加世堂洋平の戦闘記

来年に向けて!

特攻チキン野郎鹿児島本店に看板を設置。








今までは看板無し。


口コミだけを求めてやってまいりました。


来年酉年に向けてしっかりと本店の旗を立てて向かいます。








もちろんタグズハウス徳永氏に。
















お客様の目にとまるように打ち出して参ります。


チキン野郎は魚が旨い


茶ブリが食べられるお店。


これを掲げてより、料理、接客に力を入れて参ります。


来年から新たなチキンフラワーの立ち上げ。
そして、ネバーエンディングストーリーと宝島プロジェクトの連動。
お客様に求められるお店作りを心がけ参ります。


今年も残り3日。


来年のスタートをしっかりときれるように。頑張ります。
2016.12.29 [Thu] 13:37 |  記事URL  | コメント(0)

今年もあと3日

いろんなことがあった今年もあと3日。


鹿児島の居酒屋は年末というのは1月の10日くらいまでと毎年思ってます。


やはり鹿児島に帰ってこられたお客様でわっしょいわっしょいです。
特に今日から5日くらいまではわっしょいわっしょいです。




今年は株式会社ネバーランドも5年目に突入しました。


11月から社員の休みを月5回取ることにチャレンジしております。


これも会社設立当初から目標にしてきたことです。


全てはゼロから始まりましたが、スタッフの頑張りでそこにチャレンジをできるようになりました。
また、有給も2日増やす計画です。


働く環境を整えるのも俺の夢です。




今日は全店舗を回ってみんなの成長ぶりを見ました。


本当に強くなってきている。


みんな必死に喰らいついてきた年末だったんだろうと。


本当に感謝します。




来年に向けた準備してはこの1年間してきました。


血を吐く想いをした1年でした。


でもあきらめなかったことが全てでした。


新たなスタッフを加わり、来年酉年にしっかりとチキン野郎が羽ばたけるように頑張っていきます。



2016.12.29 [Thu] 00:06 |  記事URL  | コメント(0)

どんなことでも一番を目指しなさい。

「下足番を命じられたら日本一の下足番になってみろ。そうしたら 誰も君を下足番にしておかぬ」


阪急電鉄の創設者の小林一三さんの言葉です。


ほとんどの人は「かっこいい仕事に就きたい」という望みを持っている。だが、全員がその望みを果たせるわけではない。そんなときに腐ってしまったら終わりだ。どんな仕事でも日本一、いや、世界一を目指せば、その先には望みの「カッコいい仕事」が待っている。




昨日社員の中川くんと話をした。


彼はこの仕事を始める前まで消防士をしていた。
公務員を辞めてこの世界に乗り込んできた。
不安と希望を胸に。


そして、昨日話をしていたら、この仕事を続けていけるのか不安になったと話をしていた。
ハイパーチキン野郎で働いて、美味しい料理をつくる先輩たちを見て、この人たちには俺は勝てないと思ったそうだ。


それを聞いて俺は思った。




中川くんよ。なんでも今与えられていることを一番をとりなさい。


皿洗いでも、挨拶でも。なんでも。


以外と人は当たり前のことをやろうとしない。


元気のいい挨拶。これは人にパワーを与える。
洗い物もピカピカにピカイチになりなさい。


仕込みのエビを誰よりも早く、誰よりもいい仕上げにしなさい。


毎日どうやったら昨日の自分を超えられるかを考えなさい。
自分を磨き、昨日の自分よりも1日1歩でも成長できたかを確認をしなさい。


商売とはそういうものです。


安定はないかれども、毎日の刺激は人を豊かにしてくれます。


やればいい、このままでいいというのはこの商売では通用しません。


そのヒントはたくさんころがっていますよ。


自分と向き合い、自分に勝つ。


まずはそこからです。


頑張りなさい。
2016.12.27 [Tue] 23:12 |  記事URL  | コメント(0)

