滝川がカケス

June 14 [Wed], 2017, 12:44
育毛治療というと育毛剤や薬、植毛を思い浮かべる方も多いと思いますが、漢方にも育毛治療の方法があります。東洋医学から生まれた漢方では、薄毛の問題は血の質が悪かったり、血自体の量が不足している血虚の状態や、疲れが抜けず慢性的に気(エネルギー)が不足している状態の気虚、あるいは、年を取り全身の機能が衰えていく腎虚を考えます。不調の原因を探して治し、身体の生まれ持っている自然治癒力を高めて育毛を進めていく方法が漢方を使った育毛の方法です。スキンケア用品が合わないと、肌にニキビや炎症、または、かゆみが現れることがあります。実は、頭皮でも同じリスクがあり、合わない育毛剤を使ってしまうとかゆみといった肌トラブルに悩まされるかもしれません。肌トラブルをそのままにしておくと、育毛の効果が出る前に頭皮環境が悪化し、逆効果になる可能性があります。もし、頭皮に肌トラブルの症状が出てきたらすぐに育毛剤の使用をやめるようにしてください。健康的で豊かな髪を作るためには食事の中で亜鉛を取るようにしてください。亜鉛は、髪の毛の主成分であるタンパク質を髪の毛に取り入れるのに重要な栄養素なのです。また、薄毛を促進させるというDHTという成分の活性化を抑える力があるので、健康的な髪の毛を作ったり、薄毛を予防するのに必要な栄養素なのです。ちなみに、亜鉛が含まれる代表的な食品といえば、牛肉全般や牡蠣、豚のレバーなどがありますから、毎日の食事に取り入れると良いでしょう。毛穴から産毛が生えてきたら、育毛治療の効果を実感できると思います。毛母細胞の働きが強ければ、生えた産毛が豊かでハリのある髪の毛へと変わっていきます。しかし、まだ毛母細胞の活性化が不十分な場合は、残念ですが産毛は育たず抜けてしまうでしょう。産毛が生えてきた段階で治療は成功したと思い込んでしまうと、悲しい思いをするかもしれません。食事によって髪質は左右されるので、より強く健康的な髪になりたいのであれば食事の際の栄養バランスに気を遣いましょう。栄養素を偏りなく摂取した上で、髪質をアップする効果のあるタンパク質や必須アミノ酸、そしてビタミン、ミネラル等がたっぷり入った食品を十分に摂取するよう心がけてください。なお、大豆製品はこの栄養素の中でもビタミン以外の栄養素がすべて含まています。大豆に含まれるイソフラボンという成分は抜け毛予防に効果的ですから、積極的に摂取すると良いでしょう。数ある育毛サロンの中には、悪徳な詐欺を行っているサロンもあるため、注意が必要です。当たり前のことですが、多くの育毛サロンは適正な価格で施術を行ってくれています。ですが、法外に高額な料金を請求されたり、そもそも誰にでも効果があるような育毛治療は存在していないのに、確実に育毛効果が出ると謳っている場合など、不審に感じたら、本契約の前に周りのアドバイスをもらうようにしましょう。育毛剤や食生活など、日々の生活の中で育毛を進めることも可能ですが、本気で育毛治療を行いたいのなら育毛専門クリニックは避けては通れません。一度投薬を始めると、簡単にはクリニックを変えることができなくなりますし、植毛治療の施術を受ける場合は、かなり高い料金になるでしょう。そのため、いくつかのクリニックのカウンセリングをあらかじめ受けておいて、治療内容や金銭面に信頼がおけるクリニックを見付けておきましょう。普通、クリニックはカウンセリングについては無料で行ってくれています。実は、果物の栄養素には育毛に効果的なものがいくつも含有しています。入手しやすい果物でも、リンゴに含有しているポリフェノールのうち、半分以上の成分が頭皮の血行を促進し、健康で丈夫な髪の毛を作りだすプロシアニジンなのです。その他にも、ブドウに含まれているポリフェノールは過剰に増加した活性酸素を消してくれます。摂取の結果、髪の主成分であるアミノ酸と毛髪の結合がスムーズになるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リュウ
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる