化粧水で肌の潤い対策

October 31 [Wed], 2012, 10:21
肌の潤いを保つために何よりも重要になってくるのが、水分量です。
そして、肌に水分を与える方法として活用出来るのが、化粧水です。
化粧水は、女の人であれば誰でも使った事があるのであるね。
油分を落とす効果が強い洗顔料を使った場合、洗顔後は顔がつっぱりますが、化粧水を付ける事により、つっぱりを解消することができます。
水分が失われた肌というのは、硬くて美容成分などの有効成分が浸透しづらい状態になっています。
そこに化粧水を与えてあげると、硬かった皮膚が柔らかくなり、有効成分が奥まで届く状態になるのです。
顔を触ってみて皮膚が硬いと感じる場合、水分量が不足している可能性が低くないと言えるでしょう。
潤いを補給するために、正しい化粧水の付け方をマスターしておきましょう。
まずは手を温めますが、お風呂上りであれば体が温まっている事により、手を温める必要はないでしょう。
化粧品に書かれている一回分の量を手のひらに取り、手のひら全身体に広げます。
次に、化粧水を広げた手のひらを顔に押し付けるようにして、染み込ませていきます。
指先で付けるのではなく、手のひら全身体を利用して付けるのがポイントです。
潤いが足りないと感じる場合、何度かに分けて付けると効き目標です。
まずは頬やおでこ、顎などの広い部分に付けて、2回目はまぶたや小鼻など、細かい部分にも化粧水を浸透させるようにしましょう。
肌が潤い、手に吸い付くようになれば、水分を与えることができたと判断出来ます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:つんつん152
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tttsdsr23423/index1_0.rdf