2005年11月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像shige
時事放談 (2006年10月21日)
アイコン画像管理者
今日は長文〜S岡へ〜 (2005年11月05日)
アイコン画像S岡かもね
今日は長文〜S岡へ〜 (2005年11月05日)
アイコン画像TT
戦士達よ (2005年11月01日)
アイコン画像名ポイントガード
戦士達よ (2005年10月31日)
アイコン画像ポチョム
問題提議 (2005年10月10日)
アイコン画像1/3
あの頃 (2005年10月09日)
人物情報
■T・T
■1983年射手座生まれ
■A型
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tsubi-r
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
時事放談 / 2005年11月07日(月)
昨日バスに乗ったら、隣に座ってたおばあちゃんが、隣のおじいちゃんにやたらと愚痴をこぼしていた。(二人は夫婦ではないようだ)

 「最近移動が大変なんですよ」(おばあちゃん)

 「バスの台数が劇的にすくなくなったんですよ、大江戸線が出来てから。」(おばあちゃん)

 「大江戸線なんて、地下すぎて降りるのが大変すぎるんですよ。本当に老人はかわいそうですよ。」(おばあちゃん)

 「ホント住みづらくなりましたよ、ここは」(おばあちゃん)

 「消費税も上がるそうですしね、物価もどんどん上がってるし、大変ですよ」(おばあちゃん)

 「アメリカが消費税8%って言っても、物価が違いますもん。アメリカは本当にやすかったですよ、コシヒカリなんて700円でしたよ。日本じゃ7000円はしますから10倍ですよ。本当に移り住みたいですよ。」

 みたいな事を言っていたが…いろいろ思うことがあった。

 まず最初に…

 じいさんにしゃべらせてあげて

 じいさんのコメントがほぼなかった。あってもスルー。会話になってない。

 次に大江戸線に関してはまぁ、同意見ですよ。これ以上ないくらい掘っちゃいましたから。俺も地上にでる手間を考慮して、他のラインを使ったりはします。

 しかし…

 自分のことかわいそうとか言わないで

 老人は本当にかわいそうですよって…あなたが老人じゃないみたいにもとれますよ。見た目は80近いのに。・・・てか、もっと前向きに生きてくれないと、これから老い行く我々が虚しい気持ちになります。

 最後に…

 アメリカの米と一緒にしないで…

 コシヒカリの値段は、魚沼産でも10キロでやっと7000円を超える程度です。米を主食とする我が日本の最良の米と、アメリカで簡単に買える米の質を同じと考えるのは、新潟に祖父母を持つ私としては非常に悲しい。

 そもそも毎日コシヒカリなんて食いませんよね。自分の家は1300円以下で5キロの米をドンキで買っています。それでも中にはコシヒカリと袋に書いてあることもありますが…。

 ちなみにアメリカには国としての消費税はなく、州ごとに同じような税をかけてるらしいんですが、州によって税率が違うようです。最高税率はカリフ ォルニア州の8.5%、最低税率はコロラド州の2.9%だそうです。


 
 
 続きを読む…  
Posted at 03:47/ この記事のURL
コメント(1)
今日は長文〜S岡へ〜 / 2005年11月04日(金)
  今冷静に始めなければならないことを考えてみた。

