復活のヤッサ!
2014.08.31 [Sun] 11:45

例年以上に涼しくて、過ごしやすい待ち時間。
ワクワク、ソワソワ、ドキドキしながら開演を待つこの感じ。
開場直後のドタバタ含め、前と何も変わってなくて。

今回の登場はどうかなーと、予想しながら待つ。


開演時間が過ぎて、みんなの気持ちが高ぶってくのが分かる

そして、ビジョンにこれまでのヤッサを振り返る映像。
年数が進んで……2014!

史上最長の花道の中程から煙!
提灯型の巨大風船。

あれはファイナルの時の提灯…だったんだよね?たぶん。
あの時のあの提灯を破って。4人が揃って登場!

サンサンサン柄(青のストライプ)のマント姿。
ぱっとマントを取って……衣装、派手っw


01. バンザイ〜好きでよかった〜
みんなが固唾を飲んで待った1音目。
なるほどのバンザイ。

ギターソロでのトータスとケーヤンの向かい合わせがたまらないのです。
見てるだけでニヤケてしまうw

02. 愛がなくちゃ
個人的に、ミキオさんがいないことを一番実感してしまう曲。
そういう意味では、聞くたびに切なくなる…。

今回はテンポがゆっくりな気がして。
じっくりじっくり演奏してる感じがして。
余計に噛みしめてしまったよ…


MC
トータスいわく変なMCw
と言うか、グダグダなやつw
でも、それもウルフルズらしいと思うよw


03. 彼女はブルー
ハープを持ったトータス。
それで候補曲が絞られて、想像が膨らむんだけど…。

行こうか、ケイヤン!
…で、ケーヤンが弾き始めた瞬間、鳥肌で発狂したのは私です。
周りのみなさまスミマセンw

ファイナルで聴きたかったんだけど聴けなかったこの曲。
やってくれたら嬉しいなーとは思ってたけど!
まさか!こんな序盤にw

04. 借金大王
見たことないトータスのギター。
何だ何だと思っていたら、土俵入りからのこの曲。

05. Let's Go Monday
この曲も、意外な選曲で。嬉しくて嬉しくて。
ケーヤンのあーらよっとどっこい!の叫び、上がったー

06. ブヤカシャー!
ずっとずっとライブで聞きたいと思っていたこの曲。
337拍子のとこも、ブヤカシャー!の合いの手も、
サンコンの1234!も、全部一緒にできて嬉しかった。

曲の最後のケーヤンとトータスの向かい合わせでのギター対決っぽくなってたところ、
めちゃくちゃニヤケタw
改めてツアーでもじっくり見たい

07. サムライソウル

08. SUN SUN SUN '95
水着ダンサー登場。
本人的にはそんなことないって言いそうだけど、
ケーヤンの鼻の下がちょっと伸びていたようなw
目で追っていたようなw

09. バカサバイバー
最近は、トータスのせーの!から始まるこの曲。
好きなの!
トータスがちゃんと歌えてたかどうかを確認するのも忘れるくらいに楽しんだ

10. あついのがすき
歌い出しw多くは語りませんw

メンバーのあついのがすき。
メンバーワンモア!ってトータスが言い出した時のケーヤンの何か企んでる顔w
企んでるって言うか、めっちゃ頭の中でぐるぐる何か考えてる顔w
飛び出した言葉は、少しロック調になってました。

そして、おもむろにメンバー退場。

きっと汗だくでピッタリはりついた衣装のお着替えねw
と思ってたら、ビジョンに写ったのが…

〜ウルフルグッズ紹介CM〜
爆笑w

サブステにて。
11. ツギハギブギウギ
12. やぶれかぶれ
13. いつも元気
14. 笑えれば

わたしの位置からはほぼ見えなかったこの4曲。
メインステージより、お客に近いサブステでやるときの、
メンバーの優しい表情が好きなんです。
私からは背中しか見えませんでしたがw

15. あーだこーだそーだ!
メインステージに戻って新しめの曲を。
冒頭のオーオオオー…のとこから大合唱。
嬉しかったなー。

16. どうでもよすぎ
トータスがこっちに来てくれました。
チャンス!チャンス!で指差せて楽しかったなー。

17. 明日があるさ
まさかまさかw
あの、いつぞやの封印宣言は何だったのかw

巨大木琴!何度もやり直すw
3回目は手に汗握りながら祈るように見てましたw

18. まいどハッピー(ケーヤンボーカル)
これが、個人的にすごく嬉しかった。
ケーヤンボーカルでのまいどハッピー。

この5年、何度もケーヤンのまいどハッピーを聴き続けてきたから、
正直、トータスボーカルのまいどハッピーを聞いたときに、
笑顔になれるのかなぁ…と、不安に思っていたので、本当に嬉しかった。

ケーヤンのを聴いたことないのであろう人たちからの、新鮮な歓声。
私は嬉しかったなー。ケーヤンにはどう届いてたかなー。

迷ったら、やる!
も、これでみんなに浸透したかなー。

19. 僕の人生の今は何章目くらいだろう

20. ヒーロー
やっぱり、ドラム曲だと思うのです。
あたりが暗くなってきて、照明が鮮やかに。
スモークもモクモク

21. それが答えだ!
あー、久しぶり。ほんとに久しぶり。
踊った!間奏もw

22. 事件だッ!
跳ねた跳ねた
ケーヤンもたくさん跳ねてたから、釣られて私もかなり跳ねました

23. ええねん
せやなぁー。せやせや。からの大阪弁のこの曲。

ギターソロ。
やっぱりそっちに走り去るよねー…とがっくりw
後奏でも、今度はそっちよねー…とがっくりw
うん。こうなることは予想済みでしたけどw

そして本編終了。


【アンコール】
En1. 大阪ストラット
メンバー紹介
六甲おろし!ジェット風船!
ファイナルの時はインフルエンザのせいで、ケーヤンが一人でやったもんねー。
久しぶりやったー

【Wアンコール】
WEn1. ガッツだぜ!!
もちろんの死ぬバージョン。
時間もなかったこともあって、案外すぐに生き返ったトータスw
やっぱり、高いところ、苦手なのね。
腰が引けてる感じも昔のままだったw

最後のケーヤンとジョンBのネックの花火!
ちゃんと着火して良かったー!きれいに回ってたー
こちらもリベンジ成功!

WEn2. いい女
曲前のMC
メンバーはそれぞれが、後々はウルフルズに…とか言うことでなくて、
各々に、ただ、音楽をやったんですよ。
そしたら、ウルフルズに辿り着いたんです。
それって、奇跡みたいなもんやと思って。奇跡なんですよ。

と言う主旨の言葉をくれたトータス。
なんと言うか、いったんウルフルズが終わって、
その後、各々に各々の音楽をやっているメンバーも見てきて、
復活を果たして…と言う過程を知っているからこそ、
なんとも思うところがある言葉だったなぁ。

その後、せやなぁー、せやせや。を繰り返して。
メンバーに、せっかくやからみんな1回ずつやっときーって言っときながら、
ケーヤンだけやったらすぐに曲に入ってしまったトータスw

あれw

まず、1コーラス目でケーヤンとジョンBがこっちに来てくれた…んだけど、
のんびりしすぎて、端まで来る前に時間切れで走って戻っていったw

もぉ…なかなか端まで来てくれないんだからー

ギターソロでようやく!
やっとこさで目配せを頂いた気配も感じつつ。

もう1回!もありつつ。
幸せな気持ちで終了ー。


ダンサーも含めてバンザイ!礼!
そして花火
夏が終わるー!と言うこの感じも久しぶり!
そして、花火の燃えかすが雨のように降ってくるこの感じも久しぶりw


これからはずっとずっと、
この幸せな夏の終わりを過ごすことが出来るのかと思うと、本当に奇跡みたい。

おかえりなさい!
帰ってきてくれてありがとう!
ウルフルズが大好きです!

これからも、ずっとずっとよろしくお願いします!
次はツアーだぁー!

