つれづれ  

チャゲアスのシングル!!12月8日発売!
僕はMusic / crossroad...


商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』 Click Here! じょうずなワニのつかまえ方扶桑社文庫
↑おすすめの本です。大半が日常使わない事のノウハウをかいてある本ですが。

きょうの一言
本当は怖い家庭の医●が本当に怖くて見れない

…再現VTRの時は他のチャンネルに変えます。

ジブリのチャゲ&アスカです。↓
ジブリ実験劇場 ON YOUR MARK

ちょっとアヤシイ、でもオモシロイ!【ひざまくら】【医師が開発したドクターズサプリメント&コスメ<アプトケア>】
↑随分豪華な、まくらです。
20万円札束扇子 「至宝の風」【ハッピーマーケット來來】
20万円札束扇子 「至宝の風」

以前も紹介させて頂いたのですが。新札になっちゃいましたね…。
随分、苦労して作られた商品らしい
のですが。
ナンシー関の記憶スケッチア...角川文庫
素人画伯の傑作の数々!笑えます!
2006年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像koro
近鉄バファローズ (2004年10月21日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tsurezure
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
ギャップ / 2006年01月21日(土)
みの●んたさんが、さだま●しさんの歌を「思いっ●り生電話」で薦めて
いた…。イメージ違いすぎてビックリです。
 
   
Posted at 00:00/ この記事のURL
コメント(0)
上には上が / 2005年11月15日(火)
いやー、世の中には面白い日記を書く人がいるもんですなあ。
もうこれ以上面白いものは無いだろうと思ってたのに更に上をいく日記を発見!
素人のハズなのになあ。何でこんなに面白可笑しく書けるんだろう?
もはやプロですよ、日記の。お笑い芸人さんですよ。日記の。
世の中こんなに巧みに文章を書く人がたくさんいるんだから、10代
の女の子が文学賞とかとっても、全然不思議ではないと私は思っとりますです。
それにしても、悲惨な1日のことマデ面白くかけるのってスゴイなあ。
人生を楽しく生きてるなあって羨ましくなりマス。


 
   
Posted at 00:42/ この記事のURL
コメント(0)
森の奥 / 2005年09月13日(火)
実は昔から「もりのくまさん」の2番の歌詞がよくわかりませんでした。

“くまさんが何を言ってもお逃げなさいよと、人に言われていた”
っていうことかと何となく思っていたのですが。

しかし、ダンナが言うには、
“森の奥にはヤバイものがあるから、クマさんが女の子に逃げなさい
って言ってるんだ。でもその時女の子がイヤリングを落としたから
ついてきたんだ…。”

マ、マジーーッ?!
森の奥のヤバイものって何!?(親グマ?)

私が抱いていた、
“こわいと思ってた人(クマ)とお友達になれちゃった〜”
っていうほのぼのなイメージが、どす黒いものに。

他の歌でも、こんな勘違いをしているんだろうか、ワタシ。

歌は奥深い。

 
   
Posted at 11:25/ この記事のURL
コメント(0)
inトイレ / 2005年09月11日(日)
トイレに入っていたら、いきなりダンナに扉を開けられた。
誰も入っていないと思っていたダンナはひどく取り乱し、(口にクリ●カを含んだままだったので)「んーっ!んーっ!!」と喚きながら慌てて扉を閉め、電気まで消した。
驚いたのは私じゃっ!それと電気を消すなーっ!!
 
   
Posted at 01:31/ この記事のURL
コメント(0)
気になる…。 / 2005年05月20日(金)
ハエが普通に着陸した体勢で死んでいた。何で?
 
   
Posted at 12:34/ この記事のURL
コメント(0)
おやつ / 2005年04月27日(水)
子供の頃のおやつ。
ごく小さい頃“いかり豆”や“さきイカ”を食べていた記憶があります…。
時々あんぱん(50円)とか、売りに来ていた“わらび餅”“ポンがし”も覚えてるな〜。
あとはお小遣いで駄菓子やでラムネとかアーモンド入りキャラメルとかチロルとか、コーラあめとかソーダアイスみたいなものをよく買ってました。印象に残っているのは“ドンパッチ”“ジュエルリング”、ピンクレディがCMをしていた確か“宝石箱”とかいうアイス。高くて買えませんでしたが…。
ポテトチップスは多分小学生の頃出現したと思います。
弟と2人で半分こしてたのですが、ある時中身がそれまでより、ぐっと減り、先に食べて半分残した私は弟に「少ない!食べすぎだ!!」と激しくののしられました…。
現在の子は1人ひと袋食べるのかなあ…?
 