 勉強…企業分析……。これらは重要だ。絶対やらなければならないことだ。

 しかし、それは皆がすることである。おれオリジナルではないし、そもそもそれらは少し前からボチボチではあるが始めている。

 今すぐにでも始めた方がいいのではないかと思うもの…

 それはやはり先日の話題にもなった株だと思う。

 なぜならバイトに入れなくなり、今ある資産で、就活終了までやっていかなければならないと思うとかなり厳しい。

 それなら確実ではないが収入を得られる可能性を株売買という形で確保しておく必要があるのではないかと感じた。

 また、面接時でもその経験はかなり使えるのではないかと見た。

 例えば…

 「私、ただいま株に熱中しておりまして…とは言いましても儲けることより、知識を得ることの方ににプライオリティーを置いている段階ですが…」

 「おお、わしもやってるんだよ。どのへんがきそうかね」

 「〜社が今熱いのではないかと」

 「うむむ、いいところをつくな。君採用!」


 …という感じにはいかないにしろ、株経験をうまく使えば様々な質問に答えられそうな気がする。


 ということで株を始めたいわけだが…どういう手法をとるかということをまず考えなければならない。

 中長期に株を保有して株価を観察していくか、数日またはデイトレーダー並に取引を頻繁に行うかなど。

 今の時期一番理想なのは中長期的な取引である。なぜなら特にデイトレードは素人には難しいと聞くからだ。

 しかし…いかんせん資金がない。

 つまり、いつ金に困って現金化するはめになるか予測がつかない。それではおいしそうな株を見つけても株価の上昇まで待てない可能性がでてきて、利益が数ヶ月かけてほぼゼロまたは赤字という結末になる恐れがある。

 そこで、デイトレードとは言わないにしても一日に1〜2取引をする方法をとるのもいいかもしれないと思っている。

 例えば、200円の株を300株ほど買って5〜10円株価が上がったら即売る。利益は1500〜3000円だが回数を重ねることが出来れば割りとまとまったお金になるのではないかと思う。

 しかし、またここでいくつかの問題が発生する。

 
 
 続きを読む…  
Posted at 02:05/ この記事のURL
コメント(2)
過ちは二度、三度 / 2005年11月02日(水)
 そういえば、二日ほど前、以前書いたハロウィンのイベントが今年もありまして、私も最悪なことに運良く、その日にシフトに入っていました。

 制服に着替え、職場の皆のもとに向かうと…

 見慣れたでかいとんがり帽子をかぶっている変な人達が、俺の職場でチケットを売っていました。

 が…よく見ると顔も見覚えのあるものばかりです。「仲間達よ…」

 その時思いました…

 「今年もか………」


 そうなんです。今年もバランスをとりながら売るはめになったのです。それに何がイヤかって、頭がむれるんですよ…むれまくるんですよ。ただでさえ職場暑いのに…。

 さらに、みんなずっと変な帽子かぶってるから休憩室に、帽子の後が残った、ヘルメットみたいな髪型の奴がいっぱい現れるんですよ。普通にきついです。

 もっと通気性の良い帽子をお願いします。メッシュでお願いします。
 
   
Posted at 01:15/ この記事のURL
コメント(0)
戦士達よ / 2005年10月31日(月)
 友達のブログにも書いてあった出来事なんですが、この日記にも残したいと思ったので書きます。

 朝早く、まだ誰もが活動の鈍い時間帯に友達が車で迎えに来てくれました。時間は八時前です。

 その日は久しぶりにバスケの大会に出場することになっており、そのために高校時代の黄金世代が再び集結したのです。

 だが、朝我が家に友達が着いた時、確実に予定より遅れていました、時間が。

 ヒーローは遅れてやってくるともいいますが、その日は遅れるわけには行きません。会場で待っている猛者達に申し訳がないからです。

 だが、そこはもう何かしたら免停という我らが優良運転手の力量です。高速道路並みのすりぬけと、邪魔する車を睨み付けるその眼光でスムーズに車は進むという最高の安全運転で時間の問題はとりあえず解決しそうでした。

 車中、高くなりすぎたテンションを抑えるために…

 「いや、でも土曜すからね、中には親子チームとかも来てるんじゃないか?とうちゃん!息子よ!みたいな感じのチームがさぁ〜」と私はネタみたいなことを言っていました。

 みんなも…

 「ありえるな〜、それ」みたいなかんじで笑っていました。」

 そうこうしているうちに車は時間ギリギリに到着しました。少しやばいかなと思いつつ、受付に行きました。

 すると…

 対戦相手が見当たりません。小さい子達が騒いでいるだけでした。

 「まだ、来てないようだな」…そう思いながら対戦表見てみました。

 すると、4チームと書いてありました。それを見て私は…

 「濃度の濃い戦いになるな〜!」と思ったものです。そして体育館をのぞくと…

 おばさんと、小中学生くらいの子達が、ボールをバスケのゴールめがけて投げて遊んでいました。

 「こらこら、君達。これから試合なんだよ。」そう思いながら、受付の方に対戦相手の詳細について聞いてみると。三つのことがわかりました。

 ひとつ、チーム数が3チームに減った。

 ふたつ、片方のチームはママさんチームだ。

 みっつ、もう片方は中1?のチームだ。

 「おお、さらに濃度が濃くなった。そしてかなりの強敵…ん〜〜〜〜???」


 
 