ひとりツアー@たつのにゃーご、ファンダンゴ、堺ミーティング
2014.03.26 [Wed] 08:23

ケイスケさんのひとりツアーが始まりましたー
復活後の初ひとりライブ。
関西3連チャンにいって参りましたー


たつのでは、霰が降ったりした中、
ご本人が外にでる時には雨がやむという、
さすがの晴れ男っぷりを発揮。

ライブでは、びっくりするような曲がセトリに入っていたり。
めちゃくちゃ汗だくになったり。
自分の名前を噛んでしまったりw

ほんわかあたたかい、いつも通りのケイスケさんのライブ
外は寒かったけど、気持ちはポカポカのライブになりました。

そして、何だかホッとしました


2日目は大阪海さくらのイベント@ファンダンゴ。
短い時間の中でも、中身の濃いライブ。

最後のまいどハッピーで、あやしいところがあったけど、何とか無事終了。

ロメルさんとのギターバトルは、かっこよかったなー


3日目は堺ミーティング。
いわゆる、ダイブモッシュ祭w

今年はそれを心得ていたから、仰天はしなかったらしいw

ケイスケさんの前まで、激しいライブだった会場の空気が、
ケイスケさんの音で一気にピースフルな雰囲気に

さすがです。

ライブの後、ラジオの公開放送にゲスト出演。
DJさんが、しょーじさんの事務所の方で。
勝手に親近感。

ケイスケさんも、元々知っていたのか、すごく楽しそうでした

ビール飲みたいーってずっと言ってたけどw


以上、幸せたくさんのライブ3連チャンだったのでした
あー、楽しかった




加藤さんインストアツアー原点回帰振替握手会@NHK大阪
2014.03.09 [Sun] 19:07


あの落雷で延期になっていた握手会に行ってきましたよ
今日はライブなしと言うことで、登場して少し話してすぐに握手会スタートと言う段取り。

登場した加藤さん。
飛び交う黄色い声キャーキャー
私もだけど、加藤さんもちょっとビックリしたようで、のけ反ったりしてw

その反応見た私、バカウケw

さらに、コメント、なーんも考えてなかったらしくw

とりあえず煽る。
1階ー!2階ー!

喋り始めたと思ったら、落ちがないからまた煽るw
1階ー!2階ー!

私、爆笑

歌ってー!と言う声に負けず、段取り通り握手会へ。
そういうとこ、加藤さん真面目よね。


握手会はいつも通りの神対応。
私は、大分順番が後ろの方で、結局、開始から3時間以上は待ちました(どーん!)
でも、席に座って、ずっと加藤さんの神対応を眺めていられて、
それはそれで良かったなー。

お誕生日の人には大声でハピバースデー!
ちびっこには腰を落として目線を合わせる。
女子には頭ポンポン。
男子はグータッチ。

いろんなバリエーション。


今回は、完全に気持ちがウモードだったので、緊張しないかと思いきや、
加藤さんの前に来たら一瞬頭が真っ白になった私w
自分でもびっくりw

く「同い歳のくるみです」
か「うん」
く「お久しぶりです」
か「(めっちゃ私の目を見て頷いて、言葉を待ってくれる)」
く「(あまりの目力に頭真っ白で言おうとしてたことを忘れるw)」
か「(目をそらさずにまだ待ってくれる)」
く「(ちょっと我にかえって)頬っぺた触ってください」
か「(ためらいなく頬っぺたをプニプニ触ってくれる)」
く「ありがとう!(ちょっとおどけて)今日のために10年ぶりくらいでスカート買ったんです」
か「アハハハハ!ガンバったな!(ハイタッチを求めてくれる)」
く「(パーンと勢いよくハイタッチ)」
か&く (親指たててバイバイ


こんな感じのやり取りでした。

真剣な話かちょけるか待ってる3時間でだいぶ迷った上で、
加藤さんの笑顔が見たかったからちょけることにしたんだけど、
笑ってくれて良かった

やっぱり加藤さんは笑ってる方が良い


今日でほんとにインストアツアー終了!
加藤さんお疲れさまでした!

また握手会、やってほしいなー。

ゲリラライブ@道頓堀
2014.03.02 [Sun] 11:00


ウルフルズ復活のゲリラライブ@道頓堀に行ってきました!

