gucci キーケース 値段

November 14 [Thu], 2013, 12:20
てる程度で済むわけねーだろ)」
  「ん?」
  「な、なんでもないー」
   グッチ 財布 ピンク
   なんかユイが眼鏡取って表情増えたのに、なぜか逆に読めなくなったぞ。
   ユイは何を思ってそんなこと――
  「「ユイ(さん)っ!」」
  「うおぅ!?」グッチ 直営店
   今度は学校の華二人が一斉にやってきた。俺の近くにいるユイ目がけて。
  「ねえ、ユイ? そういえば前に言ってたよね」
  「ユウジ様の家に住んでいる、と」
   げ。ユイはまたそんなこと――gucci キーケース 値段
  「いや、ユキ、姫城あのな――」
  「「今はユイ(さん)に聞いてるの(んです)!」」
  「あ、はい」
   どうしよう、とーちゃん。今日は女の子が怖いです。 
  「ええとだな……」
   ユイが躊躇ってる――
  「(い?う?な)」
  「(……………)」
   こっち見てねええええええええええええええええええ!
  「す、住んでるぞ」
   素のユイで、恥ずかしがるように頬を染めて。
  「……あぁ」
   
   俺は頭を抱える。その直前に見えたユキと姫城の顔はとにかくに固まっていて――
  「「ええええええええええええええええええええええ」」 
   教室が沸いた。このクラスの聴覚性能って並みはずれてるよなあ。
  「え、本当に? ユウジの家に?」
  「うん。ユウジの母とアタシの父が再婚した」
  「「ええええええええええええええええええええええ」」
   廊下が沸いた。
  「え、あの、でも名字が変わってないですよ?」
  「変えてないだけで、一緒に住んでる」
   学校が沸いた。
   すると駆け込むように愛坂がやってきて。それでユキは聞く。
  「愛ちゃんどうだった?」
  「担任曰く――同じ住所に登録されてるって」
  「「ええええええええええええええええええええええ」」
   町内が沸いた。
   クラスメイトの女子も興味津々に問う。
  「お、同じ部屋ではないよね」
  「お、同じ部屋なわけない! ……で、でもユウジを起こしに行くことはあるけど」
  「「ええええええええええええええええええええええ」」
   教室に集まる男子の熱気で、
   お湯が沸いた。男子も詰めよっ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:qwe123
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/tt789789/index1_0.rdf