今年もやってきました、iPhoneの秋! 2007年に初代モデルが登場してから毎年進

August 05 [Fri], 2016, 16:52
ブラックモデル、くるかな〜。

今年もやってきました、iPhoneの秋! 2007年に初代モデルが登場してから毎年進化を続けてきたiPhone。
シャネルiphoneケース今年登場する次期iPhoneはどんなものになるのでしょう?

この記事ではこれまで登場してきたさまざまな次期iPhoneの噂やリーク画像をまとめてみました。これらの情報は公式のものではないので、参考までに楽しんでくださいね!

iPhone 7の噂からパーツリークまで、全部まとめました
Image: Nowhereelse.fr
名前は何に?
去年登場したのがiPhone 6sだから、今年はiPhone 7? 多くの情報では、今年登場するのはiPhone 7とiPhone 7 Plus、そしてもしかしたらiPhone 7 Proの2〜3ラインナップだと予想しています。
iPhone7ケースしかし、apfelpage.deによれば、今年登場するのはiPhone 6 SEだという予測もあります。

さらに2017年に登場する新型iPhoneには、有機ELディスプレイや全面ガラスデザインなどのメジャーアップデートがやってくるとの噂もあります。
ルイヴィトンiphone7ケースそこで、iPhone 7の名前は「来年に持ち越される」という噂もあります。

ま、多分今年の次期iPhoneが「iPhone 7」になると思いますけどね。
ルイヴィトンiphone7ケース

iPhone 7の噂からパーツリークまで、全部まとめました
Image: Nowhereelse.fr
デザインはどうなる?
iPhone 6とiPhone 6sからのデザイン変更が期待されるiPhone 7ですが、残念なことにiPhone 6sとほぼ同一デザインになるという見方が一般的です。

本体は金属製で液晶ディスプレイを搭載し、本体前面はガラス製…と特に前モデルから変わるところはないのですが、The Wall Street Journalの6月の報道によればiPhone 7は1mm薄型化します。
ルイヴィトンiphone7ケースこれは市場にあるスマートフォンに比べてすごく薄いってわけではないのですが、ケースの買い替えが必要になるかもしれません。

さらにこの薄型化により、イヤホンジャックが廃止される可能性があります。
ルイヴィトンiphone7ケース新型iPhoneからイヤホンジャックがなくなるという噂は2014年からあり、またLightningからイヤホンジャックへの変換アダプタが登場するという情報もあります。これまでもイヤホンジャックのないiPhone 7のパーツリークはたくさん登場しており、この情報はかなり確度が高そうです。
グッチiPhone7ケース

さらに、iPhone 7の「Lightningからイヤホンへの変換アダプタ」らユーザーを追走し、離れた位置から呼び寄せることもできる。そして、ユーザーとの距離を感知して自動ロックを行い、現在位置をGPSで知らせる次世代スーツケースが発売された>

 旅行用のスーツケースは、これまで、求められる容量を満たした上での軽さや耐久性を競ってきた。
ルイヴィトンiphone7ケースしかし最近では、旅行という行為自体にもデジタル化の波が押し寄せ、それにともなってスーツケースもスマート化する傾向にある。

 たとえば、日本でも目にする機会が増えたドイツのリモワは、自社のラインナップにエレクトロニック・タグ付きモデルを加えている。
イヴサンローランiphone7ケースこれは、側面に電子インクディスプレイを備え、スマートデバイスのアプリから目的地空港までのラゲッジタグを無線送信して表示できるという製品だ。

 エアライン側の対応も、まず地元ドイツのルフトハンザからスタートしており、他にもユナイテッドなど4社がテスト中だが、こうした流れは確実に加速していくことだろう。
エルメス iphone7ケース

 そして、その先にはスーツケース自体のロボット化が控えている。つまり、置き忘れた際の現在位置の通知や、スマートフォンやタブレットデバイスに対する電源供給はもちろん、ユーザーを認識して自動で追走したり、ユーザーの手許まで自律的に移動してくるようなことが現実になるのである。
シャネルiphoneケース

 この分野の先駆者となったCowarobot R1(定価699ドル)は、独自のコ・ムーブ(C0-MOVE)システムの採用により、ユーザーの手首に装着された専用ブレスレットを感知して、手の届く距離を保ちながら最大時速4.5マイル(約7.2km/h)のスピードで移動する。加えて、ハンドル部や底面近くに内蔵されたセンサー類(ソナー、深度センサー、エッジセンサー)が周囲の状況を把握し、障害物を避けたり、階段から落ちないように自律制御を行うことで、安全でスムーズな移動を可能とした。
グッチiPhone7ケース

 多少離れた位置からユーザーのところまで呼び寄せることもでき、これは、カフェなどでテーブル脇にスーツケースを置くスペースがない場合などに重宝しそうだ。

 駆動は底部中央に組み込まれた特製の車輪によって行われ、ハンドルから手を離すと瞬時に繰り出されて走行状態に入る。
グッチiPhone7ケースしかも、メカニズム部分の容積を合計しても、全体容量の4%以下に収まり、スーツケース本来の収容力にはほとんど影響しない。



 この他にも、ユーザーとの距離を感知して自動ロックを行い、再びブレスレットでタッチすればロック解除される仕組みや、置き忘れをブレスレットの振動で予防する機能、スーツケースの現在位置をGPSで知らせる能力も備えている。
シャネルiphone6ケース



 さらに、着脱可能な内蔵バッテリーはスマートフォンなどを充電するパワーバンクとしても利用でき、iPhone 6S Plusを9回フル充電できる19,300mAhの容量を持つ。

 2016年10月から出荷開始予定のこの製品は、次世代しき画像もすでに流出しています。
シャネルiphone7ケースあの世のジョブズがこのような周辺機器の存在を許すかはさておき、安価な解決策であることは確かです。また、イヤホンジャックがなくなるかわりにセカンドスピーカーが搭載される可能性があります。
シャネルiphone7ケースただ、これがiPad Proのようなステレオスピーカーなのかは不明です。

さらに、iPhone 7のホームボタンは沈まないタッチ式になるという噂もあります。
シャネルiphone7ケースくわえてこの新ホームボタンには触れた強さを検知する「Force Touch機構」が搭載されるかもしれません。

そして背面部分では、iPhone 6で本体を横切っていたアンテナ線が縁へと移動します。
グッチiPhone7ケースさらに、カメラ穴の出っ張り具合もiPhone 6sから変わるようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yewtse
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tuijdfe/index1_0.rdf