生憎の雨も、ライブが始まる時間になると小降りに。
さすがは晴れバンド。雨予報ものともせずw

船が停船して間もなく。
なんと、いつものSE。

いつものSE

私、いつものSEが聴けるのはヤッサまでお預けだと思っていたので、
もう、嬉しくて嬉しくて感涙 そして鳥肌

メンバー登場。

衣装は、えんじ色のスーツに派手シャツ。
ケーヤンのテンガロンは前日と同じ黒のやつ。

ライブ開始!

サンコンのドラムから、いつものコール&レス。
カモーンケーヤン!から始まったのは、もちろんガッツだぜッ!

前日もリハ、本番と2回見たけど、
やっぱり、大阪で見るガッツはめちゃかっこよかった

ちょうど4人が視界にばっちり見える感じだったので、
4人の笑顔がよく見えて幸せ


次。トータスがピンクのギターを持って。
ケーヤンもギターを持ち変えて。

バンザイ〜好きでよかった

出たー!
休み前のヤッサで1番泣いた曲。

またこの曲で笑顔でバンザイできる日が来るなんて、
あのときは思えなかったから、ほんとにほんとに嬉しくて。

めっちゃ泣いて。

ケーヤンと目があって。
笑顔になって。

でもやっぱり涙が出てきて。

トータスとも目があって。
笑顔になって。

忙しかったw

ギターソロでトータスがケーヤンに歩み寄って。
この場面が私、本当に大好きで。
また見れたことに感動して震えた


メンバー紹介。

ミスタースマイル!ウルフルケイスケ!
お待たせしましたー!
いっぱい喋りーってふったトータスは、
ケーヤンの言葉少なさに笑っちゃってましたw
ケーヤンは85年の時は飛び込んでる客を見てたそうですw

チョッパーが取れた、ジョンB!
モゾモゾ話すジョンB。
ラジオで聞き返すとちゃんと喋ってるんだけど、
現地では聞き取れずw

ドラム!サンコンJr
ありがとう!からはじまって、思った以上にたくさん話してくれたサンコン。
後ろにも気づかって振り向いたりして。

魂揺さぶる男!トータス松本!
これからは、俺たちが思ったこと、やりたいことだけをどんどんやっていく!と。
うんうん頷きながら聞いてた私とお友だちを、
めっちゃ見ながら話してくれました。

久々にトータスの目力に完敗。


最後の曲。
ギターをかけ変えたケーヤン。
音を鳴らしてしまって、あ!って目が丸くなって。
ずっこける私たちに目配せくれたw

ウルフルズに戻っても、ケーヤンはやっぱりケーヤンだ


新曲どうでもよすぎ

何せカッコいい。

トータスの笑顔が眩しすぎて。見とれた。
…ら、ケーヤンがめちゃこっち見てたw

コーラス歌ってる人や、
「チャンスチャンス」で人差し指立ててる人を見つけると、
本当に嬉しそうなメンバー。

何なんだ。この幸福感に溢れるライブ。


最後には、いつものあれ。

俺たちはー? ウルフルズー!
君たちはー? お客ー!
ここはー? 大阪ー!
いや、今日は道頓堀で行っとこ!
ここはー? 道頓堀ー!
あーいことばは?カモン! A・A・Pー!


まさか、AAPもできるとは!
Pがどっち向きだったかなと考えつつw
できて嬉しかった


本当に、幸せで幸せで、泣けて笑えてドキドキして。
最高でした!

ライブが終わって、4人が肩を組んで手を降ってくれて。
去っていく船の上で、しばらく手を降り続けてくれました。

お客からは自然とAAPコールが上がって。
メンバーがまた笑顔になって。

それもこれも全部が最高。

本当に、おかえりなさい!ウルフルズ!
これからも、たくさん、楽しい時間を共有できますように。

よろしくお願いします!






復活のテレビ
2014.02.28 [Fri] 21:55

ウルフルズ復活後、初の公の場、Mステに行ってきました!

今回は、番号も悪かったし、
正直、見えるかどうかも不安で、半分諦めてました。

本人なしのリハで立ち位置が決まるんだけど、
決まった位置はまさかのケーヤンど真ん前w
しかも3列目w
自分の運の良さに笑ったw


続いて本人ありのランスルー。
スタシオに入っていったら、メンバー既にステージの上。

全員完全に私服w
ファンモンの時は衣装だったからちょっとびっくりw

ケーヤンとアイコンタクト。
ニヤリとしてくれました。

演奏前に談笑するトータスとケーヤン。
トータスのがはは笑い、久しぶりに見た。

鍵盤は浦さん!

