チタンでできた人工歯根をあごに埋め込

March 16 [Thu], 2017, 13:56
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーの発症例も少なくなっています。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。それから、治療後には、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、また嬉しいですね。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、誰にでも当てはまることではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。インプラントについて、簡単に説明すれば自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる義歯と人工歯根のことです。ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。人工歯としてのインプラントは虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診は手を抜くことができません。ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察してもらわなければなりません。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。見た目の問題を考えるとブリッジよりインプラントの方が優るというべきでしょう。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を使うため、入院して手術することはまれです。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。もし、自分が該当すると思われるなら信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。高額の費用が負担となる方も多いのが当然です。しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名称で信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療に取りかかることはあきらめなくて良くなりました。人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材から作られています。健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、ほぼ全額自費とみるべきです。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと一番良いでしょう。入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。使用年数は生涯持つと言われることが多いのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。一口にインプラント治療といっても、3ステップあると考えてください。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその都度、費用がかかります。特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となり約三千円とみれば良いでしょう。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の出費は必要です。インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、ケアはそこで終わりではありません。ずっと使い続けられるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。正しい方法を歯科で教えてくれるので、その通りのケアを心がけてください。自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。全てのインプラント治療にとって大事なのが自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。また、それに加えて、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども最終的に歯科医を選ぶ決め手です。歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。その人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。美的センスに加えて、熟練したスキルが必須になってきます。もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、埋め込む所がないので使えません。それに対して、インプラントというのは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療を断念するのは早すぎるかもしれません。歯科医の腕と設備次第で、以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療ができるようになっています。あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことを勧めます。インプラント治療も医療行為ですが、全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告します。医療費控除を受けようとすれば歯科医で発行した領収書は支払いの証拠となるためもらったものはしっかり取っておいて他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に頼るしかなければ、どこの国までも治療を受けに行くというのもありえます。インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。長期間快適に使える歯を手に入れるため、安易に妥協せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすことをがんばってみましょう。どうにも入れ歯がしっくりこない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それからセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。費用がかかることは確かですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。どうしても外見や噛み心地を求められるなら、何といってもインプラントです。徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前よりも口臭が気になるといった変化がたまにあるということです。これでは折角のインプラントが台無しです。理由としては、インプラントと隣の歯の間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているケースもあり得るのです。ひょっとして、と思ったら、放っておかずに診察を受けてください。年々利用者が増えてきたインプラント。その施術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の熟練の技が必要不可欠と言っても過言ではありません。そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということであり、その分高額になっているのです。費用や手間の面から考えても、インプラント治療はブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になるというのが、多くの患者さんの実態です。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第で差は大きいと断言できます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法なのは明らかで、とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費が気になるのは当然です。現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。インプラント治療はほとんど自由診療のため、金額は歯科医院次第です。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておきましょう。インプラント手術の未経験者にとってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。インプラント埋入手術では、術中、痛くて我慢できないことはまずありません。麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。虫歯がかなり悪化して、ついに歯を抜かなければならなくなりました。このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され治療を受ける決心がつきました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。治療後、噛めるようになると、ほどなく噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントが正解だったと思います。歯科治療の現場は日々進化を続けています。最近は、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどといったトラブルの事例もあるようです。そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に原因があると言ってよいでしょう。技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科を選ぶといいでしょう。ネットのレビューなども参考になります。歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという患者の希望がある場合です。ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。これが、インプラントの埋入なら失った歯を直接再生する治療と言えます。周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mizuki
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ttg1oerenrgssh/index1_0.rdf