Boobie Trapの無敵のドラマーtu-jiの日記

2009年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tu-ji-trap
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
遠く離れたあなたへ手紙を / 2009年06月01日(月)
平成17年5月25日

最愛の母を亡くしてもう4年になります。

俺なんてまだチンチクリンの22歳でした。

高校卒業して、就職しないで音楽やるなら、家を出て自分でやれ!!

というのが、母の教えでしたが、

思いっきり実家で親のすねかじってました。

音楽をはじめた時、親父には食っていけないぞ!!

と、反対されましたが

応援してくれたのも母でした。

母は絶対俺をほめてはくれませんでした。

17歳で初めてstation lunchっちゅうバンドでCDを出してからboobie trap結成までの間、CDを出すたび出すたび真っ先に聞かせましたが、「本当下手くそねー」と、いちゃもんのオンパレード。

もう絶対聞かせねーとか思いながら出したら聞かせちゃう俺。

作りたては無駄に自身があるんですわー

でも、今聞くと、

「ん??なんか臭いぞ??なんの匂いだ??」

鏡をみると・・・

「うぅーゎ!!耳腐ってるし!!」

っと耳が腐る程です。

まぁそんなかあちゃんですが、なぜか家でドラムを練習してる時は下手くそだなんだと、いちゃもんつけてくる事はありませんでした。

練習パットがポコポコうるさすぎて隣の家の人が壁をドンドンしてくることはあっても、かあちゃんは黙って俺のドラムに耳を傾けていました。

しかし、かあちゃんがどうしても我慢ならなかったことを俺は始めちゃいました。

それは歌うことです。

当時、スーパー音痴星人な俺が(今でもか?あぁ??)家で練習しだしたのです。

学生時代、恥ずかしいしつまらないという理由からカラオケの誘いは余裕で断り、歌うことにまったく興味がなかったのですが、station lunchで尾本氏に歌うことを強要され、がむしゃらに歌っているうちに恥ずかしさもなくなり楽しくなりました。

こりゃやるしかねーべよ!!と、家で練習を始めると数秒後に部屋の扉が開き母が一言。

「音痴すぎてキツいんですけど。」

ガーン!!!

