恐れていた一言が・・・

September 07 [Wed], 2011, 9:57
出た とうとう出てしまったぁぁぁ〜〜〜
「幼稚園・・・、行きたくない」 の一言が。

なんで?と聞くと、「お友達いないし、楽しくない」・・・。
きっとこれがタケの本心なんだろうな。


年少さんで「行きたくない」って言われた時とは、やっぱり全然違う
今の状態の方がお母さん的にはもっとつらいなぁ。
たけっちもつらいだろうな


たけっちの性格からすると、自分からはなかなかお友達を作れるような性格では決してない
今までみたいに、ママさん繋がりで幼稚園終わった後とかに友達と一緒に遊ばせてあげられれば、おのずとそこからも仲良しさんになっていって幼稚園でも仲良くできるんだろうけど、今のお母さんは周りは知らない人ばかり
手を貸してあげることができないのが、何とも歯がゆいし、もどかしいよ。

早くたけっちが心の底から、今の幼稚園楽しい〜〜〜って言ってくれるようになるといいな。
友達作りに手を貸してあげることはできないけど、せめて頑張って幼稚園終わった後は楽しい時間を過ごさせてあげれるよう、お母さんもファイトだな

怒らないから優しい?

September 05 [Mon], 2011, 22:55
新しい幼稚園に通い始めて、本日登園3日目

ほとんど幼稚園での出来事を話してくれないたけっちは、相変わらずやっぱり話してくれない
でも今日は、2つの事だけ話してくれた。

まず一つ目。
9月下旬にある運動会ではバルーンをやる。その練習で「こんな風にお布団みたいに寝っ転がるんだよ。」
「こんな風に手を叩いて踊りもするんだよ。」
と言って、やって見せてくれた こんな話だけでもたけっちが話してくれるのが珍しい
お母さん、嬉しい

そして二つ目。
給食で「もう食べられない」って言ったら、先生が「残して良いよって言った。優しい先生だよね。」
「じ00幼稚園では、悪いことしたら先生がすっごく怒って怖かったけど、新しい幼稚園では先生が怒らなくて優しいんだよ。」だって。
怒らないから優しい?笑える
前に行ってたじ00幼稚園ではそんなに先生が怒って怖かったのか?その部分の記憶がたけっちの中では鮮明に残っているのか?
ま、分からなくはないけど、なんとなーく笑えてしまった
でもお母さん的には、先生にはバシバシ怒って教育して欲しいんだけどなぁ


そして今日からドラキッズも再開
今回のドラキッズは、全員女の子のみ
たけっち、慣れない教室で、しかも活発に発言しまくる女の子達に囲まれて気後れしたのか、一切言葉を発せず。
でも終わった後は「楽しかった」 「タケはもうあそこのドラキッズは慣れたよ」と言っていた・・・。
ホントぉ?ホントに楽しかったのかぁ?もしかして、強がってる?

本当に慣れるまでは、たけっちの試練はしばらくつづくなぁ・・・


転園後、初登園!!!

September 02 [Fri], 2011, 11:45
7月中旬に転勤と言われ、東京に引越してから早1ヶ月・・・。

物件探しに引越に、お盆の帰省に、幼稚園探しに転園準備に。と7月後半からバッタバタで過ごし、
ようやく昨日からたけっちの新しい幼稚園生活が始まりました

ちょっとの間サボってしまっていた日記も、今日から頑張って再開しよう
あぁ、溜めに溜めまくっていた広島の大好きな仲良しさんたちとの思い出もちゃんと残しておかなきゃ
ボチボチゆっくり書き残そう・・・。


昨日は以前通っていた幼稚園より1時間も早く準備をして、いざ出発
昨日も今日も、相変わらずたけっちは、の〜〜〜んびりお支度。
これってもしかして、たけっちなりに新しい幼稚園に入る事に対しての緊張や抵抗を表しているのかな?と少々心配になるくらい元気があまりない。しかも今日は「気持ち悪い」とまで言い出した


そんなたけっちを急かしながら連れて行き、先生に引渡した。
その時のたけっちのなんと寂しそうな表情・・・ こっちが涙出そうになった。

昨日は午前保育だったから、3時間後にはあっという間にお迎えだったけど、お迎えに行ったとき「楽しかった?」と聞くと、「楽しかった〜」と引きつった表情で答えるタケ。
なんとなーくお母さんに気を使って楽しかったって言ってる雰囲気だな。

