鶴岡が菱田

May 28 [Sat], 2016, 23:54
介護施設で介護士として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどれ程のものなのでしょう。


受験生全体の介護士国家試験合格率は毎年90%前後のようです。

試験内容自体が、学校の授業をしっかりと勉強していればそんなに難しい試験ではありませんので、全く取得が難関な資格という訳でもないようです。小さい頃から介護士として働きたいと思っていましたが、家の都合によってしばらくOLとして会社に勤めていました。ですが、介護士の夢を諦めきれませんでした。



無資格でも看護関係の仕事に就くということも考えましたが、ちゃんとした資格を取得して介護士として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、介護施設で看護助手として勤めながら介護士の資格が取れる方法があると分かりました。夢だった介護士の道が開かれて、前向きな気持ちになれました。一般的に、介護施設は症状によっていくつかの科に分けられていますが、配属先の科によって、看護技術や処置の方法が変わってくるのです。
ローテーション研修は、介護士にとって他部署のケアを学び看護技術を修得できる絶好の機会です。


また、いち介護士として視野を広くして物事を捉えられるようになり、総合的な知識を学ぶこともできるでしょう。介護士としての今後を思い描くことに繋がりますし、介護士としてのやる気も湧きやすいようです。国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、近年においては一段と介護機関を利用する人口が増加しています。
なので、介護施設で勤務する介護士についてもさらに多く必要とされていますが、実際には、人手不足が深刻です。ですが、物は考えようで人手が足りないのであれば、それによって求人も多くなりますから、介護士は引く手数多で、働き先をある程度選ぶことができるという大きなメリットもあります。検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に介護士が行います。注射や採血を好む人は少ないと思いますが、どうしても打たれなければならないなら、ベテラン介護士にお願いしたいですよね。とは言っても、注射の技術は介護士の腕に左右されますから、上手に刺してくれる人もいれば、上手でない介護士にあたる事も珍しいことでありません。これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。きついながら、やりがいも大きいのが介護士というお仕事です。


どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、回復した患者さんが退院していき、その上、後に改めて介護施設まであいさつにきてくれた時です。それに、やはり患者さんの家族の方から何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、しみじみとやりがいを感じられます。生活は不規則になるし、ストレスはたまるし、介護士の仕事はとても大変です。なので、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、介護士を辞めることを考えてしまうはずです。



日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、日本の介護を提供できたらという考えを持った介護士の方が増えています。


実際に、海外において日本の介護士を求める声も増えていて、介護士は常に求められているのです。



海外で介護士とし働くためには、患者とやりとりをするうえで医学的な英会話ができる事が最低条件になります。介護士として海外で働きたい場合、英語をしっかりと学ぶべきでしょう。


皆さんは「介護士は給料を多くもらえている」という印象があるかもしれません。実をいうとどちらかというと、夜勤手当に依るところが大きく、その結果、総額が上がっている場合が多いです。

たとえばより高い給与を介護士の仕事で得たいのならば、職場選びの際、日勤だけではなく夜勤がある勤務先を選択してください。


夜勤帯に働くかどうかで給料の差は大きくなります。最近の交代勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として介護士があります。勤務先が外来病棟であれば、勤務時間が決まった日勤になる事もありますが、ほとんどの場合、病棟に多くの介護士が必要になるので、介護士経験が浅い間は殆どの人がシフト勤務になるはずです。


妻が介護士としてシフトを組んで仕事をしていましたから、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって悩みました。毎日、介護士として頑張っている中、辛酸をなめるようなことも多いでしょう。



楽ができる病棟はどこだろう、と考えるようになってもおかしくありません。


一概には言えないものの、割合に楽できるかもしれないと考えられている病棟は、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。

ところが、専門性の高さですとか、どういった症状の患者さんを診ているのかによって、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。


みなさんご存知のように、介護士の休日についてはクリニックや介護施設の勤務形態によって各自違うようです。中でも3交代勤務の職場においては、シフトのスケジュールに沿って勤務しますから、休日出勤や平日休みも普通です。



一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、環境が許せばご自分の予定に合わせたシフトを組むことが出来るので、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。転職活動を行う時には、介護士の場合にも履歴書を書かなければなりませんが、気を付けるべきことが存在します。
何に気を付けるべきかと言いますと、履歴書で最重要と言っても過言ではない、志望した動機について、どのように表記するかということになります。


志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、「ステップアップすることが出来そうだから」とか身に着けた技術や知識が役立てられそうだからというようなやる気に満ちたような内容がいいと思います。

不安を抱えた患者が安心して治療を受けられるよう、介護士はその外見に問題がないのか気を付けておくことが大切です。女性の介護士の場合、色味の強いアイシャドウや口紅は避けて、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが一番です。
素顔の時ともまた違っているので、親しみやすくきちんとしたイメージになるので、印象がまた違ったものになるでしょう。たくさんの人と出会える街コンですが介護士の中でこちらに参加をする人というのは多くいます。女の職場なので、男性との出会いのチャンスがなくて、結婚したいと思っている介護士をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。街コンでは、介護士という仕事は一種のステータスとなることが多いです。とは言え、もし、恋人同士になれたとしても、勤務形態が不規則なせいで、結果として、破局、ということもままあるようです。病棟勤務と外来勤務では、介護士の作業内容はまったく違ってくるものです。
そうなると、介護士生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。



