冬の空気 

November 07 [Fri], 2008, 11:21
先週、ぼーっと歩いてる時に貴方を見かけた

声を掛けようとも思ったけれど怖くて止めたわ
だってどうせ貴方はあたしに気づかなかったし


颯爽と自転車に乗る貴方と道端でのろのろと歩くあたし
何だか色んな意味で貴方に置いて行かれてる気がして
見かけて嬉しい、ってのよりも怖くなったの


でも冬の空気があたしの周りを包み始めたのと同じ頃から
不思議と貴方の事を考えてもあんまり怖くならないの

冬の空気はあまりにも冷たすぎて、
あたしの心の奥まで冷えてしまったのかしら

胸が引き裂かれるような痛みさえ懐かしいと云ったら
貴方は笑うかしら
其れとも怖がるかしら
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tsumetaiyoruni
読者になる
2008年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント