更年期障害について 

March 24 [Tue], 2009, 11:43
更年期障害は、ほぼ半数の女性に現れるといわれています。のぼせや発汗などの症状はちょっとしたきっかけで起こり、数日間つづき、1〜2カ月休んでまた起こります。しかし、間隔はしだいに長くなり、発作の期間はだんだん短くなるのが普通です。

閉経期から老年期に入ってホルモンが安定し、また間脳にある自律神経の中枢や、心理面でも安定することにより、通常は数年で更年期障害は消失していきます。このように、更年期障害は45歳ころから始まり55〜56歳ころまでの間に現れる不定愁訴を主とした諸症状を指します。

更年期障害が性機能の低下により起こることから、治療は卵胞ホルモンの補充が主となります。特に発汗、ほてり、顔面紅潮などの血管運動神経系の障害や、性器出血や性交障害などの内分泌器系障害に対しては、ホルモン補充療法(HRT)がよく効きます。

HRTにはいろいろな方法がありますが、子宮がある方の場合には子宮体がん発症予防のため卵胞ホルモンと黄体ホルモンの同時併用療法がよく用いられます。子宮がない女性では卵胞ホルモンのみで大丈夫です。最近HRTは乳がんの発生頻度を上昇させるという報告が欧米でありましたが、この上昇頻度はごくわずかであり、定期的に乳房検診などを受けていればほとんど問題はありません。ほかの障害はともかく、発汗や性交障害などの卵胞ホルモン低下による不快な症状を改善できるのはHRT以外にはありません。そこで、適宜HRTを中止して症状が消失しているかどうかを確認しながら、必要最小限のHRTを受けるとよいでしょう。そうすれば副作用の心配はありません。
P R
2009年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像巨人倍増
» 緊急避妊ピルの使い方 (2011年06月16日)
アイコン画像精力剤
» 緊急避妊ピルの使い方 (2011年06月16日)
アイコン画像巨人倍増
» うなぎ精力改善について (2011年06月16日)
アイコン画像精力剤
» うなぎ精力改善について (2011年06月16日)
アイコン画像巨人倍増
» 更年期障害の改善 (2011年06月16日)
アイコン画像精力剤
» 更年期障害の改善 (2011年06月16日)
アイコン画像巨人倍増
» ピルの危険性について (2011年06月16日)
アイコン画像精力剤
» ピルの危険性について (2011年06月16日)
アイコン画像威哥王
» 精力減退の改善について (2011年06月16日)
アイコン画像精力剤
» 精力減退の改善について (2011年06月16日)