サンコンがリズムを刻み初めて、いつものあれ。

そして、「かもーん!ケイヤン!」からのガッツ!
かっこよかったし、感無量ではあったんだけど、何せラフすぎる私服w

ケイヤンはあのミッキーの黒のTシャツ。

しみじみと言うよりは、ほのぼの見てしまったw
なので、泣かず。


次は本番。

スーツカッコいいー

ちょっとー!なんなのあのかっこよさ!
ライブが始まると、これがもう、リハとは別物!

ガッツでケーヤンに歩み寄るトータス。
あーもー、この2ショット大好きなの


新曲。
もーあれはライブのための曲。
ケーヤンのコーラスに合わせて歌うのも久しぶり。

ケーヤンに見とれてて、ふと視線を移すと、
トータスにじっと見られてるっていう感覚も久しぶりw

サンコンの前に集まるジョンBとケーヤンの画も久しぶり。


もー、何もかもが久しぶりだけど前のまんまで。
しかも4人がめちゃくちゃ楽しそうにやってるの。

ほんと、復活できて良かったねー


演奏後、トータスとケーヤンがむちゃくちゃ笑顔でハグしてた!
がっつりと。ハグというよりは抱擁w

そのハグが見られただけでも幸せ

本番では、ことあるごとに涙腺が緩くなりました。


Mステさん、ファンモンの時もそうだったけど、
節目の時はお客も入るライブ形式でやってくれるのが嬉しいのです。

ありがとうございます。

これからも、よろしくお願いします!


復活!!!!!!
2014.02.25 [Tue] 19:00


ウルフルズ、復活

なのであります。

テレビ、ラジオ、新曲、アルバム、FCイベ、単発ライブ。

そして、ヤッサ全国ツアー

一気に事が動きすぎて、ワクワクが止まらない!





本当に、復活ありがとう!
早く会いたいよー

TRIX DVDリリースツアー
2014.02.23 [Sun] 16:08


久しぶりにこの方々の話を書いてみましょうー。

TRIX のDVDリリースツアー@京都RAGに行って参りましたー


ここに書いてない間にまたメンバーチェンジがありまして。
窪田さんが脱退されて、若手のAYAKI氏投入ー。

このAYAKIさんが、もー、びっくりぎょーてんの宇宙人でしてw
MCも演奏もおかしいー!…もといスゴいー!

繰り出される音や言葉やアクションに、メンバーも爆笑!
でも、バークリー首席卒業だけに、演奏はすごい!

さらに、音の選び方が面白いw
前まで宇宙人だと思っていた熊谷さんが、普通の人に見えるものw

何なんでしょうか、あの、何か変なのに心地よい妙な感覚は。


んで、AYAKI氏が加入したことにより、先輩になった菰口さん。
演奏はもちろんのこと、MCがキレキレ。
TRIXに関西人特有の笑いの間が加わればもう、怖いもんなしでしょw