俺よ、負けるな。

と懲りずに歌うものの、歌うたび歌うたび「あんた音痴だし声でてないわよ。」と、いちゃもん再開。

これは耐えられん。

と結局夜の公園が俺の練習場所に。

そうこうしているとある日、母にガンが発覚。

もともと家にはお金がないに加え、すねかじりボーズを思ってか、入院はせずパートをしながら通院してました。

ガンになったとはいえ、普通に家にいて、いつもと変わらないかあちゃんをみて、何も心配してませんでした。

何年か通院してたのですが、ある日

「入院しなくちゃいけなくなっちゃった。あんた達私居なくても大丈夫?」

と言われました。

「何何??大丈夫なん??」

と聞きましたが大丈夫の一点張りなので俺も大丈夫だよといいました。

かあちゃんの入院生活が始まったので、ちょくちょく仕事帰りなどにお見舞いに行きましたが、

「やる事ないし大丈夫だから帰りなさい。」

と言われ、いつも15分と滞在しませんでした。

まぁ大丈夫だろーと日にちを空け、久々に病院に行くとかあちゃんが別人のようになってました。

点滴のみの生活で体は痩せ細り、強気な事しか言わないかぁちゃんが弱音を吐きまくる。

ありえないくらい大きくなり、ガンで膨れ上がったお腹を見せてかぁちゃんは言いました。

「これが痛くて痛くてつらいの。周りの患者はうるさいし、毎日毎日天井しか見てないのよ。
ツトム。早く私を殺して。」

俺は頭が真っ白になり言葉も出なかったけど、なんとか振り絞り、笑顔で「そんな事言うなよ」と一言だけ言いました。

何分か無言が続き、「そろそろ帰るね」と言い残し、病院の外へ出た瞬間、泥のように泣き崩れました。

かぁちゃんの弱音を聞いた事がなかったためのショックと、死にたいほどつらい思いをしているのに、何も出来ない自分に対して、泣くことしか出来ませんでした。

心の底からかぁちゃんと体を入れ替えてくれと神様にお願いしました。

それからかぁちゃんは喋る体力もなくなるほど衰弱し、お見舞いに行ってもひたすら氷をなめてる母を見て、ベットの前で涙を堪えるだけ。

俺は何も出来ないまま医師から余命を宣告され、実は入院の時点で手遅れであることを知りました。

もう神頼みしか出来ない状態で、いつもどうりお見舞いに行きました。

すると、放心状態のかぁちゃんが何かモゴモゴ言っています。

「なになに?どうしたん?もう一回言って。」

と聞きなおすとかぁちゃんは言いました。

「もういっかい、あなたのうたが、ききたかった」

かぁちゃんの前では、涙をこらえてたけど、もう涙がボロボロ。

かぁちゃんが喋ったこと、そして何より俺の歌を聴きたいと言ってくれたことが、嬉しくてその場で熱唱したくて堪らなかったがここは病院。

変に冷静になり、

「病気がよくなったらね。」

と、言ってしまいました。

それから数日後、余命より数ヶ月早く、母は亡くなりました。

今でもあの時歌わなかった事をむちゃくちゃ後悔しています。

かぁちゃんが居なくなってから、家を出て自分の力で、色んな人に支えられながら仕事と音楽をやっています。

一人の人間として生きていく事が、こんなにお金がかかって大変な事なんだなーと痛感しています。

かぁちゃんが自分の命と引き換えに、人生の厳しさ。楽しさみたいな色んな事を今でも教えてくれているような気がします。

俺の音楽がそっちまで届きますように。

















 
   
Posted at 20:04/ この記事のURL
コメント(13)
ツージ落下 / 2009年04月21日(火)
はい、みなさん。

この不景気どうお過ごしですか?

不景気だろうと、バブルだろうと、このブログの更新率だけはなんとしてもこのペースを維持しますので、ご安心下さい。

今回はゴンズイに刺されたぶりの痛い痛いシリーズです。

が、

今回は、結構笑えないくらいヒヤりとしたので、その心境を語りたいと思います。

僕の仕事は鳶職人(足場を組み立てる人)なので、高所作業は日常茶飯事です。

オチから言ってしまうと、昨日足場組み立て中に落ちちゃいました。

まさにオチです。

8年以上やってて初めてです。

土日のライブの疲れと寝不足を残しての仕事、

かったるいな~と思いつつも、ライブと仕事のローテーションを何年もやってきたから、スーパーいつもどうりだし、慣れもあってか

ハイパー油断してました。

アイパーにしてみました。

一段目を組み、二段目(約2メートル)にあがり、三段目を組んでる時に、うまく階段が設置できず、「おらぁ〜!!」と力任せに踏ん張ったら、足元の板がズルっとパイプから外れ「ひゅ〜〜〜」

下の段の階段に肘を

ドーーーン!!

地面に体を

ドーーーン!!

痛て〜

スーパー痛て〜

ハイパー痛て〜

アイパーにして〜

とりあえず肘がくっそ痛くて例えるなら

幕ノ内一歩のパンチを肘で受け止め続けて、肘が曲がらなくなった間柴了みたいなもんですわ。

いや〜

焦った焦った。

まーでも5,6段(約10メートル)まで上がってたら完全にアウトだったから良かったかな。

たまに現場で死亡事故が起きるけど、こうやって簡単に人って死んじゃうんだな〜と命の尊さみたいなもんを感じたような気がしました。

そして最後に

アイパーにはしませんのでご注意を。

 
   
Posted at 19:16/ この記事のURL
コメント(9)
ツアーファイナル / 2008年12月18日(木)
12月26日(FRI)
at 横須賀かぼちゃ屋
"Rock'n roll Love Letter tour Final(?)"

LIVE CLEAN STAY YOUNG
EMPTY
BOSSFIST

OPEN 18:00 / START 18:30
ADV \1,500
DOOR \2,000
※カレーの出店アリ(限定?食)

???

カレー?

なんじゃそりゃ??

初耳トラップ!!

メンバーの俺がトラップにかかったんだからみなさんも罠にハマリに来ましょう。

ってことで、メール予約お待ちしております。

因みに俺は、生まれてこのかたメール予約ってやつを一回もしたことがありません。

だから、やり方とかさっぱりわかりませ〜ん。

ITなみなさんの実力を今こそ発揮する時が来たのです!!!
 
   
Posted at 18:04/ この記事のURL
コメント(3)
目覚まし時計 / 2008年12月09日(火)
先日、ブービーカリスマボーカリスト尾本氏と飲みに行きました。

いつもどうり、地元の養老でも行こうかと思ったのですが、「不味くてもいいから何としても焼き鳥を食いたい」と尾本氏の意向があったため、冴えない焼き鳥屋へ行きました。

しかし、美味くない焼き鳥はあっても、不味い焼き鳥はなかなかないので、普通に満喫しました。

うちらが二人で飲むと、ほぼ100%二次会はうちになります。

そして、ほぼ100%泊まる流れになります。

そして、ほぼ100%うちらの昔のバンドステーションランチのビデオを見て浸る感じになります。

そして、ほぼ100%次の日仕事を遅刻します。

もう26歳という立派な大人だし、山本工業の代表という肩書きもあるため、遅刻だけは何としてもまずいわけです。

焼き鳥が美味いか不味いかなんてどうでもいいくらいまずいのです。

しかし、次の日僕は六時半起きでしたが、そこはうちら。

4時まで飲んじゃいました。

これはリアルまずいぞ。

ん?

リアルまずい?

リアルあずい?

リアルふぁ〜ずい?

リアルポンキッキ??

そうか!!

リアルポンキッキだ!!

このポンキってる状況をなんとかしないといけないので、さっさとベット直行。

すると尾本氏が「俺、八時起きだから、ツージが目覚まし時計で起きた後、八時にセットしてから仕事へ行ってよ」っと。

「OK」っと一秒で夢の中へ旅立つツージ。

そして、なぜだかふと起きるツージ。

目を擦りながら携帯を見ると7時半。

あれぇぇぇ?????

これ完全にポンキっちゃってんじゃね???

やっべー!!

急げ急げー!!

っと1.5秒で支度終了。

「くっそー。何で目覚まし時計鳴らなかったんだよ〜。まーいいや。早く八時にセットして仕事行こっと。」

っとセットしようと思ったのですが、時計がありません。

ん?

なんで時計ないの?

やばいやばい!!早くセットして仕事行きたいのにー!!

っと尾本氏の寝てる部屋をのぞいて見ると、

あったぁーーーーー!!!

尾本氏の枕の脇にぃーーーー!!!

なんでなんで???

この時計って足がついてるタイプの時計だったっけ???

ったくなにがなんだかサッパリわかんないけど、このポジションで寝るなら目覚まし時計の置き場所はここしかないでしょ

ってくらいバッチリ場所に置いてあるので、犯人は間違いなく尾本翔!!

とにかく状況は最悪なので、アイルトンセナに匹敵するドライビングテクニックでなんとか遅刻を数分という最小限に食い止めました。









 
   
Posted at 15:36/ この記事のURL
コメント(4)
緊急患者ツージ / 2008年09月08日(月)
週末、夜釣りに行ってまいりました。

俺の現場の人間は、やたら釣り好きが多く、とりあえず流されてたまにやってます。

釣り道具は、全部もらいものです。

のんびりした空気が味わえるので、なんだかんだはまってます。

釣れても釣れなくても、あの空気を味わえればOkでしょ。

ってゆう考えが甘かったと、思う事がおきました。

魚の知識がほぼゼロの俺は、釣れた魚を食うか食わないかは、置いといて、まず針から外してバケツに入れます。

この日も、まず20センチくらいのメバル?みたいなやつを釣り調子に乗ってると、またもや20センチくらいのナマズ?みたいなやつを釣る。

そのナマズみたいなやつを当たり前のように、掴もうとすると、

チクッ!!!

痛って!!

