イカルチドリと伊澤

September 22 [Thu], 2016, 14:33
子供も大きくなったのでパートを始めたところ、子育てのことで親身になってくれた男性社員さんと、つい浮気したんです。ずっと家庭から出ず、主婦ぼけしてた私の甘さもあるのですが、パートだけにしてはおかしいと、早くから主人もわかったらしく、相手の奥さまと内密に連絡をとられて、私のほうは慰謝料請求された上、離婚する事態になりました。探偵社に相談するにしても、見ず知らずの相手に対してはちょっと気がひけますよね。もし最初から実名で相談することに抵抗を覚えるというのであれば、実名を伏せた相談に対応している業者も少なくないですし、まずそのサービスを利用して話を聞いてもらい、信頼できそうなところだと感じたら、そこで自分や対象の個人情報などを明かすといいでしょう。昔はどうあれ探偵事務所と興信所の仕事はほぼ同一です。離婚請求の理由として向こうの不倫をあげるのであれば、確実に浮気した(している)証明というのが是非とも欲しいところです。しかし一般人がプロ並みの証拠をゲットするのは困難ですし、きちんとした人材と機材を揃えた探偵事業者にやってもらえば、結局のところ一番ラクに確実に離婚できるのではないでしょうか。離婚だけでなく慰謝料を要求するときだって重宝するはずです。最近はデジタル技術が発達したので、GPS機能を使えば、浮気が懸念される人の位置情報を発見できるようになったのは有難いことです。気になる相手にGPS機能搭載のスマホを使用させることにより、今いる場所が判断できます。別に違法というわけではないですし、誰にも知られずに自分だけで浮気を見つけるときには、GPSが役立つかもしれません。尾行で探偵必携の道具というと、過去には無線発信機というものをよく使いましたが、最近の探偵社の多くは更に信頼度が増したGPSを使用するようになり、古い無線発信機に頼っていた頃と比較すると追跡性能が向上しました。最近の高性能GPSというのは正確で、よほど電波の届きにくいところでなければ対象車両の所在はすぐ分かるようになっています。高性能の小型GPSを設置することにより、時間の無駄を最小限に、追跡調査ができます。探偵業者の職員になるには、普免はあったほうが良いかなという程度で、特に資格は不要です。しかし、実際に浮気調査をしっかりとやり遂げるためには、スキルがしっかり身についているレベルにまで達していなければなりません。まともな会社は職員の教育には本当に熱心です。しかし一部の業者では実務経験がほとんどないバイトが調査するなんていうのもないわけではなく、格安というところは注意したほうが良いでしょう。せっかくお金を払うのですから、相応の技術力を備えたプロに仕事してもらうことが成果につながるのは言うまでもありません。特に不倫調査なんて要らないと思っている人は少なくないでしょう。けれども不倫というのは家庭の根幹を揺るがす問題で、出会いがない現場だろうと放置していては、あとで泣くことになるかもしれません。取引先や出入り業者など「たまに来る」女性のほうが浮気はしやすいですから。不審な点があれば、不倫調査をする探偵社に相談してみれば、無駄に心配することもなくなるわけですし、気持ちの上でも安らかになるはずです。探偵を雇って浮気調査をしてもらうとき、その代金は依頼者にとって、気にするなというほうが無理でしょう。無料で相談を行うところも最近は多くなってきて、費用のわからないまま契約するなんてことにはなりませんが、見知らぬ会社に一人で行って、もし悪質な業者だったらと不安に思う人もいるかもしれません。それなら、むこうの事務所の代わりに、人の出入りが多いファミレスやカフェで懇談するのも良いと思います。契約の強要といった事態から身を守るための手段です。探偵業者ではタダで相談員との面談ができるチャンスを設けているところも少なくありません。右も左も分からないまま依頼してしまう前にぜひ利用しておきたいですね。その会社の対応状況などを判断する指標になるからです。親戚でも友達でもない第三者に相談することで、漠然とした不安や現在の状況などを洗いなおすきっかけにもなります。名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差はその名称のみと考えていいでしょう。両方とも探偵業務と報告を行うことは違いがありません。不倫調査という点でいえば、どちらに頼んでも問題はないでしょう。もっともジャンルごとの得手、不得手は、おのおのの会社で違ってくるので、口コミを調べたり営業所に訊いてみるといいでしょう。浮気があったがために離婚するときに揉めて、ついに家庭裁判所のお世話になる場合もあります。裁判所から任命された調停委員が加わったうえで裁判所内で協議が行われるため、当人たちだけよりもスムーズに済み、時間の引き伸ばしも最低限で済む点で頼もしいシステムです。あまり怖がる必要はないでしょう。浮気調査はとてもプライベートなことですから、相手が探偵社でも個人情報を教えるのは気が進まないと思う人はけして少なくありません。初回相談(見積り)までは詳細な個人情報は不要という会社もかなり増えましたし、そうした心配は要らないと思います。ただ、仕事として依頼する際は契約書を交わすことになりますから、全てとは言いませんが個人の情報を開示することは不可避です。過去には安い探偵というのは使い物にならないと言われていた時期もあります。お客に内緒でいい加減な調査をしていても、気付かれることは殆どなかったからです。とはいえ現在は、ウェブを見ればまともな会社かそうでないかはクチコミ評価などを見て判断することができます。代金をケチって肝心の調査がダメでは元も子もありませんし、高額なのにそれに見合っていない業者に依頼するというのも馬鹿げています。結局のところ、質と価格のバランスが良い業者を見つけるのは大事なことです。以前は携帯を目覚ましがわりにしていたのに、急にマナーモードにしだしたので、不倫もあるかもしれないなと疑うようになっても当然でしょう。私たち夫婦の身近な人間なのかなと、携帯の履歴を見ようとしたのですが、いまさらながらにロックしてあることに気づき、結局、見れなかったんです。泥沼は嫌なので、これは探偵しかないだろうなと思ったものの、妻のお金の出どころって旦那なんですよね。どうしたらよいのか、最初の一歩を踏み出せないでいます。旦那さんの不倫って奥さんにも原因がある気がします。気をつけるべきなのは、大切な人のことを無闇に否定したりしないことです。要望があっても妻のわがまま程度にとどめ、本気の言い合いになりそうなことは(思っていても)言いません。また、収入や家計の責任を相手だけに押し付ける発言をしないことです。男のひとの矜持だとかプライドは尊重し、妻としての外見への心配りも怠らず、女としてみて貰えるよう行動にも気をつけると、恋人気分が長続きして、ほかの女性に癒しを求めることもないだろうと考えているのですが、甘いですか?一般の人が思っている以上に、探偵業者の数は多いでしょう。やはり人気をもとに選ぶのがいいでしょう。ネットを活用すれば、興信所や探偵社の評判を見ることができます。居住地の近辺で評判の良い会社を選び、相談を持ちかけてみれば、他より質の高い仕事をしてくれて、その成果も期待できます。配偶者の不倫を疑い、探偵に調査してもらうという話は小説でもドラマでも結構ありますね。話に出てくる探偵というのは単純で、真似くらいはできそうな気がしますが、たとえば警戒している調査相手にわからないように行動を追い、まったく気づかれないよう証拠写真を撮影するというのは、非常に難しいです。先方にバレては余計なトラブルに発展しかねませんし、プロに任せるのが一番安心です。探偵を頼んで調査してもらうときは、現金がなければ不可能かというと、そうでもないです。いくつかの大手探偵社の場合、以前から決済方法にクレジットカードも選択できるようになっています。明細書に記載される表示に配慮している会社も多いので、カードの使用明細によって調査対象である配偶者に分かることはありません。クレカで支払いができるようにするためには会社としての実績も必要ですから、会社としての信用性を計る上でも役立つでしょう。探偵業者が不倫や素行調査を行う際は、小説やドラマなどに出てくる探偵や刑事みたいな手段で調査をすることも、ないわけではありません。追尾調査、張り込みは基本ですし、対象の行動半径や関係者を洗い出し、時にはそれらの人たちに聞き取りをするため、常識的かつ謙虚な態度も必須です。また、社外秘として依頼者にも開示しない調べ方がないわけではなく、頼まれてもお答えできないとのことでした。自分にとって良い探偵社を見つけようと思ったら、地域性を尊重するのは良いことです。たとえば探索相手の家や勤務地と同じ地域にある探偵の中から探しましょう。ローカルに強い探偵なら、調査に有利ですし、報告書の内容がより克明になります。調査内容いかんでは向き不向きもあるようですし、あらかじめホームページとかそこに書かれている電話番号などに直接確認してみると良いでしょう。パートナーの浮気で離婚のための裁判になると、まず必要となるのは浮気の証拠でしょう。よくあるものとしては、性的な関係にあることがわかる文書(メール、手紙)や、ラブホ入室の瞬間を捉えた写真とか、珍しいところで誓約書や絵馬などもあります。また、スマホでのLINE履歴やSNSの書き込みが裏付けとして用いられることが増えました。一時的な遊興や逃避で始めた交際だったとしても、妻からすると人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。許しがたい不貞行為を放置するというのは不可能でしょう。不倫の証拠収集というとすぐ思いつくのは、携帯(スマホ)ですね。メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って相手と連絡をとっている可能性は高いでしょう。探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、不倫関連の調査です。それをベースに探偵の調査手法を取り上げてみました。一般的な浮気調査では、事前にクライアントから話を聞き、ターゲットの尾行をします。四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、不倫の可能性が高そうな日(時間)を狙って不貞行為の証拠を入手します。当事者の負荷が大きい不倫は、いつか終わりを迎えるときが来ます。配偶者や職場に浮気がバレた挙句、家庭や交遊関係が滅茶苦茶になったとか、住宅ローンの精算や慰謝料などの問題に発展することも考えなければなりません。そうかと思えば、離婚後に不倫相手と再婚するパターンもあります。どういうルートを辿ろうと、心の底から安心して幸せになるという到達点は、金輪際ありえないのです。スマホの普及でSNSを利用する人が増えていますが、便利に使いすぎて浮気がばれてしまったといったケースが増えています。配偶者がスマホを片時も離さずSNSを更新していたら、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっていると考えていいでしょう。SNSに関わる相手の態度というのは、不倫をしているかどうかの判断材料にもなりえます。パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、浮気の証拠をしっかり掴んで、慰謝料としてある程度の金額を請求するというのが最も効果的です。一般的に不倫というと、つまみ食いを楽しむ感で、悪いことをしている感覚はあまりないというのが現実だったりします。慰謝料を求めることにより、事態の深刻さを自覚させるわけです。特別な資格が要らないなら便利屋でも探偵でも同じと言っている人のブログを見たことがありますが、歴然とした法律上の違いがあることにお気づきでしょうか。個人でも会社でも便利屋をするには届けが要らないのに、探偵業は個人であろうと法人であろうと、その地域の警察署を通して公安委員会に開業届を含む書類一式を提出し、認可番号を交付してもらって正式に認められるのです。管轄官庁による管理が必要なほど高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが探偵業です。婚姻関係にない不倫の関係であっても、生まれた子の認知請求ができ、一般的には子供の母親から父親に対して行われます。一度認知させれば子供の養育費などを請求できるため、手続きとしては最重要なものだと思います。すでに別れていたり、認知するしないで揉めた場合には、家裁に訴えることもできます。子供ができないうちに関係を解消できなければ、いずれ大きな金銭的負担を被る危険性があります。配偶者の不倫行為が発覚したら、とりあえず対応を考えるために心を落ち着けるのが先決です。どうしても不倫の事実を受け止めがたければ、やはり離婚や慰謝料といった問題も出てきます。二人で会う機会を作り、お互いにどんな問題があり、これからどうすべきか話を詰めておきましょう。調査レポートとか調査報告書と呼ばれるものは、記載事項はだいだい同じでも形式が定められているわけではありません。ただ、協議離婚以外の、たとえば裁判などでの使用が前提なら、どんなものでも証拠採用されるとは限りませんから、信頼できるデータに基づいた調査報告書でないと困りますよね。調査報告書の利用方法を考慮した末、依頼する業者を選別するのをお勧めします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ホノカ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ttrtib9eh0oeyn/index1_0.rdf