更年期障害の男性の症状

July 27 [Tue], 2010, 21:55
特に中年男性にも更年期障害は現れる場合があります。
症状はいくつもありますが、中でもインポテンス(勃起障害)が現れる男性もいます。

インポテンスは、EDとも言われていて、「勃起不全」・「勃起障害」のことになります。
これは、十分な勃起を維持できができず、満足な性生活が送れない症状になります。


最近では「勃起不全」や「勃起障害」と言うよりも「ED」という呼び名のほうが一般的になってきましたが、男性の更年期障害の一つの症状です。

男性の更年期障害としてのEDの症状ですが、性交時に勃起しない、勃起しても途中で萎えてしまうなど、思うような性交が行えない状態をいいます。更年期障害の男性にも見られます。


症状の大きな原因としては、男性ホルモン分泌量低下、うまく出来るだろうかという不安感、其の他のストレスが性欲を抑えてしまうためと考えられているようです。

また、加齢によるところのペニスに血を送る血管が動脈硬化などによって機能しにくくなって起こるとも言われています。
特に、糖尿病で長年治療を受けている方に多く見られるようです。


しかし、ED、「勃起不全」・「勃起障害」は、自分自身で改善、治すことができます。
具体的な方法は、こちらのサイトで紹介されています。

詳しくはコチラ

EDの症状がみられる男性は、ぜひ参考にしてください。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tuitedesu/index1_0.rdf