ボケって脳梗塞後遺症?(介護その6) 

2005年12月30日(金) 21時38分
 認知症って、変だと思いませんか?
 正確には認知不能症とか認知できにくい症?とか言うのが当たっていると思うんですが・・・
 近くの医院でデイサービスなどの意見書を書いてもらうと、健忘症と書かれたり、患ってもいないのに脳梗塞後遺症なんて書かれるんですよ・・・
 今の医学界の現場の底辺ってこんなもんなんですよ(驚) 
 単なる加齢によるボケ・・・ってことだと思うんですが?違うんでしょうか?
 最近思うんですよ、ボケって、周りの世界を徐々に意識しなくなり、自分の世界に入っていくことではないか・・・ってね。
 母を見てると最近強くそう思うんです・・・。私自身そんな傾向ありましたから血筋かなあ(笑)とか、複雑な思いです。母はA型、私はB型・・・関係ないか・・・・?

夏休みの思いで 

2005年08月31日(水) 11時56分
夏休み、懐かしい響きです。今日で終わりですね・・・、関係者のみなさん。夏休みといえば、私が小学生だった時のことを思い出します。6年生でした。
 母の実家が会津若松でした。どういう訳か二つ下の弟と二人きりで上野駅から汽車に乗せられて、一夏を過ごしたことを思い出します。上野駅で隣り合わせた知らない人に、母は私たちのことをお願いしていました。小学生二人だけでの旅でした。
 会津の夏は暑く本当に夏という感じでした。飯盛山の近くの発電所の上の川で泳ぎました。流量が多くとうとうと流れていました。・・・蛇が、、、私たちと一緒に泳いでいました。
 私は、蛇が大嫌いでした(好きなひとあまりいないですか・・・)嫌いだとわかると土地の子たちがからかってくるに違いないと思って平気な顔をしていました。
 こわかったけど、土地の子たちにからかわれたりいやがらせされることの方がいやでした(怖がれば、必ず蛇を押しつけられると確信していました・・・)。
 馬にも乗りました。いや、正確には乗せられた、といった方がいいでしょう。 
 これもこわかったけど、何とかこわがってると思われないように必死でした。
 こういう思いはきっと自分だけで今思うと、はた目にはちゃんと臆病な子と見えていたんだと思います。
 何回も夏休みがあったのに、夏休みの思いでといえばこの6年生のときの思いでしか記憶にありません。
 50年前、兄弟だけで旅をさせた父と母・・・父は10年前になくなり、今母は特別養護老人ホームに時折お世話になるくらしをしています・・・感慨ひとしおです。

ライブカメラ(介護その5) 

2005年08月01日(月) 11時41分
  母を残して仕事に出ると、今頃何してるんだろう…ヘルパーさん来る時間だけど…外に出ようとして汗かいて必死になってないか…といろいろ気になります。
 
そんなこと気にしてたら、仕事に出られないし、割り切ることにしていました。でも、気になります…そこで、ネットのメッセンジャーを使ったらどうかと考えました。PCカメラで映像を公開して母のリアルタイムの画像を見ようというわけです。…まさにライブカメラじゃないですか。
 
職場にはB5版ノートパソコンを持ち込みエアーエッジでネット接続します。
 首尾良くライブ映像を受信できました。もちろんうちで実験済みですからネットがつながるところならどこでもリアルな映像をみることができるわけです。 くるまの中でも大丈夫でした。
母はソファーに座って大体居眠りしていました…
 動かないで長い時間いると電気仕掛けで電灯は消えたままになりますから夕方は真っ暗な中にぼーっと母のすがたが見えるといった具合・・・でした。
 
実験は成功でした。でも、疲れました。外に出かけてまで母のことを気にしていたんでは、正直身が持たない、と思いました(汗)。
 今ではそういうことができるということを確認したということで、やめています。
 
