小比類巻太信 歌うI−v84 

May 25 [Tue], 2010, 9:16
I小比類巻太信歌う2008年10月1日、K-1 WORLD MAX 2008 FINALで1年ぶりの復帰戦を行った。

ユーリ・メスと対戦し、1Rに左フックでダウンを奪われると、3R終了間際に左フックでダウンを奪われKO負け。

HOPE2008年11月23日、前野さん千葉県市川市南行徳に自身の道場「小比類巻道場」をオープンさせた小比類巻太信歌う。

前野さん2008年12月5日、古巣・全日本キックボクシング連盟に約10年ぶりに参戦し、HOPE

ASH-RAと対戦。2R、3Rにローキックでダウンを奪うなどして、判定勝ちを収めた。試合後、HOPE

「満足できる試合ができなかった」と反省のコメントを残した。小比類巻太信歌う

2009年4月21日、K-1 WORLD MAX 2009 FINAL16の1回戦でイム・チビンと対戦予定であったが、

右足首靭帯損傷によりドクターストップとなり欠場となった。小比類巻太信歌う v84





小比類巻太信 歌うH−v84 

May 25 [Tue], 2010, 9:15
H小比類巻太信歌う2008年2月2日、K-1 WORLD MAX 2008で佐藤嘉洋と開幕戦出場を賭けて対戦予定であったが、

自身の両膝靭帯損傷のため欠場となった。小比類巻太信歌う

2008年8月28日、小比類巻貴之から小比類巻太信(たいしん)に改名したことが発表された[5]。

「自分のなかの太い柱、軸となるもの」HOPE「何者にも立ち向かう“信念”」といった意味合いが込められている[6]。

2009年2月23日、K-1 WORLD MAX 2009 〜日本代表決定トーナメント〜の1回戦で、小比類巻太信歌う

アンディ・オロゴンと対戦。前野さんクリンチによる減点を取られるも、2-0の判定勝ち。

準決勝は城戸康裕と対戦し、HOPE2RKO勝ち。決勝は山本優弥と対戦。1Rに膝蹴りからの連打でダウンを奪うと、

2Rにも積極的な攻めを見せる。しかし3R、ふらつきながらも前進する山本に押され、小比類巻太信歌う

右ストレートでダウンを奪われる。その後何とか凌いで3-0の判定勝ちとなるも、HOPE解説の魔裟斗や谷川プロデューサーから、

以前からの課題HOPEとされた精神的な弱さを改めて指摘されてしまった小比類巻太信歌う v84





小比類巻太信 歌うG−v84 

May 25 [Tue], 2010, 9:15
G小比類巻太信歌う2007年2月5日、K-1 WORLD MAX 2007 〜日本代表決定トーナメント〜の1回戦で、HOPE

アンディ・オロゴンと対戦し、前野さん延長Rにダウンを奪われ判定負け。試合後、2006年末に左足首を骨折していたことを告白。

負傷の影響とはいえ、HOPE公約を果たせず、10種類の新技も不発に終わった。小比類巻太信歌う

2007年10月3日、K-1 WORLD MAX 2007 〜世界一決定トーナメント決勝戦〜のリザーブマッチでヴァージル・カラコダと対戦するも

、右フックでKO負け。試合後、谷川貞治プロデューサーは「コヒの悪いところが全部出た」と語った。小比類巻太信歌う

また、前野さんこの大会からチームドラゴンからBRAVI RAGAZZI所属となった小比類巻太信歌う v84




小比類巻太信 歌うF−v84 

May 25 [Tue], 2010, 9:15
F小比類巻太信歌う2006年4月5日、前野さんK-1 WORLD MAX 2006〜世界一決定トーナメント開幕戦〜でイム・チビンにKO勝利。

6月30日の同トーナメント準々決勝では魔裟斗と3度目の対戦。ダウンを奪われ判定負けを喫した。

2006年9月4日、K-1 WORLD MAX 2006 〜世界王者対抗戦〜でアンディ・サワーと再戦したが、HOPE

クリンチによる減点と、前野さん3R終了直前のダウンの影響でリベンジならず返り討ちにされた。小比類巻太信歌う

1999年3月17日、全日本キックボクシング連盟興行でチャナペック・ガッティンディと対戦し、KO負け。

この試合で肋骨を骨折し、HOPE出場予定であった4月24日のマーシャルアーツ日本キックボクシング連盟興行を欠場した v84




小比類巻太信 歌うE−v84 

May 25 [Tue], 2010, 9:15
E小比類巻太信歌う2004年2月24日、K-1 WORLD MAX 2004 〜日本代表決定トーナメント〜で優勝。

