小野寺だけどジョロウグモ

February 05 [Fri], 2016, 15:18
これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費が気になるのは当然です。この治療の費用は地域や、歯科医によって大きく異なります。この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。大まかな相場はありますので、心配しないでください。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。
インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが一般的な説です。ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期にわたって維持できますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすく身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といったいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的な治療がスタートするので安心して治療を受けることができます。それから、治療後には、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけばより快適に、長期間使えるようになるのです。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第で相当な差があると考えるべきでしょう。この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だということを理解してください。手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが治療の成否に関わる問題です。院内感染防止の対策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、真っ先に見ておきたいところです。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れなしで長持ちすると思ったら大間違いです。インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。残存している歯と同様に歯科医や衛生士の指導に従って、まずは口腔内をきれいに保ってください。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。
これはインプラント治療が最適、とされるのは周辺の歯に関係なく治療したいという患者の希望がある場合です。ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯のみに働きかける治療と言えます。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、やはりインプラント適用が一番でしょう。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずありません。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにかなり自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Soma
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ttwhnebhrioreo/index1_0.rdf