須藤さんは須藤さんでライブ前にお好み焼きやでごはんと晩酌も済ませたそうで。
顔が赤いとみんなから指摘されてましたが、
ほろ酔いでも、演奏はかっこいいー


熊谷さんはドラムソロのとき、いったんブレイクしたと思ったら、
目の前にいた私に「エレドラの音、小さくない?聴こえてる?」
って聞いてきて。

突然の語りかけにびっくりして、ちゃんと聴こえてたんだけど、
コクコク頷くことしかできなかったよ。私。


で、めちゃくちゃかっこいいドラムソロの最後には、
AYAKIさんがボイパで乱入して、メチャクチャになってたけどw


何せ、現体制になってさらにパワーアップしたTRIX

もっとライブやってほしいなー
もっとライブに行きたいなー


毎回腹筋が崩壊するけどねw

ちょっとだけ・・・
2014.02.11 [Tue] 17:13

いらない広告消すために書きますよw

思うところあって、PC版のデザインを若干変えました。
用語解説を消したので、余計に宇宙語に感じる人もいるかと思いますが、
ご容赦くださいませ。

さて。今年は何が起きるでしょうか。

ここに書くような内容の出来事があるのかないのか。
まだ分からない・・・。


では、どろん。

【ネタバレ】加藤さんインストアツアー原点回帰@モレラ岐阜
2013.12.26 [Thu] 08:23


大阪のインストアが握手延期になって、
何となく気持ちが落ち着かなかったので、岐阜に日帰りしてきました。

この日は、インストアツアー初の3連チャン最終日。
1日目はおそらく最大キャパの埼玉。
2日目は初の飛行場ライブとなる名古屋。

…と言うことで、加藤さんの声も心配でw

始発で出て、8時すぎに着いて、何とか整理券と握手券をげっと。
何ヵ所か握手券がなくなったとこあったから、
内心ビクビクだったんだけど、ほんとに良かった。

その後、モール内で名古屋飯を食べ。

いざライブ!


以下ネタバレ↓↓↓



















セトリ。

RESTART
桜ふわりふわり
あとひとつ
my voice
ヒーロー

悲しみなんて笑いとばせ



関西圏のあとからアンコールをやり始めたのを知ってたから、
やってくれるかなーとは思ってたけど、
アンコールの声があまりあがらなかったから、だいぶ焦った

…名古屋の皆さんは大人しいとは聞いてたけど、ホントなんだな…

会場が屋上の野外で、しかも、岐阜と言うことで寒くて、
相変わらず半袖Tシャツだった加藤さんは、
バラードのあとはめちゃくちゃ寒そうでした

あんなに寒そうな加藤さん、初めて見たかもw

んで、アンコールでは、久しぶりにスピーカーに上っちゃったよ
確かに、上りやすそうな櫓だったけどw

鳥越さんと岡ちゃんが飛んできてスピーカーを押さえて、
おっくぅも遅れながらも(写真撮ってたのかな)押さえに来てw

煽りに煽ってやっとこさで下りた加藤さん。
反対のスピーカーにダッシュしてまた上ってたwww
岡ちゃんもダッシュしてたけどwおっくぅは全く追いつけずw
翻弄されてる裏方さんたち。

加藤さん、後で怒られたんじゃないかなー。


ライブ中、何度か目力をいただけたし、タオルも回せたし、満足。


ラジオの公開収録では、ドキュメンタリー映画について。
内容はあんまり覚えてないんだけどw

二十歳のMCさんが、中学の頃、ちっぽけのインストアでファンモンを観てから、
ライブにも行き続けてたと言うBABYSで。
緊張しながらもすごく嬉しそうに話してるのが良かったなー

個人的にはちっぽけが「中学生の頃」だって言うことに衝撃を受けたけど

そんな感じでステージイベントは終了。


場所を屋内に移して握手会。

私は少し休憩して気持ちを落ち着かせて体を温めてから握手列へ。
1時間程並んでようやく加藤さんのもとへ。

裏方さんに「いってらっしゃーい!」と送り出されました。

以下、今回のやりとり。

く「大阪から来ました。同い歳のくるみです」
か「(かぶせ気味に)おー!いつもありがとう!」
く「(今回お約束にしようとしてる)ほっぺた触ってください!」
か「(今回は躊躇なく触ってくれた)」
く「ありがとうございます!」
か「また会おうな!」
く「またねー!」
か「(ハイタッチを求めてくれる)」
く「(勢いよくパーンとハイタッチ)」
か「(めちゃ笑顔!)」


以上。
ほんとはあと一言しゃべろうかと思ってたけど、言葉が出なかったw
まぁ、手紙にも書いたから無問題!w

京都の時はほっぺた触ってもらったとき、
手、柔らかいなーと思ったくらいだったんだけど、
岐阜では、私の体温が上がってたのか、
加藤さんの手が少し冷たく感じました。



そんな感じで。
あとはまたえっちらおっちら大阪まで帰ったのでした。


加藤さんの握手は神対応だとネットで書かれているようですが、
神と言うよりは、単にFANとのコミュニケーションを楽しんでくれてる、
八王子のお兄さんって感じで、距離が近く感じられて、ほんと良い

昔から全く変わらない加藤さんとの握手。
そう言うところがやっぱり好きなんだなー。


岐阜まで行って良かったです!加藤さん、ありがとう!!