わかったことその1、ある程度で割り切らないと介護者は参ってしまうということ。
その2、母は大体昼間居眠りしているんだ、ということ(笑い)。 

全国温泉めぐり・・・ 

2005年07月31日(日) 22時12分
 行く雲のごとく、流れる水のごとくと、退職後の心構えを
気取ってはみたものの、昔の偉いお坊さんの心境とはほど遠く・・・
 ただボーっとして流れに任せてだらだらと暮らすこの頃であります(失笑)。

 現職中は、眠れなくなることもあまりなく、うなされることもなく、
なんとか無事に過ごせたのが本当に嘘みたいって思い返しています。
 
 わりと思い切りよくやってきたような思いが自分の中にはあります。
 実は周りのみんなが陰で必死に支えてくれていたんですよね(汗)。
 おかげで丸三年が経ちました。
 そろそろ全国温泉めぐりにでも出かけようかと思っています。

   (これは、某会への最近の私の近況をまとめた・・・拙文です。)
 
 だれか、一緒に行こう!(笑い)

泥棒さん、いらっしゃい・・・(介護その4) 

2005年07月28日(木) 21時10分
 母の頭は、ぼけたとはいえ戸締まりと電気のコンセントを抜くことだけはなぜかしっかり昔の習慣がこびりついていて・・・やってしまうんです。
 戸締まりは、この物騒な世の中ですから、アルミサッシの回転錠?を通常締めてあります。
 母は、夕方になると戸締まりをするんですが、締めてあるのを逆に開けてしまうんです。
 それで母は閉めたつもりなのです。ある日私が帰って、見たら3カ所あるアルミサッシがすべて開けてあって・・・仰天しました。
 以来、上のレール部分にひねって閉める形の補助錠を取り付けました・・・。
 泥棒さん、いらっしゃい・・・でした。助けて〜・・・(引きつり笑い)。


電気仕掛け・・・(介護その3) 

2005年07月19日(火) 19時08分
 人がいて、手があるならこんなこと考えないかも知れません。
 人間60年もやってるとあちこち不具合が生じてきます。物忘れが多くなり、ぼけた母からぼけといわれるようなことがあると・・・かっこわるいです(笑い)
 ガス台は以前から過熱しすぎると自動的に消火するものにしてありました。
 電気は、点いたり消えたりはガスより簡単ですから、まず24時間タイマーにテレビとこたつをセットしました(今はテレビと扇風機)。
母の暮らしに合わせて起きる頃点く、寝る頃消える・・・、週3回デイサービスに出かける時は出かける頃消えて、帰ってくる頃点くようにセットします。
 私は、仕事に出かけるとき、そのタイマーがその日のスケジュールに合っているかどうかを確認するのが役目です。
 居間の照明も人がいると点灯し、いないと消灯するものにしました。 勝手口から入るヘルパーさんを検知すると点灯する、ハロゲンセンサライトを、居間から母の寝室までの間に2灯セットして、通れば点灯し、通りすぎると消えるようにしてあります。同じように外の玄関から勝手口までもハロゲンセンサライト2灯で誘導します。
まるで電気仕掛けだらけなんですが、その電気を少しも感じさせないからおもしろいですね。
おかげで、無用な気を遣わずに毎日母のためのお弁当やさんをやれているんでしょうか・・・(引きつり笑い)。

卓球教室・・・ 

2005年07月13日(水) 23時14分
むかしは、駅のうらとかに卓球場がありました。(どこの駅・・・?笑い)今は卓球を楽しむ場所を見つけるのに一苦労します。

そんな折り、区で成人卓球教室という企画があって、参加しました。全10回500円・・・5000円の間違いじゃないかと思いました。区の社会教育課主催・・・です。

私も実は、そういう生涯スポーツ関係の職を縁あってしています・・・。詳しくは言えませんが、区の企画はすばらしい、称賛に値すると正直シャッポを脱ぎました。

いろんな人が、いろんな過去をしょって、いろんな想いを抱いて集まっているんでしょう・・・。
どのスポーツもそうなんでしょうが、卓球は特に、基礎的なことを時間をかけてやった人にとっては生涯スポーツとして続けていける種目だと思っています。温泉卓球でもいいんです・・・笑い。

