明日

January 27 [Sun], 2013, 0:17
がんばれ!

今まで長い時間かけてじっくり準備してきたんだ、きっとうまくいくよ!
俺はそう思ってる。

終わったら、また二人でご飯食べ行こうか。打ち上げをやろう。


付き合い始める直前までやってたヤマハでね、毎年演奏コンペに出てたんだ
3ヶ月くらいかけて練習して、(団体演奏だったから)リハーサルもやって
それでもやっぱり当日緊張したよ。
でも、どんな時も、本番が始まってしまったら、一瞬で緊張は吹き飛んでた。

だから貴女もきっと大丈夫。始まってしまえば、うまく力を出せるよ。
絶対うまく行く。

ファイト!

埋め合わせ

November 23 [Fri], 2012, 0:13
寂しさで潰れそうな時って、何をやっても大抵面白みがない
1人になったら途端にやることを探し始める。

いいことのように見えるけど、やることなすことほとんどがつまらない。
早ければ5分10分。楽しくても1時間もすれば、段々虚しくなってきて、別の事を探し出す。
要するに、兄弟で育ってきた分、1人での楽しみ方があまりわからないのだ。


会う頻度が減って、帰宅後のひとりごとがドッと増えた。
毎日遅過ぎない時間に、寄ってくる近所のネコをなでに外に散歩しに行っている気がする。
しまいにゃ、さっさと寝てしまう。

あなたとたくさん会えていた日々は、こんなに充実していたんだ。
ひしひしと感じている。

やっぱり、なんだかんだ理屈を並べるよりも、一つ実感することが
いかに強烈か。

二車線の人生

October 24 [Wed], 2012, 2:27
昔、縁がまた交わることがあれば、という話をしたことがあるね。
人生の交差点?俺は一度離れたら、そんなものないと思ってた。実際は、あったのかもしれないね。




9月半ばにメモしていたことが、今もそのまま変わらなかった。

普段は、ホントに気持ちを言葉にする事が少ないよね。
それで今まで何度も苦労した。

でも、そういう不器用なところは一緒だよね。俺だって、貴女に「言わなきゃ伝わらない」と初めの年に言われないと、今のような性格にはならなかった。

それと、言葉でなくても沢山伝える方法がある。照れた態度だったり声色だったり。
嬉しい気持ちを言葉にしなくても、隠せてない時、貴女には結構あるよ。
だから、会える時は俺から出来るだけ汲み取ってあげる。嬉しいのも悲しいのも腹立つのも全部。そのための七年だったと思うよ。

これから、毎日俺の傍で照れてて欲しい。


なんて書いてた。
でも、確かめたい時は、ちゃんと言葉にしないとダメだからね。

まっすぐではないけど、もうこの先は二車線の一本道。着実に並走していこう、ね。

昨日と今日の反省の旅

July 31 [Tue], 2012, 3:02

なかなかうまい具合にタイミングが合わない事がある。
すれ違ったり、失敗したり、余裕がなかったり。
そんな中で、段々とお互い不安や不満を打ち明けて受け止めて
いけるようになって来ているのは、凄くいい経過だとおもう。反面、
日曜日話したことで、まだまだ至らないなと感じた。

今日の夜久しぶりに同期とメールしてて、また会いたいね、なんて事を話してた
神戸の研究室では真面目さが共通していて、懐かしい相手。男子だけどね

皆社会人になって、物腰がそれっぽくなってるのかなと思った。
俺だって仕事モードの時はそうだ。
ただ、仕事以外ではまだまだ気配りがズレる、油断することがある。
この歳になり、指摘してくれる相手がいるのは、ありがたい。同時に、少し情けない

イメージが湧かない、と言っていた
愛されてないと感じる、とも
本当に、不器用なんだなと思う。笑顔作るのが、異様に下手なのかも知れない
冗談だってかなり黒いネタがあったりするし、
何かの弾みで思考がへんなとこに飛んでっちゃうこともある。
大抵、そういう時って険しい顔して黙り込んでるんだろう

期間が延びたことを伝えた時にぱっと広がった笑顔、
何度伝えても照れてくれる言葉
何度も喧嘩して嫌われても、最後には戻ってきてくれたこと
それは一つ一つ確かなことだと思うから、
それにしっかり応えて少しでも不満消せて行ったらいい
ちょっとずつしか進まないかも知れないけど、直せるようにする。
こちらからも、言っていくようにする。

よく相談するお姉さんには「基本は対等じゃなきゃ」と言われてる
そうなれるように、今からは。

やった。

July 22 [Sun], 2012, 3:33
さみしい、ってさ。
あんまり良く無いことだけど、嬉しかった
そんな言葉をくれるようになったんだ
今がそれだけ幸せだって事だろうと思う

それはね、考えるいい機会かも知れない。
ご飯もいいだろう。
その間に、離れても一緒に居るためのやり方、考えてみよう。

不安を与えてしまった。
離れてさみしい中でやっていけるか、の不安だろう
さみしくならないように、は難しいかも知れない
でも、大丈夫。今まで長い間やってきたよ。
距離が近くなる不安は取れた。今度も、何とかする。
前例だってある。対策も。

頑張るからさ、ついてきて。

在りし日

June 24 [Sun], 2012, 11:21
太田川を挟んで、高陽のゴルフ場のバックネットを見ると、胸が締め付けられる
あの頃はよくこの景色を見ながら、会いに行ってたなあ、と

今、会いに行く景色はずい分変わったが、
あの頃の気持ちは変わらない。

楽しみで、早く会いたくて。
今日はどんなかっこかな。どんな事で笑うかな。

それが、向かったり待って居たりする間の楽しみ。

更新

June 24 [Sun], 2012, 10:38
朝早くから行ったら、割りと早く免許の更新終わりました。
今、アストラムの中。

さて、久しぶりに可部に戻るかな?

エンゲージ

June 24 [Sun], 2012, 4:34
貴女を好きな理由は、なんだったろう。

一番最初は、何気ないアドバイスのつもりで言った一言をずっと受け止めてくれていたこと。
好きだと言ってくれたこと。同じ部で、気楽に話できてた事。

最初は色々文句言ったし、迷惑かけたよね。
立ち読みのつもりがのめり込んで、ほっぽり出しちゃったこともあった。
それでも貴女は一緒に居てくれて、受験で潰れそうになって、親への反抗で
家出しちゃったりした俺に、泣きながらとある一言をくれた。
ああ、こんなに想ってくれてる人も居るんだな、なんて思うのと一緒に、その言葉は今も俺の核になってる。

その頃からか。貴女が大事でしかたなくなった。
大学進学で離れることになっても、続けられる限り好きでいようと思った
途中何度も喧嘩して、嫌われた理由さえ教えてもらえない事もあったけど、
その度にどうしたらいいか考えた。考えれば考えるほど、居ない生活が想像できなかった。

なんでだろうなんて考えたこともあったけど、結局学生時代には「長く一緒に居ること」「受け入れてくれてたこと」
の2つだった。

働き出してから、それだけじゃなくなってきた。
会ってる間に具体的なこと話せたのも大きいけど、それ以上に、貴女との時間が「癒し」になっていたよ。
そのままだと、休日さえ仕事のことを考えてしまって、全然休まらなかった。
大学院の助教の先生にも「人生に遊びも入れて、気持ちに余裕を」なんて寄せ書きに書かれてしまってたくらい
休日に休めない奴だった。

一緒に生きていきたいとまで考えてる節もあったから、当然と言えば当然だけど、会っている間は貴女に夢中だ。
だから、貴女と会えることが、すごくいい気分転換になってる。
貴女自身が自分のやりたいことにまっすぐで、すごく刺激になるのも、いい影響をくれる。
またがんばろうって気持ちになれる。