【ネタバレ】加藤さんインストアツアー原点回帰@京都、大阪
2013.12.03 [Tue] 12:38


加藤さんのインストアツアー。
昔で言うとこのイオンライブ!

京都と大阪に行ってきましたよ。


京都は、駅前広場にて。
そんなに早くない番号で入ったものの、しっかり 見える位置を確保できました。

あのSE使うと思ってたら違っててw
気づいたら加藤さんがステージ上にいましたw


以下完全にネタバレですので閲覧注意。
























相変わらず半袖Tシャツにデニムパンツ。
寒いのにー

曲は5曲。


RESTART
桜ふわりふわり
あとひとつ
my voice
ヒーロー



1曲目は、はじめて聴く新曲。
アップテンポで跳ねたくなる感じ

でも、本当に、本当に、ジャンプはダメと言うことで、
みんなで屈伸運動してましたw
コーラスをみんなで歌うところがあったんだけど、
みんな飲み込みが早くて、大合唱になってました
嬉しかったな。

桜ふわりふわりで加藤さんの体が冷えきったところでw

あとひとつ

会場がどよめいたね。
いろんな意味でのどよめきだったと思うけど。
みんなで伸ばした両手が加藤さんの力になってるといいな。

my voiceはお手紙のような曲。
みんなに会えた嬉しさが伝わってくる加藤さんの笑顔が眩しかったな

最後のヒーローは意外だったな。
個人的には………。

いつもはジャンプを煽るとこでは、「ジャンプする…フリ!」ってwなんだそれw


続いてラジオ公録。
加藤さんが好きなチェック柄のシャツを羽織って出てきました。

DJさんの質問の中に、
「今後、再結成と言うことはあり得る?」
という質問があって、加藤さんは言葉を濁してたけど…。

そんなこと、聞く?

やむ無い事情で解散せざるを得なくて、
ソロでガンバろうと1歩踏み出したばかりの人に、それ、聞く?

って、ちょっとイラっとした。
素人じゃないんだからさ。

やっぱりインタビュアーさんって大事。
あの質問誰が考えたんだろ。

まぁ、それ以外に関しては笑顔で話をしてくれた加藤さん。
ステージ上の特等席の蜘蛛を気にしつつw

最後には記念写真。
どれくらい入ってたかな


で、握手会。
相変わらず良い顔して全員に対応する加藤さん。
眺めてるだけで幸せな気持ちになれる

私の番になり。以下のやり取り。


く「同い歳CREWのくるみです」
か「くるみ!くるみ!(@大声w)」
く「?」
か「会ったこと、あるよな?」
く「(嬉しすぎる返し言葉ににやけながらw頷いて)…頬っぺた触ってください」
か「(おずおず両手を差し出してくれて触ってくれる)」
く「(加藤さんの手に自分の手を重ねながら)ありがとうございます。また明日!」


…以上ですw

これまでの誰の握手会よりも嬉しい返しとリアクションを貰えましたー
なので、加藤さんの表情もかなり鮮明に覚えてる。

最幸だった。

少し待ってみてたんだけど、
まだまだまだまだ終わりそうになかったので、帰路につきました。



次の日、大阪。

握手券が無くなったとこって、これまで八王子しかなかったから油断してたら、
10:30の時点で無くなったと聞き、これはヤバイかもと早めに会場へ。

優先エリア券も握手券も事前に入手済みだったんだけど、ピンズは当日のみだったから。
京都よりも並びに並んで交換できた!
京都ではふぐ、大阪では海ガメが当たりました
被らなくて良かった。