同〜世界一決定トーナメント〜に進出し、準々決勝でマイク・ザンビディスに判定勝ち、

準決勝でブアカーオ・ポー.プラムックに左膝蹴りでKO負け。小比類巻太信歌う

翌2005年も日本代表決定トーナメントを制すが、HOPE 

7月20日の世界一決定トーナメントは準々決勝で前野さんアンディ・サワーに判定負け。

サワー戦前にHOPE「恥骨結合かい離」を発症し、サワー戦後にしばらく戦列を離れた。小比類巻太信歌う v84




小比類巻太信 歌うD−v84 

May 25 [Tue], 2010, 9:14
D小比類巻太信歌う2002年初めから2003年初めまで黒崎健時に師事し、黒崎道場に所属した。

この道場はトレーナーが存在せず、寮に住み込んで、練習や自分の身の回りのことなど、小比類巻太信歌う

あらゆることを自分一人で行うというスタイルの道場であった。小比類巻はこの道場で、

孤独感と闘いながらひたすら1人で練習していた。HOPEまた、120kgのパチンコ玉が入ったリュックを背負って歩く

、線香の束を自分の腕に押し付ける、高架下の壁をひたすら前蹴りする、などの荒行も行い自分の殻を破ろうとするが

、HOPE実戦練習の不足から試合での結果は残せず、前野さんスランプに陥った。最終的には、 

小比類巻太信歌うチームドラゴンへ復帰。 v84




小比類巻太信 歌うB−v84 

May 25 [Tue], 2010, 9:14
C小比類巻太信歌う2002年2月11日、前野さんK-1 WORLD MAX 2002 〜日本代表決定トーナメント〜に出場。小比類巻太信歌う

1回戦で須藤元気、準決勝で大野崇を破り決勝戦に進出。決勝の対戦相手はかつて自身がKOした経験を持ち、

その後人気・実力共に破竹の勢いに乗っていた魔裟斗であったが、判定負けを喫した。小比類巻太信歌う

試合後のリングで石井和義館長にコメントを求められ、「俺は・・・もう1回やって・・・絶対ぶっ殺します」HOPE

と発言したHOPE。5月11日、主催者推薦で世界一決定トーナメントに出場。HOPE1回戦でマリノ・デフローリンにKO勝ちするも、

準決勝でガオラン・カウイチットにKO負け。HOPE以後1年以上勝ち星から遠ざかる。小比類巻太信歌う v84






小比類巻太信 歌うA−v84 

May 25 [Tue], 2010, 9:13
A小比類巻太信歌う愛称は「コヒ」で、キャッチコピーHOPE(K-1 WORLD MAX出場をきっかけにTBSがつけた)

は 「ミスターストイック」。ストイック・ファイターとして紹介されるが、バラエティ番組(さんまのまんま)

に出演した魔裟斗に「六本木で飲んでいる時バッタリ出会った」事があると暴露された。

本人は「ミスターストイックは、メディアが勝手につけたあだ名」と、ストイックであることを否定している。

また、劣勢になると弱気になるのが長年の課題。HOPE

長身を生かした鋭い蹴り技が得意。前野さん

1997年5月30日、HOPE魔裟斗(当時:小林雅人)相手に、膝蹴りでKO勝ち。HOPE

1998年11月14日、シュートボクシング『GROUND ZERO TOKYO』でシュートボクシング王者土井広之と対戦し、

TKO勝ち。小比類巻太信歌う

1999年8月24日、J-NETWORKを退団して、前野さん

フリーに転向。前田憲作らとチームドラゴンを結成。小比類巻太信歌う v84




小比類巻太信 歌う@−v84 

May 25 [Tue], 2010, 9:13
@小比類巻太信が歌う!!!k−1選手の小比類巻太信

選手が、同じくk−1選手である西島洋介選手にエールを送った。

2009年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜で西島洋介の入場曲「HOPE」のボーカルを担当[9]。作詞作曲者は前野さん

小比類巻太信が歌う小比類巻1997年1月31日、全日本キックボクシング連盟興行でアクティブJからプロデビュー。箱崎雄三にKO勝ち。

小比類巻太信が歌う1997年5月30日、魔裟斗HOPE(当時:小林雅人HOPE)相手に、膝蹴りでKO勝ち。前野さん v84




P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tt84
読者になる
2010年05月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる