爪水虫の塗り薬

爪水虫の治療といのは、病院を受診して処方された飲み薬が中心なのですが
アメリカの方では塗り薬が一般的なんです。

もちろん、塗り薬なら副作用もなく安全ですから
爪水虫でお困りの場合で病院への受診を躊躇している方は
塗り薬を試してみたくなると思います!

爪水虫はいわゆる水虫と言われる足の指の間にできる水虫と比べても
治療していても症状の治りが遅いといわれています。

爪が生え変わるまでは完全に治ったとはいえませんから
しっかり水虫菌を完全に消滅させなければ
生え変わった爪に白癬菌(水虫の菌)が残る場合もあります。

そこでオススメなのがクリアネイル!
>>おすすめの爪水虫用塗り薬 「Dr.G's クリアネイル」はコチラ


爪水虫の専用塗り薬として米国の特許取得済み!
しかも、無色で無臭なんです。

硬〜い爪の表面から浸透していきますから爪の下の水虫菌にしっかり届いて退治!
特に女性にうれしいのが、マニキュアの上からでも使えるという塗り薬なんです。

1日2回、爪水虫専用の塗り薬Dr.Gsクリアネイルを
爪水虫の爪の上や爪とヒフの間に塗る・・・

すると、多くの方が続けていくと爪水虫の症状に変化が出ているという口コミが多いのです!

>>おすすめの爪水虫の塗り薬はコチラ








爪水虫の薬

爪水虫の薬といえば、内服薬と塗り薬。

内服薬には、市販薬は調べる限りありませんでした。
つまり、爪水虫の内服薬は病院以外で買えないということです。
反対に言えば、市販薬の内服薬では症状に変化はでないという薬と言えるでしょうね。

爪水虫の治療で病院の先生から処方される内服薬としては
テルビナフィン(ラミシール) 、イトラコナゾール(イトリゾール) ですね。
値段も薬の服用の仕方も違いますので病院でしっかり説明を受けておきましょう。

とは言っても、なかなか爪水虫の治療のために病院に行くのはやっぱりひけるものですね。
躊躇するといいますか、恥ずかしいというような思いにもなります・・・

できれば塗り薬のようなもので爪水虫が完治すればいい!と真剣に探している方もいらっしゃいます。

爪水虫を塗り薬で治す時は、如何に患部の爪に浸透させるかがポイントです。
最近では市販の塗り薬でも、病院で処方される同じような成分が入っている薬やインターネット場の通販でも手に入りやすくなってきました。

爪水虫といえば、少し前まで治らない水虫の病気と言われていましたが
塗り薬だけで治せる可能性(症状による差はありますが)はあると考えられているようです。

病院に行くのを少しためらっている場合は、ネットでの通販で塗り薬を調べたり
近所のドラッグストアで探すだけでも一歩前進だと思います。

とにかく早く一歩踏み出すことが爪水虫の治療の始まりとも言えるでしょう。





爪水虫の治療

爪水虫になってしまうと、感染する水虫なので人に感染するということを忘れてはいけません。

爪水虫の治療を早く始めることが大切なのですが
大切な家族にもうつさないことも考えておきましょう。

爪水虫の治療は内服薬と塗り薬が基本です。

ただし、爪水虫の初期に病院に行って処方してもらうことに恥ずかしさや抵抗があるひとも多いはず・・・
爪水虫を完全に治すには、病院で処方された内服薬を飲むのが一番なのですが・・・

でも、爪水虫を早く発見して、爪水虫の所の爪を爪きりでしっかり切って
手始めに簡単に手に入る塗り薬からはじめる方が多いようです。

爪水虫の症状の進行にもよりますが、塗り薬ではじめる方が多いんですね。
それほど、最初から病院を受診するのは抵抗を感じるものがあるんです。
しかし、症状と爪水虫の期間によってはそんなことは言ってられない場合もありますから
迷っているなら皮膚科受診をオススメします。

爪水虫の治療に忘れてならないのは
症状が良くなってきてからといって勝手に薬を止めること!

完全にツメが生え変わるまでは完全に治ったとはいえませんし
爪水虫は数ヶ月で治るものではありませんから
再発をしないようにじっくり治療に取り組むことが大切なんです。

爪水虫の感染をご家庭で拡散しないように
キレイなお部屋のチェックをしていきましょう!

たとえば、スリッパとか風呂場のバスマットやじゅうたんなんかは要チェックかも・・・

爪水虫は薬の治療と一緒に生活のチェックを心がけることが
大切な治療の考え方じゃないかなと思います。


爪水虫って?

爪水虫というのは、白癬菌という菌が、爪の根本や爪とヒフの間に感染してしまって、爪の形や色が変わってしまって、いわゆる水虫の一種なんです。

爪水虫になると、初めは爪の先の色が、白っぽくなる症状から始まって、特に自覚症状はありません。
その後は進行してしまうと、徐々に指の根元にうつっていって、ツメ全体の色が変色していきます。

以前は中高年に多かったのですが、最近では10代から20代でも
爪水虫になる方もいらっしゃいます。

それは、例えば、長い時間ブーツをはいていたりすることも多くなっていますから
指先から水虫となる場合が多いようで、爪の間へゆっくり感染していくわけです。

このように爪水虫は感染症なのです。
症状が悪くなる前に、早めの治療をオススメします。
恥ずかしいからと受診を避ける方もいらっしゃいますが
爪水虫と診断される症状が早いほど内服薬の効果があがるようです。
しかも時と共に、爪が剥がれてしまうこともあるんです。

また、爪水虫はそのままにしておきますと、感染症ですから家族にもうつる可能性があります。
爪水虫が徐々に広がったいるということは、大切な家族にも爪水虫が広がる可能性が高いということになります。

早目の受診&治療が必要なんですね。