マートフォンアクセサリー専門店「UNiCASE」を運営するCCCフロンティアは、

June 09 [Thu], 2016, 23:49
スマートフォンアクセサリー専門店「UNiCASE」を運営するCCCフロンティアは、5月11日にiPhone 6s/6向けケース「ワーナーキャラクター ウォレットケース スーパーマン for iPhone6s/6」を発売した。価格は4000円(税別)。
iPhone6sケース

【その他の画像】

 本製品は、アメコミヒーローの元祖「スーパーマン」とコラボレーションした手帳型ケース。表面には青いコスチューム、内側には赤いマントを表現したカラーリングを取り入れ、上質なPUレザー全体にスーパーマンの胸に刻まれたロゴを型押ししている。
超人気iphoneケース内側にはカードポケットを備え、フラップにはマグネットも内蔵した。

 新商品販売を記念し、UNiCASEオンラインストア全品の送料が無料になるクーポンコード(SUPERMANPR160514)を発行している。
ルイヴィトンiPhone6ケース利用期限は5月14日の23時59分まで。 「目の付けどころがシャープでしょ。
iPhone6ケース」をキャッチフレーズに数々の挑戦的な商品を発売してきたシャープが、またも“問題作”を世に問うてきた。それが、同社が2016年5月26日に発売する「RoBoHoN(ロボホン)」である。
ルイヴィトンiPhone6ケースロボットとスマートフォン(スマホ)が合体したというロボホンはどのような経緯で誕生したのか。その存在は、我々の生活にどのようなイノベーションを生み出すのだろうか。
iPhone6ケース香水風

●「ロボット+スマホ」がCEATECで注目を集める

 ロボットにスマホが付いたと考えるべきか、それともスマホがロボットになったというべきか。「スマホ」と「ロボット」が合体したというコンセプトで「CEATEC JAPAN 2015」(2015年10月に千葉・幕張メッセで開催)にお目見えしたロボホンは、テレビや雑誌、ウェブサイトなどのメディアの話題をさらった。
グッチiPhone 6 ケース

 ソフトバンクが2015年6月に「Pepper(ペッパー)」の一般販売を開始するなど、コミュニケーションロボットが身近になってきた折の登場。しかし、店頭コミュニケーション端末などBtoB用途のイメージが強いペッパーとは違い、ロボホンは持ち歩けるロボットで、しかも電話としても使える。
iPhone6sケースある意味で“究極のコンパニオン(人に寄り添う)ロボット”といえるかもしれない。

 CEATEC JAPANでのデモは、来場者にかなり強烈なインパクトを与えた。
超人気iphoneケースクラウド経由で音声認識することによって会話が可能で、内蔵プロジェクターを使って写真をテーブル上や壁、スクリーンなどに投写することもできる。10万馬力や空を飛ぶ能力はないが、人に寄り添うロボットとしては魅力的だ。
iPhone6sケースグッチ

 だが、ロボホンを手に持って電話をする姿は、映画『キングコング』のような異様さを感じさせた(もちろん、ハンズフリー通話も可能だが……)。

 経営不振で明日をも知れぬ当時のシャープが、ここまで“振り切った”製品を世に送り出すとは……そう思わせるのに十分だった。
ルイヴィトンiPhone6ケース
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tujhdee/index1_0.rdf