それから、採血が上手くできるなど、採用時に雇用側に言っておくと、得意なことを最も活かすことができる職場配置となるはずです。

また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。

就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。介護士といったら、昔はほとんどが看護「婦」さん、つまり女性の仕事でした。ですが、ここ最近の傾向として一般的に「介護士」という名称が使われているように男性の介護士も多いです。

介護士に求められる能力を考えてみると、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。女性の持つ優しさだけではなく、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、介護士にとって大事なポイントになっています。一口に介護士といっても、その職場は多種多様で、複数の科を持っている総合介護施設から、地域の町医者まで規模は様々です。介護施設に限らず、保育園や介護施設といった場所も介護士の勤務先です。



給料は勤めている会社によって違うものですが、その点は介護士にも同じことが言えます。
総合介護施設で勤める介護士と町の診療所の診療所では年収にも差が出てきます。

こういった事を考えても、一般的な介護士の平均年収はいくらなのか、という質問に答えるのはなかなか難しいものだと思います。

一般的に、介護士の中には愛煙家があまり居ないというイメージですが、いかにもその通りで、国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。介護施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙や臭いで不快な思いをさせないように、自主的に禁煙している人が増えていることが見て取れます。
介護機関で働く介護士は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。



日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。そしてまた、外来勤務では嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。


忙しさの度合いについては、介護施設によっても違いますが、人気の医師のところなどでは、たくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、かなり忙しいことになり、その上待たされた患者からのクレームも増えます。



勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかはどんな介護施設か、診療科はどこかによって、変わってきます。それだけではないにしろ、介護士を志望するモチベーションの一つとして外せない理由の一つに年収が高いということがあります。卒後間もない介護士の場合も、ほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にもより高収入といえるでしょう。ただ、このようにして高収入を得ているのですから、自分の腕を磨いて、少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると不安を解消し支えてくれる介護士の存在は本当にありがたいものです。



でも、実際の勤務状況は過酷で辛いものも多く、多くの覚える事や確認作業など、命にかかわる仕事をいくつもこなす必要があるため、常に緊張を強いられる状態なのです。


こうした仕事のストレスから、介護士の中にはうつ病になっている方も珍しくないのです。



介護士の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、ストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。今以上に自分の介護士としてのスキルを上げたいと希望するなら、それは介護士としてのキャリアを積んでいくしかありません。



ケースごとにきちんと対応方法がマニュアル化している、ということは、介護士という仕事柄あり得ません。なので、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。介護士の中には、向学心から転職を希望する場合があります。
最先端により近い、高度な介護行為を行なう介護施設で腕を磨きたいという気持ちからくる、とてもアグレッシブな転職になります。
近年、相次ぐ介護施設の統廃合によって介護士の不足が浮き彫りとなっています。

日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら急患にも応じなければならないので、たくさんの介護士が激務をこなしているのが実情です。男性介護士も増えてきてはいますが、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、ストレスに悩まされたり、介護士の中にはトイレに行く時間もなく便秘になってしまう人も多いというのも分からなくはない話です。ハードながらもしっかり稼げるお仕事、介護士を目指したいのであれば、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。それから、その上で国家試験を受け、合格してやっと介護士になれます。
国家試験については、受けた人の9割が毎年合格を果たしていまして、授業にまじめに参加して勉強さえしていれば、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。そして、介護士を育てる専門機関は複数あります。
看護学校、短大、大学や学部などですが、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。入院設備のある介護施設に介護士として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、子持ちの介護士からすると大きな不安要素となり得ます。



ある程度の年齢までなら24時間保育を行っている保育所の利用や託児室を完備している介護施設に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。
なので、やむを得ずパートで勤務を続けるという介護士の方も多数存在するようです。

休みを自由にとれて、やりたい仕事を多くの中から選べるのが常勤ではなく、派遣という働き方を選んだ場合に得られるメリットです。

勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、長期で働ける方歓迎、というものもあって派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。

ですから、今現在、仕事を探している人は望めば派遣で働くこともできる、ということも考慮に入れて職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、だからといって介護士の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。
けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、寝不足や疲労から体調を悪くしたり、強いストレスを感じることはよくあります。さて、介護士として長く働き続けると、介護にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、自分の心身の健康についても状態を自覚したりできるようになります。ドラマのようには上手くはいかないのが介護士の仕事です。通常業務のみでも大変忙しいのに加え、業務時間以外にも仕事が多くあり、残業を強いられることがままあります。


けれども、多忙を極めていてくたびれている時でも患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。

さっきまで愚痴っていた人が打って変わって笑顔になるのです。考えようによっては介護士は女優みたいなものだと思います。
介護士がかぶる帽子というのは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。介護士にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。そうはいっても、ここ最近においては介護士のユニフォームも変わりつつあり、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたら残念だと思いますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。

休みが不規則なイメージのある介護士ですが、職場次第で土日祝日の休みをとることもできます。
病棟勤務だから昼も夜も週末も関係なく働くことになる訳で、外来勤務に変えると、基本的に土日は休みになります。
何か不測の事態による緊急の出勤や、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、土日は休める、と考えてもよさそうです。
また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、そういったところは高い確率で土曜、日曜、祝日は、お休みです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haruki
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ts3n1reeit0nsd/index1_0.rdf