ネット通販の心がけ

July 26 [Mon], 2010, 10:12

ネット通販で失敗しないコツとしてよくあげられるのは、「返品条件をチェックする」「前払いではなく後払いを選ぶ」などでしょうが、これは基本中の基本です。

実際に通販で商品を購入するユーザーにとってはそれほど重要な情報ではありません。

もう一歩踏み込んだコツが知りたい方が多いのではないでしょうか。

ネット通販で気をつけることは、商品の種類によって変わってきます。

たとえば衣料品。

これは思い切って「あたり・ハズレが多くて当然」という覚悟を決めましょう。

布の質感や色合い、サイズはいくら画像を拡大しても確認しきれません。

試着もできないのですから着てみたらイメージが違うなんてことも十分あり得ます。

実店舗でよく行くショップや、性質を知りぬいているブランドであれば失敗は少ないので、特定の通販ショップに限定して購入するのも一つのテです。

同じく試せないものとして、化粧品や食品も難しいところ。食品は思っていたより内容量が少ないなどのギャップが生じることもあります。

ネット通販に向いているのは、本やCD、DVD、文房具など中身がはっきり分かっているものですね。

購入する際には信頼できる会社を選びましょう。

ネットだけでなく、電話やFAXなど複数の購入手段が用意されているか、個人情報を暗号化しているかもチェックしておくポイントです。

買う時には前もって予算を決めておき、高額なものは買わないようにしましょう。

また、あれこれ悩んでネットサーフィンをしてもいい買い物はできません。

パソコンに向かうのは1〜2時間程度で、集中を保つことが大切です。

通販サイトには購買意欲をそそる言葉がいっぱい。

「ラスト一個!」「同じ商品を購入した人はこんな物も買っています」そんな表現に振り回されてしまう落とし穴があるのです。

自分の直感で選び、買いすぎに気をつけましょう。

コツというよりも心がけですが、これで失敗を少なくして楽しい通販ライフが送れるはずです。

P R