 続きを読む…  
Posted at 01:59/ この記事のURL
コメント(2)
生涯学習 / 2005年10月30日(日)
 株が欲しい…今すぐ…

 しかし金がないのさ…。


 日本人の持つ株に対するイメージは良くないことが多い。日本人は安定を求めるからだ。株のような流動的なものは好まれないわけです。

 私自身もギャンブルは好きではない。完全なる運任せに自分の資産を賭けてみようとは思わないから。

 しかし株はギャンブルではないと思っています。運の要素も確かにありますが、やり方を間違いさえしなければ、確実に勝つことが出来るものだと思っています。実際にギャンブルで一億手にしたという話より、株で一億手にした話の方がはるかに多いはずです。


 ただ、今の時点で勝てるとは思っていませんし、一獲千金を夢見て株式投資がしたいかというと、そういうわけではありません。今のところ。

 なぜなら、やはり株で勝利するにはかなり豊富な経験を要すると思うからです。それに現時点の資産では株購入量が少なすぎてかなりおいしい株を買えたとしても儲けは小遣い稼ぎ程度でしょう。それで十分ですが。

 今は儲けを第一に考えるより株を通じて学ぶということが大切だと思っています。それで少し稼げちゃったらうれしいくらいな感じです。


 株が複雑なのは、株の流れは人の心の動きに等しいからです。ですから経済についてばかり知っていても話になりません。様々なニュースが人の心を動かすからです。

 今年も株式市場で「バブル」があったようです。

 皆様は電車男に代表される「萌え」という言葉をもちろんご存知ですよね。

 普段の我々にとってはネタ以外のなんでもない言葉ですが、今年の「バブル」の原因はここにありました。

 つまり「萌え」関連のゲームやおもちゃなどの企業の株が高騰したのです。その上位16社は、ある二週間で一気に18%ほど株価が上昇したらしです。買う額が大きければかなり儲かる上昇率です。

 まぁ、つまり株を始めたらあらゆるジャンルの情報を網羅する必要性が出てくるわけで、儲けに直結するとなれば、知識の収集に貪欲になり、その蓄積率は爆発的に上昇するだろうということです。

 萌えまで重要なんですからオールジャンルですよねホントに。

 疲れたのでこのへんで…
 
   
Posted at 01:57/ この記事のURL
コメント(0)
とんがり帽子 / 2005年10月28日(金)
  もうじきハロウィンですね。

 私の働いてるとこでは去年ハロウィンの日に仮装をするという、まことに残念な素敵なことをやってました。

 仮装なんて言っても私はチケットを売る部署ですので、たいしたものではありませんでしたが、施設内の誘導をする方々達はかぼちゃ着たり、メイクしてドラキュラったり、大変不気味なやんちゃなことをやっていたみたいです。写真まで撮ってました、自らの変わり果てた姿を。

 私はというと…頭に自分の顔の二倍以上の高さはある魔女的な帽子を乗っけられてました。

 本当にチケットが売りづらかったです。

 なぜなら高すぎて常にバランスをとってないと帽子が落ちる可能性が高いからです。

 そんなもん接客スマイルも引きつります。首筋がバランスをとるため常にフルパワーなわけですからね。普通に苦しいです。のびのび働かせて欲しかったです。

 もちろん、仮装が成立していたならこんなに文句いいません。でも帽子だけですよ…中途半端な…迷惑なだけですもん…。。

 どうせ、上層部の連中がハロウィン間近になってから…

 「誘導の人間だけでなく、入口のカウンターの奴らにもなんか仮装的なことさせた方がいいだろ、やっぱり」(上司A)

 「やっぱそうですよね。入口の人は普通なのに中入ってみたら、急にカボチャ人間とかいたりしちゃったら、お客さんビックリしちゃいますもんね」(その部下A)

 「たしかに、そうですけど、今からじゃ衣装間に合わないですよ」(その部下B)

 「そんなもん余った帽子でもかぶらせとけ」(上司A)

 ・・・てな感じでギリギリに決まったに決まってる…。計画的にあの中途半端さだったらもっと凹む。


 まぁ、なにが言いたいかっていうと、

    今年のハロウィンは普通でお願いします!