今の仕事は自分のしたいことだし、また県外に移動ってことになったら行くかもしれない。
でも、やっぱり貴女に居て欲しい。
料理の味から、一緒に頑張れそうな刺激をもらえること、面白いものを見つけてくるセンス、
好きで居続けてくれた実績、見た目。
沢山の理由があって、貴女以外に考えられないんだ。
だから、できる限りのことをしたい。君のために使う時間は、結局は俺自身のため。
君と居られることは、幸せそのものなんだ。

不信にさせてしまって、こんな言葉を並べても受け入れがたいかもしれないけど
この春から、君が俺の近くでしてくれてること、ほんとは嬉しくて嬉しくてたまらないんだ
今の仕事から少しずつ自分のしたいことが見えてきてるけど、
そのためには、君のサポートが絶対必要だ。
一緒に居て欲しい。

いい夢をみせてやるとか、楽な暮らしをとか
そういう謳い文句は、現実的なことを細々考える性格だから難しいけど、
けど、他のどんなやつにも真似できない受容と愛情をあげる。
まだ見たことない体験もたくさんできるよう、用意しとく。
喧嘩はするかも知れないけど、その十倍は楽しい時間作るよ。
そばに居てくれたら、それくらい嬉しい。

家事のこと

June 24 [Sun], 2012, 3:55
3月に俺が戻ってきてから、もう三カ月半。早いもんだよね
まずやりたかったことが、鍵を渡すことだった
いない間にうちにきて、家事してもらったりしたいって考えてたわけじゃなかったよ
鍵を渡すことで、どれくらい特別に感じてるか伝わればと思った。

帰ったら部屋が片付いてて、ご飯沢山冷蔵庫に入れてあった時は嬉しかったなぁ。
知らせを受けてた日とは1日ずれてたから、びっくりしたのはしたけどね
だって、ちょうどその日の帰り、先輩に「帰ったらご飯つくってあったりして」
なんて話をしてたものだから。
味もよかった。煮物大好きだし、ダシしっかり効いててさ。
味噌汁作ってもらったときなんて、どうしようかと思ったよ。
俺、「こういう味が好み」って言ったっけ?そう思ったくらい。

ただ、まだ頻繁にご飯作ってもらったりは考えてなかったから、色々負担かけてしまってるとも感じてた。
ホントに、「やりたくてやってる」のなら、これからもぜひお願いしたかったよ。

量やお金のことをくどくど言ってたのは、自分がだらしなくなっちゃいそうだったからと、
台所散らかしてるところをまじまじ見られるのが恥ずかしかったから。部屋や洗濯物もそうだね。
こんなに俺の都合で動いてもらって、いいのかなと感じた。
これを続けるとだんだん不公平に思うかもしれない。
そうなるとうまく共同生活できない、と感じさせてしまう気がして、怖かったんだ。

でも、それも込みで、結局俺の勝手だよね。不愉快な思いをさせたと思う。
一緒に生活をしていけるかって、やってみないとわからないと思ってる。
それか、かなり頻繁に来てもらったりしないと、中々予想つかなくて。
今まで来てくれてたのが、これからのことをしっかり考えた上でのことなら、本当にすまないことをした。
一緒に暮らしていくことを考えたら、もっと話が変わってくると思う。
また、そのへんの話も含めて教えてくれたら。

初欠勤

June 22 [Fri], 2012, 9:55
からだが動かない
治さないと行けないのに、体調が戻らない

午前中だけ半休を初めて貰いました。

午後からは就活学生が話を聞きに来る、しっかり回復させて出なきゃ
P R
2013年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像高瀬
ぐったり (2010年09月06日)
アイコン画像高瀬
とりあえず書けること (2010年08月24日)
アイコン画像last order
凍結 (2009年08月27日)
アイコン画像S
聞いてみよう、聴いてもらおう (2008年05月25日)
アイコン画像
聞いてみよう、聴いてもらおう (2008年05月23日)
アイコン画像
想いの流砂は (2008年05月21日)
アイコン画像
久しぶりにネタに走る (2008年01月13日)
アイコン画像
久しぶりにネタに走る (2008年01月13日)
アイコン画像Scult
久しぶりにネタに走る (2008年01月12日)