   
Posted at 10:06/ この記事のURL
コメント(0)
トリビアの泉で / 2005年03月25日(金)
昨日、トリビアの種というコーナーで、
“80歳以上のお年寄りが、孫に言われてショックを受ける言葉は”
というのをやっていました。全体的に、疎外感を感じさせる言葉
「何しに来たの」「あっち言って」等でしたが、
1位は「お金ちょうだい」。
これも疎外感が含まれると一層ショックが増幅されるのでしょうね…。
誰が聞いても不愉快な言葉ではあるんですが、親なら
「何でよ。」とか「何言ってンのよ。」と叱れるものを、
強くは出られないという寂しさ。
悲しいです。
そんな孫なんていらない…。

意外なのは「何でハゲてるの?」という言葉が割と上位にランクインしていた事です。
80歳ならもう良いのでは…と思ってしまうのですが。
昔、私はお爺ちゃんが入れ歯をパカッとはずして見せてくれるのが好きでしたが
(うわ、取れた!ってビックリしましたよー。神秘でした。)
あれも傷む心を隠して、あやしてくれていたって事なのか…?

あと、「お爺ちゃんち、行きたくない。」っていうのもありましたが、
私も昔、お爺ちゃんちはオモチャもマンガもないなーって退屈だと思った事があります。
でも、お爺ちゃんちに行くのは楽しみでした。
泊まり掛けで出かけるなんてそれ以外になかったとです…。
ビッグイベントでしたよ!
あんまり子供を楽しい所へ連れて行っちゃいけませんね。
退屈な所には行きたくなくなっちゃいますもんね。
でも、親が行きたいんですよね、楽しいところに。
うちもいろんな所に子供を引きずって行ってます。反省、反省…(てへっ)。



 
   
Posted at 00:28 / テレビ、情報 / この記事のURL
コメント(0)
春めいてきました。 / 2005年03月19日(土)
昨日、卒業式の学校も多かったみたいです。
春の歌と言えば昭和生まれの私としては
松田聖子さんの赤いスウィートピーがおすすめ。
のんびりしてていいですよ〜。
あとズバリ“卒業”っていう歌もありましたが
これも良いですヨ〜。
春っていいな〜。
 
   
Posted at 09:46/ この記事のURL
コメント(0)
近鉄バファローズ / 2004年10月09日(土)
プロ野球は今季いろいろありましたが、近鉄が無くなっちゃうのは寂しいですねー。大ファンだった北別府投手が引退してからはめっきりプロ野球に疎くなった私です(日本ハムはいつの間にか北海道になってるし)が15年前は結構球場に観に行っていたものです。あの藤井寺球場に8月に行った時は、昼に照らされたコンクリートの放射熱がこもって、ナイターなのにすごく蒸し暑かったなー。応援団席の近くに座ったらオバちゃんが手作りのコロッケをわけてくれたっけ…。古き良き時代だったなー。本当に寂しいです。プロ野球は今大転換期を向えているのでしょうが、良い方向に向かって欲しいです。そしてまた大いに盛り上がってほしいなー。 
 
   
Posted at 00:42/ この記事のURL
コメント(2)
た●やきくんの歌 / 2004年09月16日(木)
子供用にレンタルで借りて来たCDを車で聞いていたら、
懐かしい、「たい●きくんの歌」が流れてきました。

歌っているのは水●一郎氏。どんどん高くなっていくキーに
聞いている方が「大丈夫かな?」と心配になりましたが、そこは難無くこなし、
「やっぱり上手いねぇ。良い声だ〜。」
と感心しました。

ところで、この「たい●きくんの歌」、昔、弟が
「平凡な日々に飽きた人間が外の世界に飛び出した挙げ句身を滅ぼす事を比喩してるんじゃないか。」
と言っていましたが、
(例えば、毎日勉強させられて嫌になって家を飛び出した少年が、
しばらく楽しくやっていたけどやがて悪い人間に目をつけられて…。というような。)

そうして聞くと、たいや●くんが釣られる場面は、
逃れようのない危機的な状況が
やけにリアルに伝わって来て、とても怖い歌に聞こえました。

「昔はおじさんがたいやき食べれて良かったみたいな歌だと思ってたけどね。」
「そういえば、いつの間にかおじさんの立場になって聞いてたよな。」

仕事が嫌になって脱サラした人の歌かもしれない。
(もも色サンゴとか、夜の街のイメージだし。)
最後は食べられちゃうなんて、本当に恐ろしい。笑えない。

「でも、おじさん、釣ってビックリしてたんだし。外に出たけど結局たいやきとしての人生だよな。元のサヤにおさまったって事じゃないの?」
少し救われた結論になりました。

それにしても毎日焼かれるっていうのは…?
(だ●ご三兄弟にも同じ様な謎がありますが。)

何にしてもセンセーショナルな歌だったに違いありません。
当時、大人はどんな思いでこの歌を聞いていたのかが気になります。


 
   
Posted at 18:01/ この記事のURL
コメント(0)


 
 
Global Media Online INC.