十二指腸潰瘍の原因って?

June 13 [Mon], 2016, 15:24
十二指腸潰瘍の患者(そう呼ねれないように、常日頃から健康には留意しましょう)のおよそ9割のほうが、ヘリコバクター・ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリというのが正式な名称ですが、ピロリ菌の方がよく使われていますね)が原因で十二指腸潰瘍なりましたね。ピロリ菌(1983年にオーストラリアのロビン・ウォレン氏が発見した細菌の一種です)は口から体の中に入り込み、感染すると言われ、ピロリ菌(ヒトやイヌ、ネコなどの胃に生息する細菌で、胃潭瘍や悪性腫瘍の原因になることがあるといわれています)が作り出す色んな物質によって、粘膜が刺激を受けて、炎症(何らかの原因により、免疫応答が働いて起こる症状のことをいいます)を起こしてしまいます。ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリというのが正式な名称ですが、ピロリ菌の方がよく使われていますね)は酸性の強い胃液を中和するアンモニアを分泌する事により、死滅行う事なく体内に長く留まり、胃へ悪影響を与えるのです。ピロリ菌(経口感染すると考えられており、日本では若い人ほど保菌者の割合が少ないようです)に感染すると、まず慢性胃炎になるのです。その上、慢性胃炎になった人のごく一部の方が、慢性胃潰瘍などみたいですよ。十二指腸潰瘍は、胃液と胃を保護する粘膜とのバランスが乱れたときに起こるのです。胃液には食べたものを消化する役割があって、その成分は胃の粘膜をも溶かしてしまったりするほどの力がありますね。胃の粘膜は胃液に消化されないように粘液を出していますから、胃液と粘膜は常にバランスがとれているのが正常な状態です。胃液と粘膜のバランスを崩してしまったりする要因としてはたくさんあるのです。ピロリ菌(1983年にオーストラリアのロビン・ウォレン氏が発見した細菌の一種です)の感染の他にも、過労、睡眠不足、緊張、不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)などといった精神ストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになるようです)も十二指腸潰瘍の要因としてあげられます。強いストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)は、急性胃潰瘍の原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)にもなりかねないのです。また、刺激の強い食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)や香辛料(臭みを消す、風味を増すなどの効果が期待できるでしょう)の過剰摂取、アルコールの飲みすぎ、コーヒー(カフェインの作用により、覚醒効果があります)、喫煙(吸っている本人だけでなく、側で煙を吸った人の健康にも影響が出るといわれています)、痛みどめ、ステロイドなどと言った強い薬の服用は胃への負担が大きくなり、十二指腸潰瘍へと繋がるでしょう。これらの原因により、胃液と粘膜のバランスが崩れてしまう事で、胃の粘膜が胃液によっても消化されて傷ついてしまい、十二指腸潰瘍や胃潰瘍が起こるのです
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Hinata
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tskav5iwtylisx/index1_0.rdf