くらいの人がいらっしゃいました。


朝風呂を堪能した後はお散歩。

山に雪がついていて、綺麗でした。
久しぶりに霜とか氷とか踏んだし(笑)。

ロケーションはばっちりですねぇ。








朝ごはんの写真は忘れちゃいましたが…
まあ、普通の朝食バイキングでした。
ポテトが美味とか聞いてたんですが
残念ながらなくてですね。
コーヒーも何やら不思議な味がしたので
結局、お部屋で、持ってきたカフェオレを飲みました(笑)。



帰りのバスは10時発。
半月山に寄ってから表参道に行ってくれるとのことで
こんな景色が見られました。
晴れてて綺麗だったよー。
なかなかこんなにはっきりと見えないそうです。





トイレ休憩が
中禅寺の駐車場の横のお土産屋さんで
これもたぶん商業的なお約束、なんでしょうけども
ワタシは、中禅寺湖の湖畔に近づいて写真撮ってました。
半月山の上から撮ったのと
さほど変わらないですけどね(笑)。





ここでのトイレ休憩が無駄に長かったんですけど
いろは坂を歌いながら数えて降りて
(↑脳内ミュージック。フェロ☆メンのいろは唄)
表参道到着。

朝ご飯、食べ過ぎてお腹が空かなかったので
前日に、金谷ホテルで買った菓子パンを食しました。
美味だったな〜。

そして、よし、今日もパン買って帰ろう。

と、もう一度ベーカリーへ。

途中の紅葉ももう一度。
光の具合で前日とは違う綺麗さ。




神橋も写真だけ、撮りました。
どうしても暗くなっちゃうね、この橋の写真は。



ベーカリーでは食パンを買ってみました。
なぜならば、先に買ってるおばさまが
えらく大量に食パンやら何やら買われていて
「こちらの食パン、美味しいんですよー」
と教えてくれたので♪


表参道からのバスは
「おおお、観光バスだよーーーーー、古い路線バスじゃないよーーーーー」
って、古めの観光バスだろうが何だろうが
払い下げのような古い路線バスに比べたら天国ですよ。
高速道路だって、縦揺れしないよー。

ただ、まあ、運転手さんがさー
ガイトしてくれてたのはいいんだけどさー
綾小路きみまろ、もどき、のような感じで
(つーか、思いっきりパクりでしょうが)
お年寄りにはウケてたけど
結構、イライラしたんですよねー。
寝ちゃったけどね。

シートベルトが挟まって取れないという人に
「シートベルトなんかするの?」
なんて言っちゃったりしてね。

口だけだとは思うんだけどね。
昔、栃木に合宿免許行った時の教官思い出したさ(-。−;)

乗り換えは佐野SAで。
今回は、まだ乗り換えのバスが到着しておらず
ちょっと時間があったので
店に駆け込んで、宇都宮餃子を衝動買い。
宇都宮には行ってないけど、
栃木に行った記念だ



初のおおるり、いろいろ思うことはありましたけど

やっぱり、安さ、だと思うんですよねー。

何かあっても「安いから許容範囲」って思えちゃう。
バスの乗り換えとか、案外神経使って
疲れちゃうけどね。
今回は1泊だったけど
2泊以上したら案外疲れもたまらず大丈夫な気がします。

今度は行くなら草津あたりに行ってみたいなー、と思いました。
草津にバス代含めて6650円、と考えたら安すぎるもの(笑)。


帰ってきて、早速食パン食べました。
いや〜美味しかった〜
さすが、高いだけのことはある(笑)。





そして、個人的に初おおるりで
大ヒットだったのが
田胡作まんじゅう、でした。

お茶請けで「うまいっ」となって
一つ買って帰ってきたのですが
ずっと美味だった。
できたてだから美味いのか?
と思ったんですけど
賞味期限のその日まで、ずっと美味しかった。

これは、個人的ヒットです。
8コ入で500円つーのも安いしね。

田胡作まんじゅうだけ、欲しいです(笑)。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:月猫
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