プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tsojutuvonktau
読者になる
2010年08月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
ノベル、簡単DRソリューションでLinux対応 / 2010年08月05日(木)
 ノベルは7月28日に、「PlateSpin Protect」「PlateSpin Forge」の最新版を国内で出荷開始した。Windowsサーバだけでなく、Linuxサーバの保護ができるようになったのが最新版の最大の特徴。

 PlateSpin Protectは物理/仮想サーバのバックアップ/ディザスタリカバリ(DR)ソフトウェア。PlateSpin ForgeはPlateSpin Protectをアプライアンス化した製品だ(機能は完全に同一ではない)。どちらも本番サーバの中身を別コンピュータ上の仮想マシンとしてデータ同期/保管しておき、本番サーバが利用不能になった場合には、この仮想マシンを代わりに起動することで、短時間のうちにシステムを復旧できる。本番サーバが修復された時点で、本番サーバに最新データを送り込んでこちらに切り替えること(いわゆるフェイルバック)もできる。ProtectとForgeはどちらも、導入と運用が容易な点に特徴があるが、日本市場では特にForgeの人気が高いという。

 新製品は「PlateSpin Protect 10」と「PlateSpin Forge 3」。保護対象としてWindowsプラットフォームに加え、初めてLinuxに対応した(サポートされるのはSUSE Linux Enterprise Server 10、SUSE Linux Enterprise Server 11、Red Hat Enterprise Linux 4、Red Hat Enterprise Linux 5)。また、WindowsプラットフォームについてはMSCS(Microsoft Cluster Service)/MSFC(Microsoft Failover Cluster)に対応した。つまり、MSCS/MSFCの対象となっているサーバを、さらにPlateSpin ProtectあるいはPlateSpin Forgeで保護し、障害発生時にはPlateSpin ProtectあるいはPlateSpin Forge側で起動できる。新たにAPIも提供。これによってジョブ管理ツールなどとの連携がやりやすくなった。

 PlateSpin Forgeではハードウェア(サーバ機)が一新され、ディスク容量は従来の2.5TBから3.5TBに増加した。メインメモリ搭載量は従来の16GB(オプションで32GBに拡張可能)から,標準で32GB搭載に変更となった。さらに、iSCSIはこれまでアダプタ(HBA)をオプションで搭載可能としていたが、今回からは標準搭載となった。また、サーバ機のリモート管理機能が標準搭載となった。 8月5日11時17分配信 @IT
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100805-00000000-zdn_ait-sci
 
   
Posted at 18:44/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!