っと思い指を見ると、さされて血が出てるじゃないっすか。

仕事柄、擦り傷、火傷、打ち身、打撲などの怪我には慣れているので、ほっときゃ治るだろう。

と、指の付け根をおさえて待機。

ところがどうしたもんか、針にさされただけなのにものすごい激痛。

しかも、一向によくなる気配がない。

これは絶対おかしい。

隣にいた釣り人に変な魚に刺されたので、ちょっと見てくださいとお願いすると、釣り人は慌てた顔で「ゴンズイじゃねーよな!!とりあえず魚みせろ!!」

血をダラダラたらしながらも案内して、魚を見た釣り人は唖然。

「うわぁーゴンズイだよ。すごい毒持ってるから即効医者行ってこい!!医者行っても24時間激痛は止まらないけどね。」

親指を刺されたのに、すでに手のひら全体にものすごい激痛。

これはやばいぞ。

即効車に乗り込み鬼バック。

「ガリガリガリ」

オーノウ!!

焦りまくりまくりまくって擦っちまったぜ!!

最悪だーと思いながら病院へ到着。

この時すでに激痛は右腕全体に達していました。

夜間だったため専門医がいないですけど、いる先生に見てもらいましょうと看護士さん。

ちょっと不安になる俺。

診察室に入るとどうやら先生が連絡を受けた時点で色々調べてたらしく、ゴンズイについての資料を見せる。

それを見てあらビックリ!!

どんだけの資料かと思いきや、子供が見るようなお魚大辞典の切り抜きみたいな紙切れが一枚。

俺「あのー・・・。」

先生「今まであまり前例がないので、ここに書いてあるように治療します。」

俺「えーーーーー!!」

大丈夫かよ〜お魚大辞典大丈夫かよ〜。

先生「はい、ここに寝てください。」

先生「・・・。」

先生「メス」

俺「えーーーーー!!」

メスとか書いてなかったじゃんか〜患者に対する説明が不十分すぎて不安すぎる心境を表に出さずにはいられないよ〜。

ハァ〜

なんとかオペ? が無事? 終了しましたが治るわけも無く、指はパンパンになり、痛すぎて寝れるわけも無く、一晩中激痛と戦ってました。









 
   
Posted at 17:16/ この記事のURL
レコーディング / 2008年09月03日(水)
昨夜から朝にかけてレコーディングしてきました。

ポールは職場から近いということで現地集合。

とりあえずおもちゃんと地元の駅で待ち合わせ。

俺はコンビニへ行きたかったので、「コンビニにいます」とメールをする。

おもちゃんは、「京急ストアにいます」と俺にメールをしたかったらしいが、まちがえてブログに載せる。

エンジニアの麻生さんを途中で拾って、現地へ到着。

ポールがまだ来てなかったので、2人で機材搬入をする。

駐車場へとめにいくか、と2人で車へもどる。

突然、「ツージ、屁こいていい?」と尾本。

「いいよ」と俺。

するとなぜか車に乗ってから屁をする尾本。

「乗る前にしとけよ!!」と俺。

「うん。」と尾本。

そんな流れでレコーディング開始。

ドラムアレンジ全然決まってなかったので、セッティングの最中に、さり気なく疲れちゃうほど叩いて、無理やり形にする。

録り始めるが、みんな特に何も言わないので、OKかNGかは俺の独断と偏見でさっさと4曲取り終わる。

そして、ベース録りがはじまる。

俺は一曲も聴かずに寝る。

何時間かして「ツージ帰るよ」

とポールに起こされる。

俺「どこまでいった?」

と、聞くと

ポール「ベース一曲も録れてないよ」

俺「えーーーー!!  ま、いっか。」

と、撤収。

帰りの道中、そうとう疲れたらしく

尾本「ハァー、くっそ眠みー。目つぶったら三分で寝れるよ。」

と、くっそ眠いことをアピールしたかったらしいが、三分はかかりすぎなので、冷静に

「三分って結構かかってんじゃねーか。ここは多少大げさでも、三秒とか、秒で言えよ。」

とアドバイス。

腹が減ったので飯でも食うか、とラーメン屋へ行き、3人並んで待ってると、尾本が指先を見せてきた。

「まめ出来ちゃった。」

何年もベースやってるはずなのに、なんで今更まめを作ってんだよ。

と、注意すると横から

「俺も俺も。最近練習してるかまめ出来ちゃった。」とポール。

「・・・。」

「お前らには負けたよ」

と、思い、さすがにスティックまめはもう出来ないので仕事で作ったまめを披露。

3人でまめを見せ合い、ラーメン食ってそのまま帰宅。


 
   