年の瀬。

早かった今年も。




いやー長かった。過ぎればあっという間ですね。一つ一つ思い出すと長かった。




自分が何故この商売を始めたのかをたくさん考えた1年でもあったな。


年賀状を書きながらおもう。


たくさんの人に会ったな。


感謝です。


さあ残りも僅かです。


周りの人たちに感謝して、居酒屋を楽しむぞ。

2016.12.24 [Sat] 20:44 |  記事URL  | コメント(0)

特攻チキン野郎本店6周年

昨日無事に本店である特攻チキン野郎鹿児島が6周年を迎えることができました。


不安と希望を胸に前のめりになってつんのめって本店をオープンしたのを今でも覚えています。
お客様が1組2名様いらっしゃったことに感動して、慌てふためいていたのをしっかりと頭に刻んでいます。


たくさんの仲間を集めて、酒を飲んで夢を見たい!そんな想いでまいにち寝る時間などなく、走っていたのを頭に刻んできました。


1人で始めた居酒屋も会社となりスタッフ60名になりました。ここがスタートだと刻みながら昨日たくさんの常連様やお客様と乾杯させていただきました。


あの頃には出会うなど予想もしていなかった奴らが特攻チキン野郎を熱くしております。






暑苦しい奴ら。
形になってきました。まだまだですが!


昨日挨拶をさせてもらいましたが、10年を目指して、ゴールをお客様に毎日をワクワクしながら全員で走っていきます。


このブログを読んでくださっている皆様、やってこれたことに感謝致します。
またこれからもどうぞチキン野郎、株式会社ネバーランドを宜しくお願いします。
2016.12.21 [Wed] 13:26 |  記事URL  | コメント(0)

来年に向けて!

今日は事務所にこもり来年の1年間の大まかな目標と、4月までの半期の目標を具体的に作り上げていきました。


ポイントは
ミッション共有
商品力
ポジショニング
セールス
集客力
ファン化
経理と財務
仕組み化


を具体的に決めていきました。


1月からのシフトはとても大事です。


アルバイトを卒業する子達もでてきます。


どのように会社を運営していくか?


しっかりと準備ができました。




ゴールをお客様に。


我々ネバーランドが掲げるミッションでどこまでお客様を満足させられるか?


これを頭において作り上げていきました。




この年末、それぞれが力をつけてきています。
これを来年どのような形にできるかが僕の仕事です。


年末半分が過ぎました。


体をしっかりと整えて、後半戦を戦っていきます。



2016.12.16 [Fri] 23:13 |  記事URL  | コメント(0)

親父からのメッセージ

先日、親父から日産自動車のカルロス・ゴーンさんのヤフーニュースの記事のコピーをもらった。


そこには人事評価に関することが書かれていた。


そこにはこう書かれている。


人間はどこかの段階で能力の壁にぶつかる


限界に達したと自分でわかる人はいません。だからこそ、第三者的な評価、すなわち人事考課が重要なのです。


唯一の真実は「パフォーマンス」は嘘をつかない、ということです。


管理職の中には「相手をきつづけたくないから」もしくは、「相手のことを好きだからよくいおう」という人がいます。
真実を言わなかったり、甘いメッセージをいったり。しかし、それは間違ってますよ。痛みがあるから幹部が見つけられるのです。


マネジメントはその当人を助けるためのものです。
アルコールを飲んで痛みをごまかしても、根源的な課題がなくなったわけではありません。これでは問題解決にはなりません。


「我々は同じ会社の一員だから悪いところは改善してほしい」
と伝えなければならないのです。
問題があるのは当たり前なのです。
重要なことは彼や彼女に成功してもらうために、つまり建設的に指摘することです。


相手をいい気分にさせても、その人は何も学べません。


傷つくけれども学んでもらい、次回はもっと頑張ろうと部下に思ってもらう。
これこそマネジメントの神髄です。


トップに行くためには、そういった自分の欠点を直視し、学ばなければ成長できない。




と書かれていました。




確かに。




我々ネバーランドの各店舗の店長や責任者にはとてもきつくいうことが俺もあります。


そして、1年間をかけて、人事整備をしてきました。
しっかりと目標や行動計画を立ててもらいそれにそって評価をしていってます。


この年末先週の土曜日に会社の過去最高記録を更新した。


これはまさに今までの結果だとおもいます。


どうしたらお客様を満足させられるか?
そこにはゴールや決まりごとはありません。


時代を読んで、かつ、会社の方向性をしっかりと示して、各店舗の社員をしっかりと育てていきたい。
今週、来週が今年のピークです。


地に足をつけて頑張っていきます。
2016.12.12 [Mon] 13:25 |  記事URL  | コメント(0)

キングオブチキン3周年

もともと歯医者さんだった場所キングオブチキン!


はっきり言って当時のキングオブチキンができる前の箱を見て、今のお店ができるなんて考えもできないだろう。


東京からデザイナーの、椿さんを呼んで、作り上げたキングオブチキン!


ミラクルの奥にある隠れ家的な居酒屋。


友達をこっそり連れて来たくなるような、恋人をビックリさせたくて連れてくるような。


そんなお店を目指して3年前にオープンさせました。


我我ネバーランドは、13という数字を大事にしているが、このキング!トランプで13です。


これはお母さんに言われて気づきましたが。




そんなキングオブチキンは月曜から周年祭でいろんなイベントをやってきました。








白金酒造さんの振る舞い








茶ブリの解体ショー!










鳴きむしの新たな提案!








杉本酒造さんの振る舞い!








杉本さんと焼酎について語る会!






大山酒造さんの杜氏の山下さん。






杜氏さん自らお客様へ焼酎の提案。


たくさんのお客様のご来店もありました。本当にありがとうございます。




来年が楽しみなお店をつくっていきます。




支えてくださっている皆様本当にありがとうございます!





2016.12.10 [Sat] 13:35 |  記事URL  | コメント(0)

縁切り。

人と人との繋がりでやらせてもらってる。




縁切りなんて自分思ったこともなかったけど、自分たちが作りあげてきたものを裏切る奴とは縁切りもしょうがないと思う。


裏切りと思ってないことが一番の問題なのだ。






そんなことを改めて感じた1日でした。






5年前に縁を切られたお世話になった人に会ってきた。


その人から謝られた。すまなかったと。




そして大切なものを預かった。


どうしていくはわからないが。






ただこの1年で大切なことを無にしたやつがいる。




今日その人と話をしてなおさら自分の立場と自分の決断の大事さを感じさせられました。




フランチャイズと暖簾分けの話をその人と話をした。




洋平!フランチャイズはさ、やっても残るものなんてないよー。


でもさ、暖簾分けってのはさ。自分の分身をつくるってことだろう。


これってすげー違うんだぞ。




そして、大事なものを渡された。






今年納得いかなかったことがあった。


人を育てるってことの本当の意味をわかっていないやつを見たとき。


それを一瞬でも、許した俺がいた。その瞬間に自分がつくってきたものは崩れ落ちると思ったな。




今日もらったものは自分の会社にしっかりと落としていこう。


ありがとうございました。





2016.12.03 [Sat] 00:01 |  記事URL  | コメント(0)

12月スタート!

気合い入れてこの1ヶ月頑張るぞー。


今月はキングオブチキンの3周年、特攻チキン野郎本店の6周年。


IZAKAYAから伝える鹿児島の魅力
生産者とお客様と、共に本物を追求
鹿児島の情報発信基地


しっかりと伝えられるお店づくりをしていきます。


当たり前のことを当たり前に。
1日1歩の成長を!


12月は東京店舗からスタートです。



2016.12.01 [Thu] 12:15 |  記事URL  | コメント(0)