これにて終了 

May 12 [Fri], 2017, 12:07
お誕生日に東雲君からのメールはこなかった。
私、やっと泣いた。
1月に東雲君に別れますというメールを送って、それから彼からのアクションが何もなかったことから、なんとなく彼とはまだ繋がっているような気がしていた。
何かのきっかけを期に、また関係が戻るんじゃないかとさえ思っていた。
正直な話、また会えると思っていた。

でも、違った。
東雲君からはメールはこなかった。
私は日付が変わるとメールが届くと思っていた。
短い「おめでとう」でもいいから、東雲君からメールが届くと信じていた。
12時を過ぎて、1分、2分・・・15分経ってもメールは届かなかった。
ずーっとこの恋愛の事を考えていたのは、私1人だけだったのだ。
東雲君の中では、私との恋愛はもうとっくに、それこそ1月に、終わってしまっていたんだね。
知らなかったよ。
私だけだったんだ。

これで本当に最後だった。
もうこの日以上に連絡をとる日なんて存在しない。
私と繋がる気持ちがあるのなら、お誕生日以上に言葉をかける日なんてない。
つまり、本当の本当のさよならだ。
そう思ったら、涙が出た。
やっと、泣いた。
1月に別れ話をしたのに、何故か全く泣けなかった。
怒っていたのも、もちろんそうなんだけど、やっぱりどこかで別れを信じていない自分がいた。
でももう、どんな言い訳も通用しないよね。
東雲君の中では私との事は終わったのだ。
本当に本当に、これでさよならだ。

東雲君、ありがとう。
沢山守ってもらったって、思ってるよ。
ありがとう。
私を受け入れてくれて、ありがとう。
私を責めないでくれてありがとう。
7年間、本当に大好きでした。
さようなら。


人気ブログランキング

不倫をやめる事による損失 

May 11 [Thu], 2017, 9:18
不倫相手と別れるということの、何が悪い(?)のか考えてみた。

1番は、寂しさ。
もうこれが大半を占めると思う。
結婚をして、妻になり母になり、恋愛をするような存在ではなくなっていた自分に、若い頃と同じようなドキドキとしたときめきや、キュンとする甘い痛みが不倫によって手に入る。
考えてもいなかった幸せが、手に入る。
自分が特別な存在のような気になる。
必要とされている、女として魅力的に見えていると思える。
そういう全ての華やぎが、別れることで全て失ってしまう。
つまり、精神論だね。
物理的な損失はたいしたことはない。
たぶん皆さん許容範囲内だと思う。
1番の大きな問題は、寂しさだ。

別れる事で、圧倒的な寂しさに絶望してしまう。
これが、辛い。痛い。苦しい。

だから、これをクリアできたら、目の前には沢山の可能性のある自分が手に入る。
頑張れ。私。


人気ブログランキング

夢の中での絶望 

May 10 [Wed], 2017, 9:18
夢を見た。
お誕生日のお昼過ぎても、東雲君からのメールは来なかった。
私はとくに取り乱してはいなかったけれど、頭の中で、ああ、もうこれで東雲君とは永遠にさよならなんだって実感していた。
何がどうあっても、関係を断ち切りたいと思っていないのなら、お誕生日ほど連絡の取りやすい日はない。
その大切なチャンスの日に何もしないということは、つまり終わったということなのだ。

誕生日が近づくのがだんだん怖くなっている。
私は東雲君が絶対におめでとうとメールをくれると思い込んでいる。
だから、もしそうじゃなかったら、今度こそ、もう「次」はないのだ。
〇日には連絡がくると思う、何度もそうやってズルズルここまできた。
〇日も△日もメールはこなかった。
お誕生日にメールがこなかったら、もう、□日なんてこの世にはない。
本当に本当に、終わりなのだ。


人気ブログランキング

届かないからいいのかもしれない 

May 09 [Tue], 2017, 11:21
今日は友人のお誕生日だ。
今、短いけどおめでとうとラインを送った。

友人は、結婚もしているし、今は中国に赴任している。
数年は帰ってこない。
場所が中国ということで、ラインやメールは使えない。
個人の自由がない国なのだ(苦笑
だから私がいくらおめでとうと誕生日当日に送っても、彼はそれを見ることはできない。
全くの無駄、だ。

でもね、それがいいと思っているの。
彼には届かない読むことができない、だから私は彼の反応を気にすることなく、自分の思うように言葉を投げる事ができる。
まるでこの世には存在していない人のような気で、投げかける。
そういう存在でいてくれた方が、疲れなくていい。

お誕生日おめでとう!


人気ブログランキング

私を作る根幹の問題 

May 08 [Mon], 2017, 9:50
GW最終日の昨日、下の子を送っていく前に上の子のアパートに行くことにした。
社長(夫)の運転する車で行き、家族4人でお昼を食べていろいろと近況を話し合った。
そこまでは、良かった。
上の子の部屋を掃除するために私1人アパートに残り、3人には買い物に行ってもらった。
3時間くらいで戻ってきて、その後は下の子の住む街まで車で移動し、そっちでお夕飯を3人で食べて、下の子を下して帰路についた時に社長から上の子と大喧嘩をしたという話を聞いた。

社長と上の子はとにかくぶつかる。
私が一緒の時ならなにかしらフォローができることもあるけれど、私がいないところでだとそうもいかない。
正直な話、上の子は父親を嫌っている。
それは今までずーっと力で押さえつけられていた事、父親が社会的に非常識な態度をとることを見てきた事、そういう諸々からくるものだ。
普段は離れて暮らしているし、大学が休みになっても、ほとんど帰ってこない。
長期休みに1〜2日帰ってきた時は、それほど接する時間もないのでぶつかるようなことはないが、今回のような事もある。

社長は落ち込んでいた。
自分の事を尊敬していない、馬鹿にしている部分があると。
私は黙っていた。
それは確かにそうなのだ。
私は上の子が浪人していた時にはっきりとそう言われたから。
すごくショックだったし、でも納得する部分もあった。
もう単純に自分の親を尊敬するべきだとは言えない年齢になってしまっている。
上の子が今まで成長してきた中で、見て感じてきたことだ。

それでも若い時の拒絶反応みたいなもので、少しずつ大人になったら分かってくれるものだと思ってはいる。
でも、まだまだだったのだ。
それを知って、私はまた気が重くなった。
まだまだ私の根幹の部分は不安定で問題のある世界なんだ。
普段は見ないようにしていても、問題が解決するのには、まだ時間がかかる。


人気ブログランキング
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:杏(あん)
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像杏(あん)
» これにて終了 (2017年05月13日)
アイコン画像虚無爺
» これにて終了 (2017年05月13日)
アイコン画像杏(あん)
» 彼は覚えているだろうか? (2017年04月20日)
アイコン画像ムーさん
» 彼は覚えているだろうか? (2017年04月20日)
アイコン画像杏(あん)
» 彼は覚えているだろうか? (2017年04月20日)
アイコン画像ムーさん
» 彼は覚えているだろうか? (2017年04月19日)
アイコン画像杏(あん)
» この年齢での恋愛 (2017年02月18日)
アイコン画像FRAGILE
» この年齢での恋愛 (2017年02月18日)
ヤプミー!一覧
読者になる