 一応今のところ私の部署では仮装はないらしいが(去年の姿を目の当たりにしていれば当たり前の決定だが…)うちの場合前日までわからないんすよね〜、なにが起こるか。
 本当にパルプンテみたいなもんすよ。
 
   
Posted at 02:49/ この記事のURL
コメント(0)
無重力なら… / 2005年10月27日(木)
  ある二人の会話

 「世の中に体重がなかったら…あまいものいっぱいたべまくるのにね〜」

 「ね〜」

 「もう、常に食べ続けていたい!!」

 「そうよね〜」

 「でもけっこうやばいからな〜」

 「わたしもよ〜」

 「あら、あなたはぜんぜんじゃないの〜、やばくないわよ〜」



 …はい、ふたりとも小太りですからね。まぁ、確かに前者の人の方が若干…

 今日バイトで新人の人二人が話していた会話内容を書いて見ました。意味はないのですが、なんかおもしろかったもので…。だって丸い人がキャラどうりの発言してるんですもん。プライベートじゃ、なかなか聞けない発言ですよ、テレビでもない限り。普通丸めの人はそのての内容避けますもん。


 まぁ、二人ともいいひとですからね、気持ちを隠すことのない、さっぱりした性格なのかもしれません。
 
   
Posted at 02:28/ この記事のURL
コメント(0)
乱れ雪月花 / 2005年10月26日(水)
就活が近づくにつれてNEET化が進行している私です。

 なんせ今ゲームばっかりやってますから…

 何やってるかっていいますと、ロマサガのPS2版です。

 このゲームは一応フリーシナリオということになっています。

 FFなどだと、「〜に向かうのじゃ!」とか言われてそれに従って動いていかないとクリアーできないという場合が多いですが…フリーシナリオの場合、最後に倒すべき敵は変らないものの…それ以外はほとんど必須のイベントがありません。なので自分から動いていかないとイベントが全然起きません。大学みたいです、積極性がないと、たんなる日常生活になっちゃいます。

 なので、ストーリー性が少し薄くなるのは事実ですね。ただいろんな事に首突っ込んでたら最後の敵と戦うことになったみたいな感じになるので。

 ある一つの物語を見つめていたいという人にはあまり、向いていないでしょう。退屈してしまうかもしれませんから。

 私自身もフリー過ぎるのは面倒臭いと思う性質なので、FFシリーズの方がすきなんですが…ロマサガにはあまりにも有名ですが「ひらめき」という最高の機能があります。

 「ひらめき」とはその名のとうり、戦闘中に新しい技をひらめいて繰り出すのです。この機能により戦闘がかなり興奮したものとなります。普通のロールプレイングではザコ敵との戦闘はジャマくさい以外のなんでもないですが、ロマサガの場合は常に可能性を秘めています。

 とうわけで、まとめると戦闘のロマサガ、ストーリーのFFと言えますかね。お好みのほうをプレーしてみてくれると幸いです。


 今は一刻も早くロマサガをクリアーしなければなりません。そうしないと、正常な日常生活に戻れないので。本当にやばいです。魔力を持ったゲームです。

 早起きするので寝ます。もちクリアーするために…
 
   
Posted at 01:12/ この記事のURL
コメント(0)
見てはいけない… / 2005年10月21日(金)
 「魔界の入口ってのがあるらしいね」親がこう話し始めた。その話には、俳優の「東みきひさ」の実体験が絡んでいるらしい。

 その体験というのは…

 ある夜先輩と一緒に車に乗っていた。しばらく走ると暗い坂道にでた。そこを進んでいくと、途中に後姿の女の人らしき人が道をふさぐようにして立っていた。
 「みきひさ、ちょっとどくように言って来てくれ」先輩がそういうので彼は車を出てその人に近づいていった。

