yesno占いを膨大に話すダイアリー

February 19 [Tue], 2013, 9:11
ダンスに見る肉体の動きは脳の動き肉体のまわりを包む気は脳の中を吹く風。ダンサー魔女は言葉を持たない。私は言葉を使う。心のままに。魔は間にある。
それを横目で見ながら、「かの姫ぎみにはどのようなお色を。殿は誰を愛しているのでしょうか」と、想いをめぐらす紫の上。一番身近にいても恋する女性が不安なのはいつの世も。
正しくても間違っていてもそんなことは人間どうし誰も判断できない、ほんとうは。人間の声を私は聞きたい。うたいたい。苦しむ声悲しむ声喜ぶ声悔しがる声正論などはどうでもいい。
人と同じでも人違っててもそれはいいのに。違うからといって理解できないといって離れていくものならそれでいい。
ひとり遊びもここまでくると物悲しい、いえそんなことはなく(笑)ただ、脚立でぐらぐらちょっとデンジャラスwまだとりきれないところに未練を残しながらでも、
江戸末期「雨月物語」を書いた上田秋成は私生の子でのちに病気になり指が不自由だったとういう。欠落が生むもの。闇が生むもの。
ひとつひとつ肉体と魂をセットで与えられて生きる時の中で何が一番うれしいかというと自分と他(形あるものないもの全て含む)との間に橋がかかった、と実感する一瞬。
さっぱりしていてとても私好みでしたのでその夜、作ってみました。日にニ度のジンジャーライス(笑)ひき肉を少々の砂糖、しょうゆ、刻みねぎ、
妊婦副収入
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ttikgn
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ttikgn/index1_0.rdf