幸村→リョ第2話

December 04 [Sun], 2011, 8:21
で、走り来てコートに来たけど…なんだいこれは?
赤也と坊やが、テニスして坊やが負けて赤也に膝枕。
「はは、赤也お前…後で潰そうかな」
笑えない部長のオーラと笑顔に俺切原赤也は、明日の朝日が見えないのを覚悟をした。
「やだなー、部長!なら俺の変わりにドーゾ」
とマッハで逃げた、え?現在の部長が逃げるなって
「俺だって命はいるんだ!!てことで後はよろしく」
後ろを振り返ることなく逃げて、途中柳先輩にぶつかり慰められた俺

で、視点は変わり…コートへ
「何で俺が、幸村さんに膝枕しないといけないわけ?」
何故かあのあと断われないほどの笑顔で迫って来た幸村さん、で俺の膝に何故か寝てる。

「良いじゃない、べつに、坊やは好きな人いないの?」
なんて平然に聞いてるけど怖いこんなにもドキドキしてる
「は?え!?」
なんて困る君も可愛くて引き寄せた、キスしたかったけど、タイミング悪く坊やの携帯が鳴る

「あ、不二先輩。」
見たことない笑顔と優しい声色直ぐに嫌でも気付いたけど越前は段々と暗くなり、今にも泣きそうだった

「おめでとうございます。英二先輩と幸せに」
気をはりつめて伝えて、切り終わると坊やは一筋の涙が流れた

「越前、俺では駄目かな?不二なんかよりずっと好きだよ。」

今は抱き締めて、鳴き声を押し殺す坊やは…痛々しくて、ソッと抱き締めた

一瞬でも良い…俺を意識して
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:由良
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tukakiku/index1_0.rdf