八島順一が坂本

February 12 [Fri], 2016, 12:46
看護師は大変な仕事というイメージがすっかり定着していますが、看護師をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。


でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。
そういう看護師の仕事を続けていると、それなりに医療についても学んできて、詳しくもなりますから、他人の状態がどうか、ということのみならず、自分の心身の健康についても異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。


病院では普通、看護師が注射や採血を行います。注射や採血を好む人はそうそう多くいるとは思えませんが、注射の必要があるのならば、ベテラン看護師に処置して欲しいと思うのも当然でしょう。
ですが、痛みを感じるかは看護師の腕によるところもあって、上手に刺してくれる人もいれば、まだ慣れていない看護師に処置されて痛い思いをすることもよくあります。
たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。お医者さんがしていたことを看護師の方が行うようになり、仕事内容が多様化しています。注射や点滴、カルテの整理、記録、多く発生する急患の対応に追われて休みにくく、帰宅できない日も増えているそうです。


結婚し、子供を産んだ人にとっては、家事や育児に、仕事は負担がかかります。ますます仕事を辞める者が増えてしまい、看護師不足は改善されません。看護師が転職を考える際、働きながら次の仕事先を探したいこともあるはずです。



そういった時、働きながら自身で次の職場を見つけるとなると、時間がなくて落ち着いてゆっくりと情報を調べることができないというようなことが出てくるでしょう。
看護師転職サイトを利用すれば、希望条件と見合った職場をみつけられますから、利用価値があります。看護師というものは働く時間が規則的でないことや労働環境の大変さによって他の仕事に移る人も結構いるということですが、「看護師資格を持っています」という事実は、意外にそれ以外の職場にとっても活用できるというのもよくある話です。例を挙げると、人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、もしも未経験でも、保育に関係する仕事やリラクゼーションサロンのようなところへの就職は容易に可能でしょう。


働く看護師の休日に関してですが、働いている職場で各自違うようです。
特に、3交代の勤務体系で行われていると、シフトを組んで働きますので、休日勤務や平日休みになることが当たり前にあります。

大変そうに思われるかもしれませんが、逆に言うと職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、人によっては都合の良い働き方と言えるのではないでしょうか。


一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべますが、その病院といっても複数の科を持っている総合病院から、地域の町医者まで規模は様々です。
病院に限らず、保育園や介護施設といった場所も看護師の勤務先です。
一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、当然ながら、看護師の場合も同じでしょう。



総合病院で勤める看護師と町の診療所の診療所では収入に差が出てしまいます。


ですので、一口に看護師といっても、平均年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。

このまま高齢者の増加が進み、福祉の現場での看護師の重要性は増大しているのです。
ましてや大きな企業になるとなんと医務室に看護師さんをおいていて、健康面やストレスチェックなどのケアをしているそうです。このような事象では、その会社に入社することもあるかもしれないでしょう。少し前までは、疑う余地もなく、看護師をするのは女性という感じだったと思いますが、ここ数年の間にだんだん男性が看護師になる割合も高まっています。


看護職においては、患者の移動の際やお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、女性より筋力のある男性看護師の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。

給料は女性と差はありませんが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、それだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。一言で看護師といっても、現場で熱心に働きたいのか、介護がらみの職につきたいのか、あるいは、専門知識が役立つ事務的な職務につきたいのか、色々あるでしょう。

でなければ、大きな病院で仕事したいのか、あるいは、小さな個人病院に勤務したいのか、勤務先の人数、勤務する時間に要求があるのかもポイントです。


長期間、看護師として働く場合、比較的楽であろうといわれているのが、外来勤務によるものです。

もちろん、人の命を預かるという責任は同じですけども、夜勤に出る必要がない、休日がとりやすいなどといった理由で外来勤務を希望する方も増加傾向にあります。
看護師は挑戦しがいのある仕事だそうです。

現在はどんな仕事でも一対一で人とかかわることが多いとはいえません。

対して、看護師は他人と深く交わることができ、支えることができるという点において手ごたえを感じる方が少なくないのかもしれません。小さい頃から看護師として働きたいと思っていましたが、色々と事情があって就職し、会社員として働くことになりました。
ですが、やはり看護師になりたいという夢を諦められなかったです。資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するという事も出来ますが、どうせなら、しっかりと資格を取って働きたいと思っていたら、看護助手として勤務しながら資格を取ることが出来る事を知りました。
この方法で看護師の夢を叶えたいです。
看護師が転職を成功するためには、これから先のことを考えて早い時期に行動することが必要です。



あわせて、何に重きをおくのかを道筋をつけておいた方がいいでしょう。近い未来どうなりたいのかをハッキリとして、その将来の展望に合った転職先の情報を少しでもかき集めておいてください。年収、職場環境、勤務形態など、自分にとって譲歩できない強権も念頭に置いておきましょう。



医療従事者という意味では、看護師には煙草を嗜む人があまり居ないというイメージですが、いかにもその通りで、喫煙率は平均より少ないようですね。


医療施設で働く職業上、煙草を吸って、服や体に臭いがつかないように、注意している人が多いと想像できますね。どんな職業でも、その現場にしか通じない言葉があります。

任務をスムーズにこなすためなどの理由でいろいろな業界用語が使われています。
同様に、看護の職に就いている人でも業界特有の言葉が利用されています。


一例として、心マは心臓に刺激を与える、ギネというのは婦人科、乳の癌はマンマ、入院はアドミッションとか、多くの業界用語を使用して業務を進めています。看護師の不足は社会生活に支障をきたすほどの問題になっています。原因は様々ですが、その一つとして看護師の仕事が過酷だということが挙げられます。

看護師が医師の指示がなくとも一部の医療行為をできるようになったため仕事が増加する一方になり、労働時間が長くなり、休みも簡単には取れません。

交代制の勤務が大半なため、出産後に夜勤で働くことができずに、職を辞する人も多いのです。



実際、看護師専用の転職サイトには、支援金をもらえるサイトが存在します。


転職をしてお金を受け取ることができるのは嬉しくなりますよね。


ですが、支援金を出してもらうための条件を満たす必要があることがほとんどですから、申し込む前にチェックをしっかりとしておくようにするのが良いでしょう。それに、支援金がもらえないサイトの方がその他のサポートが良いこともあります。女の子が憧れることが多い看護師になるためには、主に二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。二つの違いは、学ぶ内容にはあらわれてはいませんが違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。そして、専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習に多くの時間を割き、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。



看護師と介護士の業務で、一番違うことは、看護師は、お医者様の指示を受けて医療的な行為が可能だということです。


注射、点滴、投薬などは、看護師にしか行えません。
大変ですし、ストレスも多い仕事ですが、胸を張ってこの仕事しかないと考えている看護師もたくさんいるのは、強い責任感、使命感があるからともいえるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ayumu
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ttval5taesfymi/index1_0.rdf