個性の時代

July 25 [Thu], 2013, 11:54

Tシャツはもっとも外側のプライバシー。裸の肉体が見えそうな期待感を抱かせる一方、ただ肉体を包みこんでいるだけです。この薄く柔らかい綿のアウターはどんな小さな起伏にも張り付き、いけないと思いながらもちょっとした想像を掻き立てる。デザイナーたちは、Tシャツに手を加え、コレクターズ・アイテム用に作り替える。人々はフリーマーケットやキリウォッチでお気に入りを物色し、代わりに大昔のTシャツを売りに出す。Tシャツはどこかエモーショナルにならざるをえない部分がある。第二の皮膚の時代、超ビッグサイズの時代を経て、Tシャツはちょうどいいサイズを手に入れた。いまでは、適度なサイズ、または少し大きめに着ることも多い。

特別感があり、値段も手ごろなTシャツは、スニーカーの流行を超えるでしょう。ジーンズと同じようにTシャツはもっともポピュラーで、伝説的な衣類だ。世界で年間20億枚以上を売り上げている。得意な運命を背負ったこの気取らないTの形をした綿の筒は、男性用の下着売り場からその歴史をスタートさせました。Tシャツはトレンチコートと黒のミニドレスの中間に位置し、ファッションの定番になっている。世界中で男女を問わず愛されるTシャツの高い地位は、最初から定められた運命ではなかった。さざまなサイズ、シルエットができる前、Tシャツは下着売り場でひっそりと地味な存在だったのですから。Tシャツプリント作る上で気になる予算を見積もり。オリジナルチームtシャツ作りも人気だ。まとめて注文する事でやすくもなりお得になっている。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りんご
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tshirtdaisuki/index1_0.rdf