 「すいません、どいてもらえますか、通れないので」

 そう言った瞬間、その女の人は振り返ったかと思うと四つんばいになり、近くの崖をしんじられないスピードで上って行ったらしい…

 この話は結構良く、バラエティー番組などで話されているようだが、当然のように周りの反応は「うそだ〜」と否定的である。

 だが今回は、初めてあの江原さん(霊能者)にこの話を分析してもらったらしい。

 先ほどの話を聞いた直後、彼は「その現場って有名なスポットでしょ?」

 「はい…」(東)

 「やはり…あそこには魔界の入口があるんですよ…」(江原)


 以上のようなやりとりをテレビで見たため、親はその影響を受けて俺に話し始めたようだ。

 いつもなら完全にスルーするのだが…「魔界の入口」という言葉が無性にひっかかる。現実にそのようなものが存在するなどという話を聞いたのが初めてだったからかもしれないが…。

 江原さんの言うスポットとは、東が渋谷育ちだということを考えると青山霊園近辺である可能性が高い。「そんなベタなところか…」という気もするが…調べてみると同じような古い神社や石塚などが「魔界の入口」として噂されているようだ。

 何故だかどうもひっかかるのでこれからまた調べていくことになるかもしれないが、江原さんには「魔界とはそもそも何なのか」を説明してもらいたい。

 てか、なんでこんなにひっかかるのか不思議だ…最近は前世についてもいろいろ考えをめぐらしているが…その関係だろうか。

 あ、ちなみに勘違いしないでもらいたいのが、おれはすべての物事を信じもしないし否定もしていないだけだといこと。江原さんもおもしろいけど、完全に信じてはいない。興味深いの範囲にとどまっているにすぎないです。

 
 
 続きを読む…  
Posted at 21:47/ この記事のURL
コメント(0)
消化でもしたいのかい? / 2005年10月21日(金)
 また間が空いてしまった。暇人にしては今週は割と忙しく疲れたのでこういう結果になりました。

 ところで、前言った課題をとうとう提出することに成功しました。しかし、「戦火のかなた」を探すのにはかなりの労力を予想どうり消費いたしました。

 まず、六本木のツタヤにて捜索するもいっこうに見つからず、たまたま見つけた検索用の機械で「戦火のかなた」を検索するも…六本木にはないとういう結果に愕然とする。

 だが、運のいいことに他店の在庫状況も調べられたので、検索してみると…渋谷店にのみあることが発覚。「こんなレアな作品課題にするなよ…」と思いながらも、仕方なくすぐに渋谷に飛んで捜索開始。

 渋谷店は各地のツタヤの中で最大級の規模が売りなのだが…検索機械がない。検索機能がなけりゃ規模のでかさはデメリットにもなりうるというのに。。

 仕方なく、「戦火のかなた」が含まれていそうなカテゴリーをさがしまわること一時間…帰りたい欲を抑えながら、なんとか見つけ出すことに成功した。

 しかしあまりに古いためDVDがなく、VHSしかなかったのが痛い。うちのテレビデオかなりデンジャラスだからです…

 すぐに帰って、課題を始めた。最初の4分ぐらいのセリフと、カットが変るたびにそのカメラアングルを詳細に書き込まなければならないため、一時停止や巻き戻しを繰り返した。ドキドキが止まらなかった。そのドキドキは中学生の女の子が初めて先輩に告白する時のようなさわやかで甘酸っぱいそれとは全く異質のものである…

 繰り返すがうちのテレビデオは非情にデンジャラスなのだ…分かりにくくいうと食欲が旺盛なのです。。

 しばらくセリフなどかきこんで、もういいかなと思いビデオの取り出しボタンを押しました。すると「うぃ〜ん、うぃ〜ん、うぃ…がっ……」「がっ?!」その聞きなれない(ある意味聞きなれている…)音と共にビデオがいつものように、取り出し口から頭をのぞかせました。

 おそるおそるビデオを取り出そうとしてみると、…抵抗を感じました…抜けない…。

 何度もいいますがうちのテレビデオは危険極まりないんです。ある一定の確率でビデオを取り込んで離さないというわがままっぷりを発揮する。

 …彼は生粋のビデオイーターなのかもしれません。とっても迷惑です。
 
   
Posted at 02:52/ この記事のURL
コメント(0)
P R
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.