ブライダルエステを加味されて

September 10 [Sat], 2016, 2:07
仕事の方向性にランクづけをするなんて感心しないが、
それを含むどんな事でも生活に則した枠組みは存在する。
そういえば、場所によっては冠婚葬祭に限って湯水のように散財する地域も
見たことがある。一概に正しい、正しくないは言えないものなのかも知れない。

コーヒー自体はサイフォンを使っただけあって、私好みの味だった。
というか、山奥でちょっとした贅沢を味わうことができた至福感が
ブライダルエステを加味されていたので(笑)その時だけはどのコーヒーよりもおいしく感じられた。

いつまでも店長さんの話を聞いていたかったが、徐々に陽が傾き初めていた。
中間目的地の石廊崎にもまだ到達していない。さらには、道がわからない。
店長さんは、さすがに地元の方だけあってこのあたりの道をよく知っていた。
再度迷った話をすると、多少時間はかかっても、わかりやすい道を教えてくれた。