KIZNA

May 09 [Tue], 2006, 20:29
ちょうど1ヶ月前の4月9日に中野ザ・ポケットで行われた舞台「KIZNA」。
小清水希さんが出演するということで観に行ってきました。

4時からの開演に間に合うようにギリギリまで仕事をしてから出発。
電車に乗ると2駅で中野駅に到着…特別快速ってすばらしい!
駅から歩いて10分前には会場に着きました。
そして前から2列目の一番下手側の席を案内されて、いざ観劇。

ストーリーは幕末が舞台の外伝物で、天草四郎の末裔がいたという設定で、
キリシタン・薩摩藩・幕府隠密などが交わり展開するもの。
なぜか会場には小さい子供達がたくさんいたんだけど、
子供達には難しい内容+分かり易いアクションだったかも知れない。

会場で回収されるアンケート用紙は、時間もないからなんとな〜く
ご祝儀コメントになってしまうもの。
で、ここは正直な感想をば…。

つづく↓
【殺陣】

冒頭から剣と棒が入り乱れる殺陣のシーンで始まるんだけど、
これがかなりのスピードで迫力がありました。
舞台全体の見栄えを考えていたり、スローモーションなどを加えたり。

ただ、殺陣はスピードが上がれば上がるほどリアリティがなくなるので、
刀も軽い竹光に見えてしまう。(←ま、実際そうなんだけど…。)
真剣の刀が持つ重みや凄みを感じるような殺陣があったらなぁ。


【笑い】

主題がボケて何が伝えたいのか分からなくなってしまうので、
安易に笑いを取らないところは良かったです。
(大根で頭を殴るシーンは流れが切れて意味不明だったけど…。)
内容は重いだけに敢えて所々に滑稽な演出も置いてあるんだけど、
客席は笑うところまでいかず、ホッと息を抜くような感じでした。
若い集団なのにまじめに作ってるなぁって感じました。


【舞台効果】
中野ザ・ポケットは小劇場ならではの近い距離感に加えて
座席配置も考えられていました。音響も密度があって悪くないです。

照明やってた身としては、劇中の目潰し照射の長さに閉口しました。
あの角度と時間、マジで目をつぶす気かと(笑)
うまくホリ使うとか、もうちょい上に向けてほしい。

もう一点、あくまで個人的な意見ですが、薩摩藩の藤次が死ぬシーンで
口から血を吹き出す演出は無い方がよかった。
彼の気持ちの入った芝居で侍の無念さは十分伝わっていたのに、
小道具を使って奇を衒った瞬間、僕の中では醒めてしまった…。


【小清水希さん】

町娘の鈴香(りんか)役として登場。
リアルで見るのは初めてだったけど…そりゃもう予想以上に美しかった。
もう町娘というよりお姫様?という佇まいでした。

どんな人物だろうと思うのも束の間、
鈴香の心の奥底に秘めた感情が呼び起こされるシーン。

「雪が降っていた…。」

焼き討ちに遭って亡くした両親を偲んで町娘の表情が一変する。
虚ろな目、ふらつく足許――― 町娘という存在から、
深い悲しみ持つ存在へ。演じ手の奥行きを感じた瞬間でした。

ただ、この舞台のキーパーソンであるが故に明確すぎる人物設定。
それが縛りになって鈴香という役は予想以上に自由度が低い…。
何か解放しきれないようなものを直感しました。

ご本人は語りませんし、僕の勝手な邪推かも知れませんが、
与えられた役割を全うすることが求められる中での役作りは、
きっと大変な葛藤があったのではないかな、と。

語弊を恐れずに書くと、役柄に対してオーバースペックというか、
彼女はその中でも最大限を引き出すよう演じていたと思います。
特に終盤、繭の亡骸に寄り添って感情を吐露するシーンは、
とても切なく見ていて心に来るものがありました…。

やはり舞台はキャスティングでかなりの部分決まると思います。
例えば彼女は殺陣ができる役者にもかかわらず、
今回は懐刀で一突きするシーンだけで終わってしまいました。
もし激しい殺陣をこなす役柄での演技を想像したら…、
それだけでワクワクしてしまいます。

最後に。

瞳はあの場所で確実に輝きを放っていました。
やっぱり舞台の上にいるべき人です。
今回のものを糧にした次の何かを楽しみに待っています。

以上、駄文失礼しました。
  • URL:http://yaplog.jp/tsuguhiro/archive/67
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
バンビーノ
今更だけど、これって印度華麗が公演した「大江戸に降る雪」のパクリですよね。作・演出の薬袋って人、印度華麗に結構出てたし。薬袋脚本として公演した作品はいくつか見たけど全部印度華麗のパクリだった。印度華麗ファンとして、演劇ファンとして盗作なんてゆるせない!!てかかっこわるいしダサイ・・・
April 23 [Mon], 2007, 22:11
つぐひろ
おー!ご本人がすぐに読んでくれて嬉しいです。
どうもありがとうございます!
May 10 [Wed], 2006, 0:59
のぞみ
さっそく飛んで参りました!
細かい感想、ありがとう!
こんな風に書いて下さる方はいないので嬉しい限りです♪
必ず先へつなげる糧にするのでよろしくね〜o(^_^)o
May 09 [Tue], 2006, 21:40