今日からは午後保育。しかもお弁当ありの運動会の練習まで始まる
ああ、ちょっとたけっちの様子が心配でたまらんッ 
幼稚園に様子を見に行きたーーーーい

子供は大人より環境に慣れるのは早いとは思うし、それもよーくわかっちゃいるが、きっと1ヶ月くらいは毎日こうやって気にしてるんだろうなぁ・・・。
これからしばらくの間、タケの様子をちゃんと観察してフォローしなきゃな

父の日の絵

June 23 [Thu], 2011, 11:34
ただ今たけっち4歳3ヶ月。
父の日の絵です。
スーパーに提出してたのが返ってきました。



最近ようやく目・鼻・口・髪の毛とかの人間の主要部分を書けるようになってきた(笑)

「だっこしてくれて ありがとう」 のメッセージつき
一生懸命書いて、お父さんに喜んで貰えてよかったねたけっち
しかし、一年前と比べると、ずいぶんと絵も上手くなったもんだ



そして、こちらはお母さんが目当てにしていた景品
 

アーベルは、おっきな花火セット
ウォンツは、駄菓子の詰め合わせ
フレスタは・・・、返却期限過ぎてたから何ももらえんかった チッ

たけっちは純粋にお絵かきを楽しみ、お母さんは純粋に粗品が楽しみ
また来年も提出しよっと



水族館にて・・・

June 18 [Sat], 2011, 22:04
高速料金1000円の最後の土日。
せっかくなので遠出しようというお父さんの提案で、下関の水族館へ
片道3時間かからないくらいだけど、広島の高速はまず渋滞がないから、長い道のりもあまり苦には感じない

今回の水族館。たけっちの成長が目をみはるほどだった 

前回まではペンギンがメインだったけど、今回は生き物に直に触れるのに大はまり
ヒトデやナマコ、ヤドカリや魚に触れられるタッチプールに、一番テンションあがってた

今まで絶対ナマコや魚なんかには触ることのできなかった少々臆病なたけっち。
今回は、ナマコ&ヒトデをわしづかみでしたッ

  

ヒトデを重ね合わせて ヒトデサンドウィッチ 作ったよ〜 とか、
ナマコを握りつぶしてナマコから水を吐かせようと一生懸命 「ナマコ、おしっこでないね」とか・・・。
ヒトデもナマコもちょっと可哀そうだったな

結局このエリアで正味1時間以上遊んでたような気が・・・



でも、こんな風に何でも興味を持って触りまくって、少しずつ男の子らしくなってってくれてるのを見ると、お母さんはちょっと安心しました
あんまり臆病なところばかりじゃぁ、せっかく男の子に生まれてきたのに楽しみ半減だもんね


お昼は魚市場でお寿司を食べたり、船に乗って武蔵VS小次郎の地、巌流島まで行ってみたり。
  
顔出しパネルが大好きなたけっち。我が家では、これがあったらお約束のように撮影してるなぁ

久しぶりの遠出のおでかけ。たけっちもだけど、お父さんもお母さんも楽しんだ

あ、↓この亀が上に向かって泳いでるトコ、これ見てたけっちは、
「亀ちゃんが泳いで行ってる明るいところは、あれ竜宮城じゃん???」と言っていた。
なるほど。そうゆう見方もあるもんだ。と、お母さんちょっと感心しました
たけっちのヘンテコ発言。いちお日記に残しておこう。

てれてれ坊主 と カエル

June 16 [Thu], 2011, 12:12
今日は朝から雨雨雨

突然たけっちが「てれてれ坊主作りたーーーい」と言い出した。
てれてれ?完全に間違っとるわ それじゃ「はなかっぱ」に出てくるキャラじゃないか

でも、てるてる坊主・・・・・。そう言えば一度も作ってあげたことがない。
朝から 簡易てるてる坊主 作りが始まった。

たけっち作、お父さん・お母さん・たけっち に見立てたてるてる坊主↓


お母さんがベランダに紐で吊るそうと四苦八苦していると・・・
「こうやればいいんだよ」と、たけっちが洗濯ばさみを組み合わせて吊るし始めた。

こうゆう時の子供の発想力って素晴らしい
お母さんじゃ、「紐で吊るす」って考えにとらわれて、絶対思いつかない

ついでに作った 簡易すぎるカエル を窓に貼り付け、幼稚園に出発しました。


忙しい朝に、二人で何やってんでしょ?(笑)

幼稚園での出来事

June 15 [Wed], 2011, 11:44
普段たけっちは、幼稚園での出来事をほとんど喋ってくれない。
お母さんが聞き出そうとしても、「何だっけ?」とか、「忘れちゃった。」とか、あと話してくれても空想が混じってて、どうもいまいちたけっちの話をお母さんが理解できない、とか・・・。

だから、たけっちが幼稚園で普段どんな事をして遊んでるのか、誰と仲良しなのか、お母さんはあんまり把握していない。
正直なトコ、たけっちの友達が様子を教えてくれて、お母さんはその情報をもとに普段の行動を把握してたりもする
ちょっと情けない

そんなたけっちが、今朝は珍しく自分から色々喋ってくれた


「仲良しのSちゃんに、Kくんとタケの二人でダブルパーンチってするの。
でもSちゃんはとっても強いんだよ。パンチされても全然泣かないの。そんで逆にやられちゃうの。」

はい おいおい、こらこら。二人でパンチなんて、そりゃいかんだろーが


「先生はタケの事も怒るんだよ。でも一番怒られてるのはTくん。
Tくんは一度怒られても、同じ悪いことををもう一回やるの。
だからTくんは先生に外におっぽり出されちゃうんだ。
でもタケは一回しか悪いことしないんだよ。そんで次は別の悪いことをするんだ
そうすれば先生に外におっぽり出されないでしょ?」

 今のは聞き間違いか
そんな確信犯的なこと、たけっちにできるんか

Sちゃんにパンチの話はともかくとして、先生に外に出されるのがイヤだから別の悪いことをするって話は、そんな風に考えて悪さをしてるタケの行動に対するショックと、タケにそんな事ができるはずはないって思い込んでるお母さんの感情が入り混じって、お母さんかなりへこんだ

ただでさえ時間の無い朝なのに、何でそうゆう事をしちゃいかんのか、そこからしばらく言い聞かせが始まりました。

幼稚園でこんな事をやって楽しかったとか、あんな事して嬉しかったとか、そうゆうもっとイキイキとした楽しい話を聞かせて欲しいのに・・・。
久々にたけっちの口から直接聞いた話は、なかなかの内容だった。ああ、朝から疲れた(涙)

でも、良いでも事も悪い事も何でも話してくれる今が、素直で一番可愛い時期なのかも?とも思う。

運動会/じーちゃんばーちゃん来広

June 06 [Mon], 2011, 22:43
土曜日に運動会があり、それを見るため&久しぶりにたけっちに会う為に、先週金曜からじーちゃんとばーちゃんが泊まりに来てくれました

じーばーに会うのは半年ぶり。
たけっちは数日前からテンションでした。
ばーちゃん曰く、どうやらじーちゃんも日を追うごとにだったらしいケド(笑)

じーばーを広島駅まで迎えに行き、当然夜まで大はしゃぎのたけっち
そんなたけっちを半ば強制的に寝かせ、運動会当日はなかなかの良い天気でした

まずは入場行進。でも・・・かなりやる気のなさそうなたけっち
絶対じーばーとハシャギすぎのせいのような気もする。でもま、いっか。
  

年中さんの出番は、障害物競走とバルーンの団演。
さて、まずは障害物競走だ。

お母さんは運動会のお手伝いのため、リハをみてたけど、その時のたけっちの順位は6人中4位。
どんくさい?と言うかマイペースなたけっちにしては、まぁまぁの順位かなと思っていた。
本番はじーばーが見ててくれてるから張り切って欲しいな

スタート直前、たけっちが隣の子より良いスタート位置をキープしようとしてるぽくて、何やら二人で押し合いっこをしてる
そんな事してるうちに「よ〜い、ピッ」の笛が ああ、出遅れた

まずは、地面に敷いてあるフープを両足揃えてピョンピョン
両足揃えて飛ぶのって結構難しいのか、出来てるようなできてないような?って感じの子も多かった。
たけっちも・・・まぁできてる方かな?足をそろえなきゃって意識して飛んでたのはエライエライ

続いて跳び箱。
これも2列あって、3段くらいの高さだったけど、1つは普通の跳び箱より奥域がちょっと短め。
そっちの方の跳び箱を選んで飛べばいいものを・・・。わざわざ長いほうを選んでジャーンプ
今はまだ飛びきれないたけっち。うんしょ、うんしょとおケツをズリズリやって、これも頑張ってクリア

