加世堂洋平の戦闘記

明日は淳士の結婚式!

いよいよ明日淳士の結婚式だ。




淳士との出会いは10年前、東京の町田だ。俺は茶柱の宮の店長で、淳士はバイトだった。町田で1番の居酒屋を作るぞと言い続け、毎日朝まで飲み明かした。茶柱の宮で30万売った時はお店が揺れているのを2人で感じたのを覚えている。


いい店ってさー。って何千回、何万回と話をしたし、休みは常に繁盛店の視察でしたから、年間1000件くらいはお店を見てまわってました。
今の自分の基礎はそこにあると思うんです。
淳士はバイトを卒業し、俺は鹿児島で独立をした。


6年前に居酒屋、特攻チキン野郎を鹿児島にオープンさせました。
1年後の7月7日、七夕の日に淳士を鹿児島に呼びました。
お母さん、お父さんに町田の家に挨拶に行かせてもらいました。この子を一人前にしますって!言い切った




5年前を思い出したら、鹿児島に来るなり、金髪に仕上げ、朝から晩まで一緒店づくりについて話をした。
神様に賄いでもやしに縛られたり、朝9時まではツンデレを仕込んだり、70席のお店をリョータと3人で立ち上げたり、ハイパーチキン野郎を繁盛店に育てあげたり、長島に行って俺の実家でバーベキューしたり、稲刈りしたり。いろんなことをしながら成長してきました。


特攻チキン野郎で営業しながら、これを東京でやったらみんなびっくりするよな!!って言いながらニヤニヤしていたのを覚えています。


2年前、東京出店をみんなで叶えました!場所は東京渋谷いや、青山!


やってやるぜ!と乗り込んだ僕たちは!


家賃は3倍、人件費は1.5倍、鹿児島から食材を送るので、送料も高い。周りにはモンスターみたいないいお店がたくさんある。そんな中、1年半は本当にきつい時期を過ごした。
きてくれたお客様に迎え!という指示で本当に一生懸命みんなで頑張ってくれました!


今では1日30人もお断りする繁盛店へと成長してくれました。
誇りを持って違いを作り、違いが差別になって、それが強みになって、また、新たな誇りになっていきました!!


正直何回かくじけそうにもなったけど!


仲間全員を信じた!それぞれが成長していったね。




そして、今までをほぼ最初から支えてくれたのがイブちゃんだった。その支えを僕らは見させてもらいました。
イブちゃんの、淳士への愛を!




愛ってこういうことですよね。
どんな時でも支えてたなーイブちゃんは。




明日の結婚式、本当に2人にとっても、僕にとっても幸せな1日になると思います。




6月24日、東京2店舗目を池尻大橋に出店します!




淳士の結婚式で会社の決起会も行いたいと思っています!フルスロットルでお祝いして、フルスロットルのスタートを切っていきたい!!
2017.06.04 [Sun] 01:47 |  記事URL  | コメント(0)