Posted at 09:14/ この記事のURL
コメント(5)
失礼なレモン / 2008年09月01日(月)
本日、いつもどうり仕事を終えて帰宅し、作業服を脱ぎ、風呂を沸かし、パンツ一丁で「はぁ〜疲れた〜」と言いながらゴロゴロ風呂が沸くのを待っていると、

「ミャ〜」

と、レモン登場。

お父さんチェアーこと愛用の座椅子でくつろぐ俺。

明らかに寝起きでしょ、って顔をしながらノシノシと寄ってくるレモン。

とりあえずシカトする俺。

なにを思ったか俺の股間の匂いを嗅ぐレモン。

俺「・・・。」

レモン「クンクン、クンクン。」

俺「・・・。」

レモン「クンクン、クン・・・。」
     
    「ゲホゲホ。」

    「オエー!!」

    「ミャー」 

    スタスタスタ

俺「コラァー!!」



      
 
   
Posted at 17:35/ この記事のURL
コメント(5)
ハイキングウォーキング / 2008年08月26日(火)
ハイキングウォーキングのコーラ一気飲みするほうが、尾本翔に見えるのは僕だけでしょうか?
 
   
Posted at 21:04/ この記事のURL
コメント(6)
ガタンゴトンビトン / 2008年08月24日(日)
気まぐれにきました。



こんにちは。

ジョイマンです。

即効飽きる気しかしないけど、今猛烈にジョイマンにロックしてます。

最近一番聞いてる音楽は何ですか?

っと何気に滅多に聞かれない質問を万が一されたらこう答えます。

「脱力系ラップ、ジョイマンです。」と

ジョイマンのラップは奥が深いんです。

例えば

「クリントン20トン」

クリントンの体重はなんて知らないから、きっと20トンくらいあるんでしょう。

「掛け布団50トン」

50トンの掛け布団を使ってるのでしょう。

「副収入母乳」

芸人としての収入だけじゃ苦しいんでしょう。

「普段着エリンギ」

服も買えないほどなんでしょう。

「奥さん力道山」

完全に男としての理性を失っちゃたのでしょう。


このように、こんなにロックしてる人間が他にいるでしょうか。

いません。

絶対にいません。

いませ・・・



ポール以外いません。


ってオイ!!



あーーーーー!!!!!

なぜなんだぁーー!!

滅多に書かないブログなのに、ブログを更新するときのみやたらポールがチラつきやがるぜ。

チラついてんじゃねー!!



 
   
Posted at 17:40/ この記事のURL
コメント(6)
ライブ告知 / 2008年07月11日(金)
横須賀のツネ(ハイスタ)ことツージひきいるブービー企画(あたくしブッキンブしたことありませ〜ん)

7/23(WED)横須賀カボチャ屋

Boobie Trap PRESENTS

「Starting your engine!!vol.1」

Boobie Trap/SNATCH/S.M.N/FOUR GET ME A NOTS/BOSSFIST/NUBO

MAIL予約
http://boobie-trap.net/

17:30/18:00
前売り1500YEN
当日1800YEN



横須賀のyoshiki(xjapan)ことツージひきいるトライバルヘッドのライブ(思いっきりカボチャ屋ブッキング)

7/13(SUN) 横須賀カボチャ屋

METAL VOL.6

Nether Under Euphoria/SANGUINARY/HONDA-S/WET THE BED/TRIBAL HEAD

17:30/18:00

当日前売り1000YEN


お待ちしておりま〜す!!


 
   
Posted at 20:50/ この記事のURL
コメント(2)
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.