40代以降、体が疲れているのに眠れなくなる原因と解消法!

January 15 [Thu], 2015, 11:55
「体が疲れているけど眠れないのをなんとかしたい!」

と、悩んでいませんか?



特に40歳を超えたあたりから
「体が疲れているのに眠れない!」
と悩む人が増えますよね。

それは自律神経が乱れやすくなることが
原因なのかもしれません。


40歳を超えると体内機能に様々な衰えが出はじめますよね。

それで、自律神経のバランスも崩れやすくなるのです。


自律神経とは、交感神経と副交感神経の
2つからなる神経の事です。

交感神経が活発になると、心身が活動的になります。

副交感神経が活発になると、心身ともにリラックスします。


それで、この2つの神経がバランスよく働いていれば、
昼に交感神経が活発になって夜に副交感神経が活発になります。

ですから、夜になるとリラックスすることができるので、
ぐっすり眠れるようになるのです。


しかし、40歳を超えるとこの2つの神経のバランスが崩れます。

交感神経が活発に働き続けるようになり、
副交感神経が活発に働きにくくなるのです。

それで夜になっても交感神経が活発に働いていると、
リラックスすることができないので、
体が疲れていても眠ることができないのです。


それで、自律神経のバランスを整えると、
ぐっすり眠ることができるようになることが多いんです。


自律神経を整えるには、
朝起きたら体を覚まし、夜はリラックスする
ことが
大切になります。


朝、体を覚ますには、
朝日を浴びたり、軽い運動をしたり、朝食を食べたり
するといいと言われています。

そして、夜リラックスするには、

スマホやテレビ、パソコンなどを夜遅くまでしなかったり、
リラックスできる音楽を聴いたり、
照明をリラックスできるものにしたり

するといい、と言われています。


そして、リラックスできる栄養素を
摂る
こともおススメです。

リラックスに必要な物質を体内で作るのに
たんぱく質が必要になります。

ですから、普段からたんぱく質を積極的に
摂るようにするといいでしょう。


また、アガリスクというキノコには、
心を落ち着かせ眠れるようになる効果が
あることが分かっています。

アガリスクはサプリなどで摂るのが普通ですので、
体が疲れているのに眠れない時は
アガリスクのサプリを飲むといいでしょう。


「深眠源」は、希少価値のある「キング・アガリスク」が
含まれているサプリです。


いまならお試しパックがあります。
↓  ↓  ↓