最後に平均台。ここは案外あっさりキレイに渡れてて、最後は3位でゴールしました

順位はどうであれ、決して運動が得意な方とは言えいたけっちにしては、結構頑張ってたほうじゃないかな?
とお母さんは思う。頑張ったたけっちに拍手だ
ばーちゃんもたけっちを発見できたらしく、興奮気味に応援してたらしい(笑)
じーちゃんはと言うと、平均台の目の前を陣取りながら、結局たけっちを発見できず。
後から「タケはいつの間に走ったんだ?」なんて言ってたな

バルーンを使った団演は、年中さんの毎年恒例らしい。曲はジッパディードゥダー。
手をフリフリしてバルーンを動かしたり、バルーンの中にもぐったり、花火を模してカラフルなボールをいくつも飛ばしたり、楽しそうに笑顔でやってました

年少さんの徒競走とかも見たけど、なんかたどたどしいと言うか、ほんわか〜ぽってり走ってるというか。
可愛くて、つい一年前を思い出して懐かしかったなぁ
それと比較すれば、年中さんの今はかなりしっかりしてきたように感じるな。

保護者や先生が一緒に参加するリレーがあったり、運動会って疲れるけど見てる分にはやっぱ楽しい。
リレーで走ってたママパパ達もみんなキレの良い走りをしてるし、先生達も結構早いし、子供達の声援つきでみんなすごい頑張って走ってた。
もし自分が走んなきゃいけなかったら・・・・・と考えると恐ろしいな。ま、そりゃナシだな(苦笑)

しかし、心残りはたけっちの写真がほとんど取れなかったこと
当日役員やってて写真取れる位置をキープできかったのが敗因だ

最後に、幼稚園からのお土産とメダルをもらい、解散〜。
↓仲良しのリョーくんと。
  

 

家に帰ってからは、じーばーとずぅーーーーーーっと、最近はまってるベイブレードで遊ぶたけっち。
じーばーも、よく疲れないでずっとタケの相手してられるよな。ホント、感心してしまうわ。


翌日は、原爆資料館に行ったり、「かなわ」でご飯食べたり、皆でのんびり過ごし、月曜にじーばーは福島に帰っていきました。
じーちゃんばーちゃんが居る間は、たけっちは全然お父さんお母さんの所には寄ってこなかった。
そんだけじーばーと遊んでると楽しいんだろうな
じーちゃん、ばーちゃん、来てくれてありがと

↓広島駅に見送りに行ったとき。九州新幹線みずほ・さくらと


じーちゃんばーちゃんを見送った日の夜の事。たけっちがお母さんに一言。
「じーちゃんばーちゃんは次来るのは明日?」

なんでそうゆう発言が飛び出すかな 

夜のかくれんぼ

May 30 [Mon], 2011, 22:36
「おかあさーん,かくれんぼしよーよ」とたけっちが言い出した。

かくれんぼなんて久しぶり。仕方ない。1回くらいは遊んでやるか

たけっちが鬼で、お母さんが隠れる役。
たけっちはフライング 10数えるなり、「もーいいかーい?」も言わずにお母さんを探し出した。

最初は、「お母さーん。どこに隠れたかな?タケが見つけちゃうぞぉ」とか言って、かなりノリノリ
でも外が暗くなってきてる事に気づき・・・「お母さーん。もうオバケさんが出てくるよ どこ?どこにいんの?」と声色が変わってきて。
最後には、「お・か・あ・さーーーーん タケがオバケさんに連れてかれちゃうよぉぉぉぉ
大泣きです。

たかがかくれんぼで、見つけられないだけで大号泣
そんな幼い態度が、可愛いやら可笑しいやら
たけっちが号泣してるのに、お母さんは大爆笑だった。

同じ歳くらいの子でも、まだこんな風に泣いたりするのかな?



お風呂で練習

May 29 [Sun], 2011, 22:32
今年度から幼稚園のスイミングは、近所のスイミングスクールのいっかくを借りて(なのかな?)、練習をやるらしい。

水嫌いのたけっち。
去年のスイミングの体験も、お話になりませんッてほどの有様だったのに、だいじょぶなのだろうか・・・

園からスイミングキャップとゴーグルも持たせてくださいとのお手紙があり、たけっちも購入
なぜかお父さんまでゴーグルを購入 たけっちと一緒に装着したかったのか?

スイミング本番で、せめてキャップとゴーグルくらいは自分で付けられるように。と、早速お風呂で練習しました



新しく買ったモノって何でもすぐに使いたがるのは子供の習性だな。張り切ってお湯に顔をつけるたけっち。

本番でも怖がらずに水に入って、顔をつけたり潜れたりできれば良いのだが・・・ う〜ん。心配