閉店しない閉店セール 

June 07 [Thu], 2007, 15:30
近所のお店が「閉店セール・在庫一掃!」の張り紙を出しまくってから早1ヶ月…
皮肉にもお客さんの数が増えて盛り上がってる。
でも、なんか一向に閉店する気配が感じられない…。


ふと奥から店主の声が聞こえた。

「この商品の取り寄せには少々お時間頂きますー。」


…。


在庫一掃セールで取り寄せちゃダメだろ。

もう閉店する気ないな^^;

男のコロコロ… 

April 23 [Mon], 2007, 1:14
今日、人混みを歩いてたらホントに邪魔だった!
しかも急に止まりやがんの。 o(`ω´*)o<あぶねーよっ!

女の子がコロコロ引っ張って歩いてるのはまぁいいけど、
若い男があんなもん引っ張って歩いてもカワイクナイ。

男だったらちょっとくらい重くても引力に負けてないで、
ガッと肩に担いで歩けっつーの。

そして階段は1つ飛ばしで上れ!
それが男の美学じゃ。

バカみたい 

March 26 [Mon], 2007, 6:29
これは逃したら後悔すると思って
僕は無理やり引きとめた

何年もの間、吐き出せなかったものを
彼女は怒りながら話していた
僕は真剣に話を聞いた

そして最後に、精一杯謝ろうと思って
今まで本当にごめんねと言って握手をした
彼女はそのまま泣き始めた

もう恋人でもないけど、蟠りがとけて友人になれた気がした
その後はあの頃のように冗談もしゃべった
あの頃のように笑ってくれた

これまでのことを知る人達はこの光景に驚いている
それが楽しい僕らは見せびらかすように振舞って…



目が醒めた。

現実には何も変わっちゃいないのに、
錯覚するほどリアルな夢。
今さら何を見てるんだか、自分に呆れる…。

あんた誰? 

March 02 [Fri], 2007, 19:35
駅の近くのベンチに座っていたら、急に声をかけられた。

「ひさしぶり〜。なつかしいなぁ。」

…げっ!顔を見ても誰だか思い出せない!

俺「あれ、えーっとぉ…。」

男「俺のこと忘れた?」

どうもその人の話を聞くと、中学の時に隣の中学だったらしい
その学校には毎週部活で練習試合に行っていたので、
どうもその頃の知り合いらしい

普通はある程度話してれば思い出せるのに、
この人に限ってはいくら話をしていてもダメ。

共通の仲間がいたので、かろうじて懐かしい話はできたものの、
なぜかその本人だけまーっっったく思い出せない!
しかも申し訳ないことに、その人は俺の苗字までしっかり覚えてた。

俺「んじゃまた!」

男「おう、またねー。」

と言って別れたものの、もし次に会ったらどうしよう。
しかも名前すら聞けず…。いやぁ、こんな経験は初めてだ。
そいつが存在感無さ過ぎなのか、俺がボケてるのか。

いまだにあいつが誰なんだか分からん。

献血したらジュースで取り戻す? 

March 01 [Thu], 2007, 16:52
人間の体の60%から70%程度が水分です。

しかーし!よく考えれば「水分=血液量」ではなかった。
そりゃそうだよね…血管の中にしかないんだし、
肉も骨もあるわけで。

人間の全血量はおよそ体重の13分の1。
ざっと考えて70kgなら5リットルちょっと。
なんか想像よりも少ない…。


そして人間はどのくらい血が無くなるとヤバイのかというと、
5分の1(≒1リットル)でショック症状が始まって、
3分の1で危険な状態(生死の分かれ目)になるという…。
これが「出血多量」という状態。

ってことは、つまり

1升瓶の量の血が無くなるだけで人は死ぬ!

…かも知れない。

そう考えると、実は400ccの献血するってすごい!
どうりで3~4ヶ月に1度しかさせてもらえないわけだ…。
やっぱり時間はかかるけど成分献血のほうがいいかも。

でもジュースもらって喜んでる俺(笑)

聞くのが憂鬱な言葉 

February 28 [Wed], 2007, 20:06
「暖冬」

さらに

「猛暑」

シルバーシートって死語? 

February 21 [Wed], 2007, 7:51
最近は「優先席」って言うらしいですねー。

朝、バスに乗ってたら杖を突いたおじいさんがゆっくり乗ってきた。
バスには2人掛けの優先席があるから、
そこに座るんだろうなって思ってたら、その隣の普通席に座った。

その時僕は、
「遠慮しなくても座る資格がありますよー。」って思った。


―――バスは走り、次の停留所で停まった。


今度は2人連れのおばあさんが乗ってきた。
さっきのおじいさんよりも、明らかにもっとゆっくりな様子。
結局、2人は空いていた優先席に座れた。

自分よりも相応しい人が乗ることを想定したのか無意識なのか、
おじいさんの判断は正しかった。

人が来たら席を譲るのも大切だけど、
席を空けておく=気を遣わせずに譲ることなんだよなって
その光景を見てあらためて思った。

男は黙ってローソンカード! 

February 14 [Wed], 2007, 13:50
ま、題名のままのことをやっちまったわけですよ(^_^;)

初めて行ったコンビニだし、あんまりちゃんと見なかった。
なんとなく青っぽいコンビニ…みたいな感じで。

そんな中、「ファミリーマートカード提示で値引き」の文字発見。
さっそくレジでおもむろにカードを差し出す俺!



…固まる店員。静かな時間。



やっと不穏な空気を察知した俺は気づいた。

「やべぇ、これローソンカードだ…!」


―――ってゆーか、そんな時は店員も機転を利かせて、
「お客さん、これ違いますよ(笑)」なんて言ってくれりゃあ、こっちだって
「あれれ?まちがえちゃったよっ!あはは、あははのはー。」なんて言えたのに。

そんなに素で対応されるとさー。

うーーーーーーん。

ハートをもらった 

December 12 [Tue], 2006, 7:51
朝、バス停に行ったら小学校からの同級生に会った。
そしてその横には小さい女の子が元気に動き回ってる。
バスで幼稚園まで送るらしい。

その子はお父さんの小学生時代とは180度違って(笑)
人見知りの「ひ」の字もない子で挨拶も元気。

「あ、ハートだ。コレあげる。」

何かを見つけて僕に差し出す。



小さいイチョウの葉っぱだった。

喫煙者の暴力 

December 09 [Sat], 2006, 11:35
もともとは自分もタバコに関しては穏健派で、
「他人に迷惑をかけなければいいんじゃない?病気になるのも自業自得だし。」
なんて思ってた。…それなのに、やっぱりどうにも許せなくなってきた…。
それは最近、特にマナーの悪さが目に付くからだと思う。

昨日も後ろを歩いてた男が俺を追い抜き、歩きタバコで前を歩きはじめた…。
もう瞬間的にその背中を蹴り飛ばしたい衝動に駆られたよ。

「マナーを守って喫煙を」なんてきれい事を耳にするけど、どういう意味?!
煙も臭いも完全に消せる方法があるなら分かるけど、不可能でしょ。
タバコを吸うこと自体がすでにマナー違反なんだから。

<最近、俺が実際にあった不快なこと>
●室内では吸えないのか、外ならいいと思って隣に住む男がベランダで吸う。
  →当然、窓を開ければこっちにも煙が入ってくる。洗濯物に臭いがつく。
●駅のホームで直前まで吸ってた男が満員電車に乗ってきた。
  →ニコチンの悪臭吐息を撒き散らす。

でもこんなの大したことないんだって思う記事を見つけた。
嫌煙者は不愉快になるからこの続きを読むなら覚悟して…。