優先エリアに入ると…なんとまだ最前の柵が余ってたので、迷いなくそこへ。
視界良好ー

ライブが始まる。
最前ではさすがに登場も見逃さずw

加藤さんご自慢のスニーカーもガン見してきたw



RESTART
桜ふわりふわり
あとひとつ
my voice
悲しみなんて笑い飛ばせ



昨日と違って、一応ジャンプ規制がなかったので、煽る加藤さん。
跳ぶお客

ちょっと前に押してきてる感じがあったのか、
ステージ前では鳥越さん、おっくぅ、岡ちゃんが必死で止めにかかってた。

本人、お客の安全確保に関しては、イベンターに任せずに、
裏方さんたちがしっかりしてくれてるのが分かるから、
安心できたりするんだよねー。
他のアーチストであそこまでのはあんまり見たことないな。

加藤さんはと言うと、熱いお客に感化されたのか、京都よりも熱くなってて。
顔をしかめて歌うスタイルに自然となってた。
連日だったから、喉も辛かったのかも。

最後は、前日と違って「悲しみなんて笑い飛ばせ」
加藤さんがタオル持った瞬間、嬉しくてにやけたw
出港式の時は涙で霞んだタオル回し。
今回は笑顔でできました

タオル回しがんばりすぎて、
ヘトヘトになってちょい素になった加藤さんと、
がっつり目があった時はドキッとしたな

「これまでのインストアの中で1番距離が近い。
(盛り上がりがスゴくて)ライブハウスでやってるみたい!」
って言ってくれた加藤さん。

嬉しかったよ。

「大好きな街、大阪に帰ってこれた」
って言ってくれた加藤さん。

幸せだったよ。


ライブが終わって、続いて802の公録。

クリスマスの過ごし方とか、
加藤さんが選んだリスナープレゼントの紹介とかしてたんだけど、
途中で予想外の雨が降りだして。

加藤さんは気づいてなかったんだけど、みんなが「雨ー!」って伝えて。
タオルを頭にかけてしのぐお客。

「降水確率30%で雨降るって、逆にすごい確立だね」とか、
「雨をしのぐのにも役立つ、ファンキー加藤タオルは発売中ですよー」とか、
雨をネタにしつつも「ごめんなー」って言ってくれてた加藤さん。

時間がたつにつれ、雨足が強くなってきて、
いきなり…

ちゅどーん

って稲光と雷鳴が同時に来た

一瞬、雷なのか何なのかもよくわからない感じで、
加藤さんも目を丸くして状況把握しようとしていて。

お客も訳がわからない人がいたり、悲鳴をあげた人がいたり、
いろんな反応。

状況を把握した加藤さんは、鳥越さんに、避難した方がいいんじゃないかと話して。
スタッフさんが急きょ集まって、とりあえずいったん避難しましょうと言うことになり。

後ろから順番に屋内へ誘導。

しばらくは、すごい心配顔で加藤さんもステージにいてくれて。

雷にビックリしたのか、過呼吸になってしまったお客がいて、
加藤さんがいち早く気付いておっくぅに対応してあげるように指示したり。
みんなが手を振るのに応えたり、
ちょっと前に押してきたりしたときは、ダメダメと制したり。

すごい落ち着いてた。加藤さん。
すごい心配してくれてるのが伝わった。

「ずっとここにいるから。どうせ今日も大阪に泊まるんだし」
って言ってくれたんだけど、加藤さんがステージ上にいるとみんな避難しないから…
と言うことで、鳥越さんが下がるように促して。

すごく後ろ髪引かれながら下がっていった加藤さん。

でも、加藤さんが心配してくれてるのがみんなに伝わったからこそ、
みんな、ちゃんと避難したんだよ。


みんなが避難してから数十分。

館内放送でイベントの中止と握手会の延期が告げられた。

残念な気持ちはあったけど、イベントが再開されるとなると、
ステージ前にみんな殺到するだろうなと思って。

事故にならないように…それが心配だったから、あの決定は正解だったと思う。

後で知ったけど、みんなが避難してからも、
加藤さんはステージ脇で待ってくれていたんだって。

ほんと、みんなのこと、考えてくれる加藤さん。
優しい人。


握手会は振り替えで、しかも、クローズでやってくれることを、
翌日には発表してくれた。
その気遣いも嬉しい。

また加藤さんに大阪で会える!
むちゃくちゃ嬉しい!


…と言うことで、2日間のインストアイベントが終わったのでした。

振り替え握手会、楽しみだなー