【 更新情報 】


>>爪の病気でお悩みの方へ<<

指の爪の病気が気になる方へ

爪の病気は、爪の切り方や食生活、爪に栄養を与えることによって予防することができます。
爪の健康を保つ方法をいくつかご紹介します。
爪の切り方は、手の平方向から指先を見た時に見える爪の部分だけ深爪しないように切りましょう。
切り方は爪に負担をかけないように数回にわけて切り、爪の角は肉からはみ出る位で残しておきます。
角を落とさないのが健康を考えた切り方です。
爪を健康にする食事の栄養素としては以下のようなものが挙げられます。
爪は皮膚の一部ですので、主成分であるケラチンというタンパク質をバランス良く摂ることが大切です。
健康な爪をつくるのにタンパク質は必要不可欠ですので特にコラーゲンを摂ることをおすすめめします。
他にもビタミンB群やカルシウムは爪を丈夫にし、折れにくくする働きがあります。
ビタミンEと亜鉛は、爪の血行をよくし、艶を保ちます。
鉄分は鉄欠乏性貧血を改善、予防することで爪の変形を防ぎます。
ビタミンB6はケラチンの生成に関与している栄養素ですのでしっかり摂取しましょう。
また、爪のお手入れには、爪と爪の周りに栄養クリームやハンドクリームを塗ってマッサージを心がけましょう。
そうすればおのずと爪トラブルの予防、改善につながります。










自然妊娠 秘訣
35歳 自然妊娠
40歳 不妊症
不妊症 治療法

爪が割れる病気にならないために

爪が割れる、爪が割れやすいと思っている方結構いらっしゃると思います。
この爪が割れる症状は、実際は爪が縦に裂けている状態のことで、爪の病気ではないそうです。
爪が割れる原因としては、有機溶剤やマニキュア、リムーバーを頻繁に使っていると、爪の脱水や脱脂作用が進行してしまい、爪がもろくなることにより割れやすくなってしまいます。
こういった覚えが無いのに爪が割れる場合は、糖尿病や皮膚病、卵巣機能障害などの病気にかかっている可能性が考えられます。
心当たりがある方は、病院で一度診察を受けてみてはいかがでしょうか。
また割れやすい爪は、爪の病気である爪甲剥離症の原因にもなりますので、爪に栄養クリームなどを塗るなどのお手入れをしてあげることで爪の病気の予防になるそうです。
爪が割れやすい場合、しばらくはマニキュアを控えるようにして爪にかかる負担を減らすようにしましょう。
爪に異常が感じられたら、お早めに皮膚科の専門医に診察を受けにいくことをおすすめします。
爪がもろいという症状の他に、爪が厚く白っぽく変色しているといった症状が見られる場合は「爪真菌症」の可能性があります。
これは爪の水虫のような病気で、放っておくとどんどん進行してしまいますので注意が必要です。
爪真菌症は内服剤と塗り薬で完治しますので、気になる方は診察を受けるようにしましょう。









不妊症 冷え性
不妊症 食べ物
不妊 悩み
子供 授かる

爪に線ができる病気って?

爪に縦、もしくは横のどちらかに、長い溝や線ができる病気のことを「すじ爪」と言います。
大人の爪の場合は、爪の縦方向に線が入るのは普通のことなのだそうです。
年をとるにつれて縦すじが目立ってくるのは、皮膚にシワができる事と同じ様に、老化現象の一つと考えられています。
他にも血液の循環が悪い時や、しもやけが原因で縦線が入ることもあります。
横方向に線が入る原因は、亜鉛が欠乏した場合、妊娠中、子供のはしか、高熱が出た時に横線が入るそうです。
他にも、ストレスや栄養不足が原因とも考えられているそうです。
無理なダイエットが原因で爪の表面が凸凹になってしまったケースもあるそうですので、
規則正しい生活や食生活をおくれるよう十分に気を使いましょう。
すじ爪を目立たせない秘訣としては、お肌の手入れのように爪と爪の周りにハンドクリームや栄養クリームなどを塗って、よくマッサージすることが大切です。
縦すじが目立って気になる場合は、爪甲表面をやわらかい紙やすりなどを用いて軽く磨いてあげると目立たなくなりますので是非一度お試しください。









不妊改善療法士 金龍
自然妊娠 法則
mcas 問題集
mcas 合格

爪の病気・爪の横に皺ができたら

爪に横向きの溝または、爪の横に皺ができる病気を爪甲横溝といいます。
爪の上皮部分を強く刺激したり傷つけたり、爪を強く押し付けたりすると
後爪廓の位置が変動することにより爪が凹凸になってしまうため、爪甲横溝ができやすくなると言われています。
爪にマニキュアを塗りすぎたりすると、爪が洗濯板状の爪甲になってしまいます。
また、体調不良の時などにも数本、横溝が現れることがあります。
爪甲横溝は、主に長期にわたる精神的ストレスや、自律神経失調、更年期障害などが原因で現れると言われています。
横溝は、爪の栄養障害によって爪の上皮の下にでき、横溝の深さは栄養障害の度合いによって異なってきます。
爪甲横溝は、爪の発育とともに前方に移動していきますので栄養障害や体調が回復すると共に治っていきます。
爪甲横溝にならないためにも、普段から爪をいじり過ぎないように注意し食生活にも気を使うことが重要です。
そして、日々ストレスをためないように、自分に合った方法でストレス発散を心がけましょう。










mcas powerpoint
パソコンスクール 池袋
パソコンスクール 東京
パソコン教室 神戸

爪の病気・爪甲剥離症になったら

爪甲剥離症は、爪が皮膚からはがれる病気のことです。
爪甲剥離症の原因は、バセドウ病やカンジダ感染などの細菌感染によるものや爪甲剥離症を引き起こす薬を内服した場合などの薬疹によるもの、マニキュアや洗剤の継続使用によるものや、料理人、美容師、庭師など指先をよく使う方の職業病などが原因で起こるとも言われていますが、爪甲剥離症の症状が原因不明で引き起こされている場合がほとんどなのだそうです。
爪甲剥離症の症状は、爪が爪先から根元に向かって徐々に剥がれてゆき、黄白色になったりするそうです。
また、指と爪のすきまにゴミが入ることにより部分的に褐色になる場合もあるそうです。
爪甲剥離症になったら、まず速やかに病院へ行って診察を受けるようにしましょう。
爪甲剥離症の治療法は、爪甲剥離症の原因となっている疾患の治療を行って爪には副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)を塗布する方法が一般的な治療法と言われているようです。
爪甲剥離症の治療中は、マニキュアなどは使用しないように十分に気をつけましょう。
ガソリンや有機溶剤なども爪甲剥離症を引き起こす原因となりますので、注意が必要です。









パソコン教室 岡山
パソコン教室 立川
パソコン教室 錦糸町
P検 参考書
P R
カテゴリアーカイブ