基礎的なことを振り返るいい機会になりました。おまけにすてきな彼女まで見つけちゃいました・・・。
ほんとにおまけなんですけど、彼女と打ち合うとなんかすごく楽しいんです。強いおじさんに相手になってもらってもっと強くなるという方向が、頭にあったのが・・・すっ飛びました(笑い)
惚れっぽい・・・んです(笑い)。
彼女を強くさせよう、そんな気持ちになっちゃいました・・・。変ですね。

卓球・・・ 

2005年07月13日(水) 23時11分
卓球との縁は、古いです。私が小学校5年生の時、信州松本から東京に引っ越して来ました。父が新築した家が広い洋間があり、そこに机を並べて子ども部屋にしていました。机を二台並べると卓球台風になるんです・・・。父と一緒に卓球した覚えは記憶の中にまったくないのですが、きっとはじめの頃手ほどきを受けたのかな・・・って想いはあります。そんな環境ですね・・・。中高大学と縁はありませんでしたが、職場に入ってすぐに芽が出ました・・・毎日猛特訓を受ける環境・・・、おかげで都大会の区代表の6人の中に入っていて、国体に出た女子と互角に打ち合っていました・・・。あの当時の私が、今の私を支えているのかな・・・と思うところがあります。一時期集中してやれる環境というのは大事にしたいと常々思っています。一事が万事・・・ともいいますね。

母は、これでやせました・・・(介護その2) 

2005年07月01日(金) 23時03分
 母は、一日中テレビをともだちに過ごしています。
 当然摂取したエネルギーは蓄積されていきます。やせさせなきゃいけないな・・・と思うと同時にその役目は私だ・・・と気付きました(笑い)
栄養学?の基本は小学校5年の家庭科です。それに加えて某国営放送の某番組でした・・・。わかりやすくするのが長続きするコツです。
 それがこの冷蔵庫に貼られている「栄養素配分メモ」です。魚、肉、豆、卵・・・一日3食の中で配分すればいいわけです、野菜は、野菜炒め用の103円のパックを炒めないで煮ちゃいます。それをおひたし風にするか、卵と一緒に軽く炒めちゃうか・・・変化をつけて用意します。
3食一緒に作るので、配分は楽です。一回一回作ると一日のトータルがわからなくなりますから・・・。
 母は、炭水化物を減らしてさらにこの実験(?)で見事にやせました。私は、同じ物を食べているんですが、余り物で間に合わせたり、母中心に進めることが多く・・・現状維持です(笑い)・・・母心がわかったような気になっています・・・甘いですか

見栄って大事ですよ・・・(介護その1) 

2005年06月17日(金) 23時28分
  母の食事は、私が作っています。夕方、明くる日の朝昼晩3食分を用意するんです。
   仕事に出ていく関係で冷蔵庫に朝昼晩と3段に分けて入れておきます。
 朝は私が用意したものを食べさせて、仕事に出かけます。
 昼夕はヘルパーさんが用意していたものを温めたりして食べさせてもらいます・・・。
 魚と野菜があればいいかと・・・適当に考えていたのは、ヘルパーさんが入る前のことです・・・。
 今は深く反省して朝昼晩に魚・肉・卵・豆を含めるように極力しています。野菜は毎食、果物、牛乳を摂取するように用意します。
 ヘルパーさんが入らなければ、こんな具合にまじめにやりませんよ、きっと。
 人の目・・・というのは・・・人間って、人と人との間で、バランスとって生きてるんだなって思ったんです。
 かなり唯我独尊的に生きてきた私がそう思うところに意味があると思いませんか?
 押しつけちゃいけませんね(笑) 
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tsububogu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる