両角が有(ゆう)

September 10 [Sat], 2016, 22:47
プロバイダは無数にあり、選ぶ方法も人それぞれです。でも、特典として現金還元があったり、2,3か月の無料期間がついたり、毎月の費用がとにかく安いところにすぐ決定するのはおススメしません。ネット回線を使用する目的は考慮する必要がありますが、通信スピードやトラブルの少なさなどを重要視する方が後々の満足感につながるでしょう。



フレッツwi-fiが繋がらないケースは、一回すべての機器の電源を消してはじめから接続をやり直してみると良いかもしれません。それをしても接続が実現できない場合には、設定をもういちど見直してみます。
カスタマーサービスに質問すれば分かりやすく教えてくれますが、あまり繋がらないのがネックです。
プロバイダの料金が今より安くなるといわれて、今のプロバイダを契約したのですが、間違えたと思っています。

確かに、料金の面ではかなりお買い得でした。
でも、ネットにつながらなくなるっことが頻繁に起こったり、回線速度が落ちてしまったりで、前のプロバイダの方が断然ストレスがなかったのです。よく考えずにプロバイダ変更してしまったと、悔やむ気持ちです。

フレッツの通信速度が遅くなる原因として、最初に思い浮かぶのは、一時的にネットワークが混んでいたり、つなぎたいサイトへのアクセスが多々あったりといえます。
その理由で、ちょっとの間だけ遅いだけなら、しばらく間をあければ改善することかもしれません。私の住んでいる地域は、すれすれでwimaxのエリア外です。

wimax室外でも使えるし、動画をうつすのにも余裕で満足できる速度なので、可能であれば使用したいのです。



家を変わる予定はないため、一日も早く、エリアが広がってくれることを強く希望しています。wimaxにはいろいろなタイプのブロバイダがあり、その中には初期費用の完全無料のもの、そのうえ端末代金が完全に無料のプロバイダが複数存在します。回線にもプロバイダによる速度差がないので、出費をできるだけ抑えたい方はできるだけリーズナブルなプロバイダを選択すると希望が叶うかもしれません。

次回のネット環境として、ワイモバイルを候補としています。

どうせなら手ごろな方がいいので、どんなキャンペーンをしているのか確認してみました。大まかに目を通したところ、他社から乗り換えることによりキャッシュバックというものが存在しました。


適用の条件などを調べて、慎重に考えたいと思います。


お使いのノートPCやタブレットをインターネット環境に接続するためのWi-Fiルーターとしてスマートフォンを利用することをテザリングと呼びます。ヤフーのモバイルであるワイモバイルでは、ソフトバンクと同しようにただでテザリングオプションを使うことができます。



ただし、使用する時にはデータ通信量の月間契約値を超えることのないように注意することが必須です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:メイ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tu9ylaorwhr9go/index1_0.rdf