有酸素運動とは 

2009年04月26日(日) 23時51分
有酸素運動とは有酸素運動とは読んで字のごとく酸素を消費し十分な呼吸を確保しながら尾かなえる運動のことをいいます。
具体的には、ウォーキングやジョギングなどがあります。

有酸素運動はなぜダイエットに効果的なのでしょうか?
有酸素運動はダイエットによいといくことをよく聞きますが、なぜダイエットによいのでしょうか?
湯酸素運動のメカニズムを紹介します。
血液中には体脂肪になる前の脂肪が含まれて入ます。その脂肪が体脂肪になる前に酸素と結びつくと燃焼します。またすでに着いてしまった脂肪は、血液中の脂肪の次に燃焼されます。有酸素運動をすることによってゆっくり深く酸素を取り入れると効果的に脂肪を燃焼できダイエット効果があるというわけです。

無酸素運動について
有酸素運動とは対照的に無酸素運動というものがあります。
短距離走やウエイトリフティングがそれにあたります。
無酸素運動は速筋という筋肉を使います。速筋は瞬間的に大きな力を産み出しますがそのエネルギー源は
グリコーゲンと呼ばれる物です。酸素を使わないので無酸素運動では脂肪があまり燃焼されません。



有酸素運動を行う時間はどのくらいがよいのでしょうか?
脂肪が燃焼されるのは運動を始めてから20分立ってからといわれています。
激しい運動だとそれまでの間にばててしまいます。
ふだん運動をしていない人は、15分くらいから始めてみてはどうでしょうか?そして少しずつ時間を長くし30分くらいできるようになったら強度をたかめていくとよいかと思われます。

有酸素運動のその他の効果
有酸素運動といえばダイエットを連想されるかたが多いと思いますが、他にも効果があるようです。
心配機能の向上や持久力の向上がそれにあたります。


P R