上の子が産まれて4年たった頃から2

December 31 [Sat], 2016, 12:35
上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い、病院に行き始めました。



ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要と言う考えで、言えば不機嫌になりそうだったので、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。

月イチで3000円弱なので家計に影響ないところは良いのですが、そう簡単には妊娠できず、葉酸サプリが良いと言うので高いけれど使ってみたら、それが功を奏したのか、早々に二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜の野菜です。



妊娠した後、早めにこれらの食材を摂取することによって、胎児の正常な発達にはたらきかけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があると言う話があります。ですが、様々な問題で毎日野菜を食べるのが難しい、と言う場合には納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのを御勧めしたいです。

あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。今、妊活中なのですが、気をつけなければいけないことがたくさんある事を実感しています。たとえば、妊娠前から葉酸を適切に摂取した方が良いと読んでいる雑誌で特集が組まれていました。
葉酸は、妊娠中に摂るものかと思っていたのですが、どうやら受胎した時から大事な栄養素だそうです。
野菜にも含まれている栄養素なのですが、野菜をちゃんと食べれない場合は、サプリを利用すれば良いそうですから、ちょっとよかった〜。


安全性が高く、自分に合ったサプリを調べて、妊娠に向けてがんばっていきたいと思ってます。


栄養不足が不安だと言う妊婦さんの頼もしい味方と言えば、ピジョンが発売している葉酸サプリです。
ピジョンの葉酸サプリについて調べてみると、いくつかタイプがあり、それぞれの成分が異なっています。



殆どの製品が葉酸だけでなくカルシウムや鉄分、ビタミンなど、不足しがちな成分が入ってますから、一錠飲めば、不足しがちな成分をまとめて補給できると言うりゆうなんですね。複数のサプリを飲む必要が無いので、手軽にすべての栄養素を賄えるので、おススメです。


また、面倒な摂取量の計算も必要なくなるため便利です。ご自身が不足している栄養素を補うことの出来る成分が入ったサプリを選ぶことが、葉酸サプリの有効な使い方だと言えます。熱によって失われやすい葉酸は、葉酸摂取を目的とした調理において、ポイントがあります。
出来るだけ葉酸の流出を防ぐために、火をとおさずそのまま食べられるのが一番良いのですが、食材によって加熱が必要な食材やメニューの場合、短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、早めの加熱調理で終わらせた方が良いでしょう。しかし、毎日の食事で、こうした調理をつづけるのは中々大変だと感じる方も多いためはないでしょうか。



そんな時は葉酸サプリで摂取するのが確実に補給出来ると言う点において、最も優れた摂取方法だと言えますね。葉酸と言えば、妊娠に必要不可欠と言われる栄養素ですが、必ずしも、葉酸だけを摂れば胎児が健康的に育つのかと言うと、そうではないですね。妊娠時には様々な栄養素が不足しますし、葉酸それだけの摂取では吸収率が悪くなってしまいます。サプリによる葉酸摂取を考えている方は、葉酸以外の栄養素が複数配合されたサプリを選びましょう。


具体的には、25種類前後の栄養素が含まれたサプリであれば必要な栄養素をきちんと補うことが出来るのですし、成分が最大限有効に働いてくれると言うりゆうです。
このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体が造られますから、妊娠を計画している女性は早めの摂取を心がけてちょーだい。近年、葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で妊婦への積極的な摂取がもとめられています。病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方も少なく無いそうです。


もしも、サプリによる葉酸摂取無かっ立としても、葉酸は自然の食品にも含有しています。


たとえばほうれん草などの青菜類や、肉類にも入っている栄養素なのです。
ですから、食事によっても、ある程度は摂取できるのです。

妊娠初期(妊娠前1ヶ月〜妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、積極的な葉酸の摂取がもとめられています。
ママの体も赤ちゃんも、いっしょに元気であるように、葉酸サプリメントで補いながら、十分に葉酸を摂取するように心がけてちょーだい。

さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、1日あたり0.4mgとなっています。さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。


野菜だけで十分に摂取できるかと言うと、あまり現実的ではありません。ですから葉酸サプリを利用することをお勧めします。近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、妊娠に無くてはならない成分である鉄分は不足しやすいものです。



一般的な生活で摂取できる分では適切な量の摂取が難しいとされています。ですから食事で摂取することに固執せずに、サプリを活用するのがお手軽でお勧めですね。葉酸と鉄分、どちらも入ったサプリも見かけますから、このようなサプリを飲めば不足しがちな成分を、簡単に摂取できると言うりゆうですね。



妊婦にとって、十分な葉酸を摂取することで得られる効果には、色々なものが認められています。中でも特に先天的脳障害を発症する可能性を抑える効果は大変重要なポイントですよね。ですので、妊娠中に限らず、妊娠の計画を考えている女性は、葉酸をしっかりと摂取することが良いと思います。とはいえ、毎日大量の野菜を食べることは難しいですよね。
サプリを利用すれば、毎日の葉酸摂取が難しくないですからおススメですね。
スムーズに妊娠できる体を造る食べ物といえば、おとうふや納豆、魚等があります。


それ以外には、卵やレバー、ブロッコリーなどにも母体つくりに必要な栄養が豊富に含まれますから、毎日の食事でとっていきたいものです。ただ、過食は毒にもなりますので、バランス良く一つの食品群に偏らないことが理想的です。
一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は今しばらくは我慢するべきでしょう。

妊娠してから産婦人科等で行われる栄養指導を受ける方や、母親学級で指導された方も多いと思います。


実際には、こうした機会に葉酸の多い食品を知っ立と言う方も多いですよね。レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。
普段の食事にこうした食材を取り入れて、葉酸を摂取しようと考えている方は、調理の際の加熱でその大半が失われてしまうと言う葉酸の特長を承知の上で、食材を調理するようにしましょう。ビタミンB群のひとつである葉酸は、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に必要不可欠なものだと言われています。なぜなら流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを下げる効果が認められています。



厚生労働省が推奨するように、受胎前から妊娠初期の方には1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているかもしれません。
食材だけで摂取することが難しいと考える方は、サプリメントで葉酸を補給するのも大丈夫です。友達の話ですが、妊活中に漢方を服用していました。

彼女の話では、体質改善のために漢方を利用していると言っていました。
妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば安全に服用できると思います。漢方をつづけていた彼女は、赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、本当によかっ立と、私も嬉しく思っています。
冷え性(自律神経失調、鉄分不足、ホルモンのバランスの崩れなどが原因になるようです)の人は妊娠しにくいと言われています。

体が冷えて血のめぐりが悪化すると、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、生殖機能が低下して妊娠しづらくなるのです。



冷えと冷えからくる症状の緩和にはお灸が有効です。血行不順を緩和して自律神経(上手く働かなくなると、全身に深刻な不調が発症するでしょう)にはたらきかけ、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。冷え性(自律神経失調、鉄分不足、ホルモンのバランスの崩れなどが原因になるようです)を改善して赤ちゃんのために体の中を温かくつくり変えましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ケイタ
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる