Door to the unknown~Daichi Miura~

August 23 [Fri], 2013, 23:58

やぁーやぁー!鈴井●之ー!!
本日は待ちに待った三浦大知様ライブツアーINオオサカ〜♪♪に行ってまいりました。


いやぁ〜!もうね小泉首相かってぐらい感動した
席に着くや否や「あら?今日は劇団四季でも観に来たのかしら??」っつてぐらいワクワク感満載な舞台セットが惜しげもなく見えてた。寧ろ丸見えだった。

まぁツアータイトルに「Door」なんて入ってるわけだし勿論、ドアのセットが真ん中に陣取ってる。
あれぇ〜、ネコ型ロボット出てくんじゃないの?ってぐらい正真正銘のドアがある。(唯一の救いはピンクではなく木目調のお洒落なドアってこと)
座席に座って携帯いじりながら「まだかな、まだかなぁ〜!?学研のオバちゃんまだかなぁ〜♪」って待ってたら後ろの座席に学研のオバちゃんどころか4人のおば様降臨!!

降臨するなりオバAがセットを見ながら「あら〜!あのドアうちのリビングのドアそっくりぃぃ〜〜!!」
ちょっ!!!!!オバ様!!!!確かに家のドアっぽいけど!!
急に舞台セットが劇団四季からご家庭のリビングに・・・。

そこから、オバ4による漫談大会が後方左右から始まる。降臨からの覚醒。
右後方2人は大知君の昔の話やら最近の握手会について、左後方2人は何故ファンになったのか?からONE OK ROCKの話へ。。。なんか、天使と悪魔×各2ぐらいの図式で左右から話が聞こえてくる。プチ聖徳太子ターイム!!!
5.1サラウンドかってぐらい色んなとこから臨場感満点の声が聞こえる・・・。

オバ4によるBGMもいい感じに温まってきたところでライブスタート!!
が、ここに来てオバAの「リビングのドア」発言がボディーブローのようにジワジワやってきた!!
もう、自宅リビングのドアにしか見えないーーー!!!どうしようーーー!!!


必死に堪えてるところに大知ダンサーズがまさかの追い討ち姿で登場!!!!
ダンサーズ顔を隠すように仮面(のような物)を付けて颯爽とステージON・・・だが、しかし!
どう頑張ってもオバちゃんがチャリ乗るときにかぶるサンバイザーにしか見えないーーーーー!
え!?ジャパネットで4点セットですか?!もしかしてそれ溶接とかも対応可能?!今日も紫外線強かったもんねー?!もしかして天満橋商店街で買い物しててそのまま来ちゃった?!もう頭の中が混乱!
 

でも混乱なんかしてると三浦先生のライブは簡単に置いてけぼり食らうわけです!先生スパルタですからついて来れない子は置いていきます。復習なんてありませんよ。学研どころか公文式ですよ! 考える力です。


邪念を振り払いなんとか三浦マジックに集中し始めたのにまたもや試練!!!
なんでよーーー!!!なんで3曲目でこんなことした!?天井からミラーボールならぬDJマイクが垂れ下ってきた。。。DJ赤坂かよ!夜もヒッパレかよ!先生!!お願いだから素直にステージに酔いしれさせてください(泣)
垂れ下ったDJマイクを起用に扱い歌う!踊る!そして私は笑う!・・・また先生に置いてかれた。こりゃ完璧赤点。


4曲目からはなんとか三浦先生の世界へのDoorを開けることができた。道場破りぐらいの気持ちでタノモーって飛び込んで行きました。駆け込み乗車ですよ!

そっからはね、正直先生の魔法にかかってあんまりよく覚えてません。(大知の魔法にかけられて
ただ、前評判どおりこれまでのライブとは違った世界観でした。劇団四季よりブロードウェイ。
なんのSHOW?ロングラン決定?ってね。

照明がすごい!セットが凄い!そして演者が凄い!!感動しすぎてスタンディングオベーション!!(いや、ずっと立ってるけど)


これ絶対日本語分からない海外の人でも楽しめるよなぁ。歌知らない日本人でも楽しめるよなぁ。
誰か海外に売り込みに行けばいいのに。


大知!素敵なSHOWをありがとう!そして25歳最後のライブお疲れさま!
明日は26歳バースデーライブだね!会場の皆にお祝いしてもらってください!

三浦大知最高ーーーーーー!!!!!





※舞台はピンクの扉じゃありません。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tucca
  • アイコン画像 誕生日:1月3日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tucca/index1_0.rdf