小沼ようすけと忍

December 29 [Thu], 2016, 8:58

知らないわけにはいかない、ペイオフって何?予測できなかった金融機関の経営破綻による業務停止の状態の際に、金融危機に対応するための法律、預金保険法の規定によって保護可能な個人や法人等、預金者の預金債権(預金保険法の用語)について、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度なのだ。

ご存じのとおり、第二種金融商品取引業者(第一種業者とは取り扱い内容が異なる)がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を作り、それを適正運営するには、シャレにならないほど大量の「やるべきこと」、逆に「やってはいけないこと」が事細かに定められているわけです。

の"東京証券取引所(兜町2番1号

要は「金融仲介機能」や「信用創造機能」そして「決済機能」以上、重要な機能のことを銀行の3大機能と言うのである。この機能は「預金」「融資」「為替」といった業務加えてその銀行の信用によってはじめて実現されているのです。

MMF(マネー・マネジメント・ファンド)(エフエックス):公社債、短期金融資産で運用し利益を得る投資信託のことを言います。気が付きにくいが取得後30日未満で解約する場合、なんと手数料に罰金が課せられるのです。



ゆうちょ銀行(JPバンク)が取り扱っているサービスのほとんどは郵便貯金に関して規程している郵便貯金法に基づく「郵便貯金」は適用せず、銀行に関して規定する法律である銀行法(1981年年6月1日法律第59号)による「預貯金」に準拠するサービスである。

よく聞くコトバ、バブル(泡)経済というのは市場価格の動きが大きい資産(例えば不動産や株式など)が取引される金額が度を過ぎた投機により実際の経済成長を超過してもなお高騰し続け、最後は投機による下支えができなくなるまでの経済状態を指すのである。

こうして我が国の金融市場等での競争力を高めることを目的とした規制緩和だけではなく、金融制度のますますの質的向上を目指す試み等を促進する等、市場環境に加えて規制環境に関する整備が推進されているわけです。

株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行によって取り扱われているサービスの多くは2007年に廃止された郵便貯金法の規定に基づく「郵便貯金」としては取り扱わない。民営化後は銀行法の規定に基づく「預貯金」が適用されるサービスなのです。

【解説】FX:これは外国の通貨を売買することで補償金の何倍もの利益を出す取引ですFXは外貨預金や外貨MMFにくらべると利回りが良く、さらに為替コストも安いのが魅力である。はじめたい人は証券会社やFX会社で相談を。



いわゆる金融機関の能力格付けについて。信用格付機関が金融機関、国債・社債などの発行元などに関する、債務の支払能力などの信用力を一定の基準に基づいて公平・中立的に評価するという仕組み。

いわゆる金融機関の(信用)格付けは、信用格付機関(ムーディーズなどが有名)が金融機関や国債を発行している政府や、社債を発行している企業の信用力(債務の支払能力など)を基準・数字を用いて評価するのだ。

Y2Kともいわれた平成12年7月、当時の大蔵省より重要業務である金融制度の企画立案事務も移管し平成10年に誕生した金融監督庁を金融再生委員会の管理下にある金融庁に再編。21世紀となった2001年1月、ここに金融再生委員会を廃止し、現在の内閣府直属の外局となった。

15年近く昔の西暦1998年12月、当時の総理府の内部部局ではなく外局として委員長は国務大臣と定められた新しい組織、金融再生委員会を設置し、官僚を長とする金融監督庁は平成13年1月に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管轄下に2年以上も置かれていたのです。

覚えておこう、保険とは、予想外の事故が原因で生じた主に金銭的な損失を最小限にするために、制度に参加したい複数の者がそれぞれの保険料を掛け金として納め、積み立てた資金によって予測不可能な事故が発生した者に掛け金に応じた保険金を給付する制度なのです。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kotarou
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ttwelxheknesei/index1_0.rdf