椎間板ヘルニアの症状について

March 01 [Fri], 2013, 22:49
椎間板ヘルニアとはなんなのでしょうか。骨と骨とのあいだにはクッションの役割を果たす椎間板と呼ばれるものがあります。その椎間板をさらに詳しく見ると、繊維輪と髄核という部分で構成されているのがわかります。髄核は繊維輪に覆われているのですが、髄核が繊維輪を突き破る(または膨らんで圧迫する)こと、この状態を椎間板ヘルニアといいます。このようになった椎間板は周りの神経を圧迫し、それが痛みやしびれなどを引き起こすのです。さて、腰椎椎間板ヘルニアの症状を詳しく見てみましょう。最初のうちは腰痛、しびれ、同じ姿勢をとっていることが困難になるなどの症状があります。その後足が冷える、排尿が困難になる、夜も眠れないほどの痛みに悩まされるといったことが起こります。

<腰椎椎間板ヘルニアが悪化すると>
日常生活を送るのにも支障がでてくるようになり、外科手術が必要になる場合もあります。症状を自覚するようになったら、早めに病院へ行きましょう。

参照サイト
椎間板ヘルニアの症状
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hiro
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる