動きを記録しておくことで不倫の証明をできることも

April 26 [Tue], 2016, 17:33
動きを記録しておくことで不倫の証明をできることもあるでしょう。

大抵、人の日々の動き方にはパターンができてくるものです。

けれども、奪略愛をすると、決まったパターンが崩れます。

揺らぎの出た曜日、時間帯を断定ができたら、一つ一つの行為を見るようにしていくと、浮気を実証できる希望が高まってます。

SNSを通じて浮気の証跡を見つかることもあるでしょう。SNSだと誰の投稿か一見わからないのでパートナーも無意識のうちに、隠すことなくプライベートについてアップしてしまう事がしばしば見られます。


時には、奪略愛を証明してしまうような内容を書き込んでいる可能性もあるのです。相手のアカウントに気づいているのならリサーチしてみて頂戴。


自ら動くより、浮気リサーチは興信所に頼みましょう。


専門家である興信所におねがいすると、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。

自分で手を尽くして調べてみても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。しかし、相手に問い詰めても奪略愛の事実はないと逃げられたら、有利な条件で離婚できません。

有利に離婚するためにも、確かな裏付けが必要です。浮気リサーチの費用を節約する方法は、できる限り事前に自分で調べておくことです。
難し沿うに聴こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。毎日のパートナーの行動記録を立派なリサーチ資料になります。日々のしごとに出掛ける時間、帰ってきた時間、電話が掛ってきた場合は、着信時間と通話時間も記録するようにしましょう。探偵の尾行代がいくら位かと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。もちろん、リサーチ員が1人ならば安く、増えるほど高くなります。



また、尾行のために移動のために車やバイクを使った場合、別途交通費、車両費として請求されることがありますので、確認するべきでしょう。夫の禁断の愛相手のところに妻が談判に行って修羅場と化すシーンは、ドラマのシナリオでもお馴染です。



配偶者の浮気現場に乗り込むのが男の場合は、相手を刺したり、殺してしまうサスペンスドラマも少なくないでしょう。



情事の現場へ乗り込むのもあっていいやり方でしょう。別れるつもりがあるならば、問題ないかもしれません。

GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに忍ばせ、行動を常時監視し続け、移動中の所在を確認したり、データログを後から読み出し色々な分析をすることも可能です。


移動手段に、車を使わない人の場合は、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。
こうすることによって、パートナーの行き先や滞在した時間も割り出すことができるでしょう。



探偵に頼んで浮気の証明を押さえる手段も良いと思います。相手がおかしいと思った時、とにかく自分で証拠を集めようとします。でも、禁断の愛の証拠を自分だけで収拾しようと思っても、相手に気づかれてしまう可能性はあるでしょう。

理由としては単純で、あなたの顔が相手に認識されているのからです。興信所事務所のなかでも料金が成功報酬のところは、最終的に成功した調査でないと報酬を得られないリスクというが大きく、成功した場合はそれなりに高額の料金を請求されます。
そのため、成功報酬だからということで、不倫の調査費用が安くなる訳ではないのです。リサーチに対するこれまでの実績などもチェックして、信頼できる料金システムを提示している探偵事務所に要請することが重要なのです。日々の生活の中で、相手の行動をよく見ておくことは自分ひとりでも可能ですが、浮気を認めざるを得ないような証拠を押さえるためには、やはり、しっかりノウハウを持ったプロの興信所に頼んだ方が安全、安心です。それに、興信所におねがいすれば、単に、不倫の裏付けを入手するだけではなく、いろいろ貴重な助言を貰えるというのも見逃せないメリットです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:優愛
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ttlyc0e0avbehh/index1_0.rdf